Sayakaさんの映画レビュー・感想・評価

Sayaka

Sayaka

ザ・メニュー(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

スリラーかつコメディ。終始不穏なのにクスッと笑えるところもあり。最後まで展開が読めず楽しかったです。シェフが心底楽しそうにしてたのハンバーガーつくってたときだけ…本当はこんな作り込まれたコース料理なん>>続きを読む

RRR(2022年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

3時間か…
〜上映後〜
ナートゥナトゥナトゥ♪(小躍り)

一本でものすごい満足度。今年一かも。
あんなに闘って、最後「読み書きを教えてほしい」て、泣いた。ビームが英語わからなくて首フリフリしてるの可
>>続きを読む

ブレット・トレイン(2022年製作の映画)

3.7

観てる人を楽しませてやるぞ!感がビシビシ伝わってきました。最悪が止まらない、ノンストップエンターテイメント。機関車トーマスの主要キャラを知ってるとより楽しめます。(ディーゼル、パーシー、ゴードンらへん>>続きを読む

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

3.8

得体の知れない恐怖がそこに。
今回はそんなにホラーじゃないと聞いてIMAXで臨んだら普通にビビり散らかしました。OPから不穏さMAX。でもコメディ要素もあり。電気屋エンジェルのキャラが良かったです。何
>>続きを読む

13人の命(2022年製作の映画)

3.7

2018年のタイの洞窟遭難事故救出劇を描く作品。メインキャストにヴィゴ・モーテンセンとコリン・ファレル、監督ロン・ハワード、観る理由しかありません。閉塞感のある暗い水の中の描写がほとんどで、かなり過酷>>続きを読む

ダブリン上等!(2003年製作の映画)

3.8

予想外に面白かった作品。開始1分で女殴る小悪党コリン・ファレル 。元カノに未練タラタラなキリアン・マーフィー。他にも男性不信からヒゲを生やす少女や暴力マッチョ刑事など。何やら豪華。愛とか金とか名声求め>>続きを読む

ウエディング・クラッシャーズ/ウエディング・クラッシャーズ 結婚式でハメハメ(2005年製作の映画)

3.5

他人のフリして結婚式に忍び込んでワンナイトしまくる男友達が本当の恋を見つけるコメディ。日本未公開ですが全米で大ヒットしたらしい。確かにこのコンビは期待大!案の定めちゃくちゃ笑いました。キャストも豪華。>>続きを読む

エルヴィス(2022年製作の映画)

3.7

史上最も売れたソロアーティスト、エルヴィス・アーロン・プレスリーのお話。オースティンバトラーの目つきが最高でした。トムハンクスは印象がガラリと変わっちゃう位凄かったです。演出は豪華絢爛な感じでEDまで>>続きを読む

ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ(2022年製作の映画)

3.7

楽しい〜!前作より全てがパワーアップ!アクションてんこ盛り。これ4DXで観たら相当凄そう。
新登場のナックルズが熱い奴で可愛いし、テイルスもあざと可愛い。ジム・キャリーはもう最高です。悪役が魅力的だと
>>続きを読む

サイコ リバース(2010年製作の映画)

3.4

サイコものではなくヒューマンドラマでした。キャストが好きな方ばかりで気になっていた作品。主人公は女性(エマ)の人格を併せ持つ男性(虐待を受けていた過去有)。事故によってエマの存在が公になってしまい…。>>続きを読む

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

3.8

改めてちゃんと観たらすごく面白かった作品。20年前の映像とは思えません。犯罪予知システム…何が正義か考えさせられます。映像操作する手の仕草真似したい。真面目なSF映画なんですが、トム・クルーズがカビた>>続きを読む

オールド(2021年製作の映画)

3.5

老いと成長。時の流れが異常に早いビーチのお話。ジャックニコルソンとマーロンブラントが出演している映画(A.ミズーリ・ブレイク)を無限に尋ねてくる男性がいて、すごく謎だったんですが、シャラマン監督の認知>>続きを読む

サリー・ポッターのパーティー(2017年製作の映画)

3.5

パーティーに集まった男女7人、ある告白からそれぞれの秘密が暴かれ修羅場に…70分のモノクロ会話劇。最初は訳が分からないまま進むのに、段々可笑しくなってきて、最後にはやられた〜!思わず笑っちゃいました。>>続きを読む

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

4.1

次世代への継承。
最高でした。今だに熱が冷めません。IMAXで観たのも相まって初っ端の轟音から震えました。多分本当に滑走路にいました。アクションがド迫力、そしてなんとリアル。もはやドキュメンタリーなん
>>続きを読む

リバース・エッジ(1986年製作の映画)

3.4

少年が同級生の女子を殺してしまった。その時仲間たちは何を思ったか。死体をどうするか、密告したのは誰か…。
若いクリスピン・グローヴァーがなんだか新鮮。勝手に一人で頑張って死体隠そうとする役。主人公は彼
>>続きを読む

エバン・オールマイティ(2007年製作の映画)

3.6

ブルース・オールマイティのスピンオフ。
主人公エバンが前作のブルースと違って真面目で普通にいい奴。ストーリーは現代版ノアの方舟。あらゆる数字が614になったり、剃っても剃っても髭もじゃになって笑えます
>>続きを読む

ステップフォード・ワイフ(2004年製作の映画)

3.6

ステップフォードの妻たち(1975)のリメイク版。パーフェクトな妻しかいない街のお話。明るく仕上がってますが割と不気味な雰囲気。皮肉が効いてて面白かったです。ヴィゴが珍しい使われ方してて笑いました。あ>>続きを読む

プリティ・イン・ピンク 恋人たちの街角(1986年製作の映画)

3.7

格差恋愛のお話。ザ80'sのオシャレな雰囲気。ダッキーに感情移入しちゃいます。レコード店で踊るシーンが好き。どこまでも真っ直ぐで健気だな〜。ジェームズ・スペイダーは金持ちの嫌な奴してました。目が終始ぽ>>続きを読む

サンシャイン2057(2007年製作の映画)

3.4

核爆発を起こし死にかけた太陽を再活性化させる「イカロス計画」遂行のため、8人のクルーが太陽へ向かうお話。日本ではあまり人気ない?みたいですが結構ハラハラして面白かったです。途中のサブリミナル効果だけは>>続きを読む

天国に行けないパパ(1990年製作の映画)

3.8

余命僅かと勘違いした定年間近の警察官パパ、保険金を息子に残す為殉職しようと奮闘!なぜか死ねない!勢いに笑っちゃいます。ほのぼのコメディかと思いきやガチのカーアクションもあり。爆弾のくだり腹抱えて笑いま>>続きを読む

ANNA/アナ(2019年製作の映画)

3.8

面白い!自由の身を求めて二重スパイに…二転三転最後までドキドキの展開。最後に笑うのは…?殺陣シーンも見応えあり。なんといってもキリアン・マーフィー×ルーク・エヴァンスが最高。ヘレン・ミレンも超カッコい>>続きを読む

バッド・エデュケーション(2004年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

新進気鋭の映画監督の前に突然現れた神学校時代の同級生。面影は全くなく…その裏に隠された秘密とは。愛憎劇?
ペドロ監督の半自伝的映画なんですね。現実の部分と映画の部分をミックスさせてるのがイイです。ガチ
>>続きを読む

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.0

いや〜大号泣。バジュランギおじさんかっこよすぎました。神に誓って馬鹿正直なインド人おじさんが、迷子のパキスタン人少女を家に返すため大奮闘する愛の物語。脇を固める他のおじさん達も最高なんです。モスクの指>>続きを読む

今宵、フィッツジェラルド劇場で(2006年製作の映画)

3.5

ラジオ番組最後の公開放送、その裏で繰り広げられる人間模様を描く。ロバート・アルトマン監督の遺作だとは後から知りましたが、内容的にとても感慨深いものがありました。音楽映画としても楽しめます。Bad Jo>>続きを読む

主人公は僕だった(2006年製作の映画)

3.7

結構好きな脚本でした。さりげなく背中を押してくれるような感じ。主人公の真面目人間ハロルドは、ある日突然頭の中で自分の行動を朗読する女性の声が聞こえてくるようになり、死を宣告されてしまう…。珍しくまじめ>>続きを読む

シリアル・ママ(1994年製作の映画)

3.4

真昼間に"善良な"美しいお母さん(包丁片手ver.)が全速力で追いかけてきます。スカッとしたい時にオススメ。後半の裁判も内容はメチャメチャですが変わらず面白い。アメリカ的社会派コメディとして秀作でした>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

3.7

離婚手続き中とはいえ、2人の間には確かな絆のようなものがあります。だからこそ簡単にはいかない。話し合おうって言っても結局言い合いになってしまったり…。全てがリアルでした。物事を終わらせるのって始めるよ>>続きを読む

シンプル・シモン(2010年製作の映画)

3.8

主人公はアスペルガー症候群を抱えるシモン。優しい兄が彼女と別れてしまったのは自分のせいだと思い、兄にぴったりな女性を探しに…。
また一つ好きな映画が増えました。気持ちがワーッとなったときに見てほしい作
>>続きを読む

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

3.4

ギャングvsギャング!最後に笑うのは誰?
90分間ほぼドンパチ映画。完全コメディです。個人的には結構笑えました。撃っても全然当たらない。「やったー当たった!」って言っちゃう。そして"撃たれても人はすぐ
>>続きを読む

28日後...(2002年製作の映画)

3.6

走るゾンビ!(正確には感染者)好きなタイプの映画でした。感染して数秒でゾンビ化するの珍しい気が。わずかな希望を捨てずに安全な地を求めて旅をする生存者達。ロードムービーっぽくもある。怖いのはいつだって生>>続きを読む

ミッチェル家とマシンの反乱(2020年製作の映画)

3.9

AIの暴走、家族の再生、笑いあり涙ありの最高にクールなロードムービー。Netflix入ってる人はとりあえずこれ見とけば元取れます。ミームやスタンプエフェクトが目に楽しい。アニメーションの可能性って無限>>続きを読む

クルーレス(1995年製作の映画)

3.6

ファッションが可愛すぎ!定番ガールズムービー。見ようとしてないだけで皆んな絶対良いところあるんだよね。美しいものを見つけるのが得意なクリスチャンだからこそ主人公と仲良くしたいと思ったのかな。なんか素敵>>続きを読む

レッド・ライト(2012年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

面白くなっていきそうな感じだった。最後の窓は一体?
骨が出たら終わりだ〜のシーンはまんまと仕掛けに嵌ってました。仲が良いから知ってた口癖なのかと。
急なトイレでの肉弾戦は何だったんだろう。ロバート・デ
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス(2022年製作の映画)

3.8

ドクターストレンジ〜死霊のはらわた編〜
でした。二、三回本気でビクッとしてしまい…怖面白かったです。IMAXが3D上映のみなのも頷ける凄い映像体験。ほぼアトラクション(酔)。新キャラのアメリカ・チャベ
>>続きを読む

FRANK ーフランクー(2014年製作の映画)

3.4

意外と重ため。ずっとお面を被ってる男。風変わりだけど色んな才能が溢れてて…。お面の下は醜いはずだ、何処か足りない部分があるはずだとか思いたくなる気持ち。じゃないと、自分があまりにもかわいそうだからって>>続きを読む

クワイエット・プレイス 破られた沈黙(2021年製作の映画)

3.5

これは映画館で観てたら危なかった。「何か」が来るぞ来るぞ…とわかっててもビクッ。1よりバンバン出てきやがります。今回は怖さだけじゃなく、子供達の成長を感じられる作品に。リーガン強し。DAY1の演出も良>>続きを読む

>|