ゆっさんさんの映画レビュー・感想・評価

ゆっさん

ゆっさん

映画(328)
ドラマ(0)

ベイマックス(2014年製作の映画)

4.2

これは完全に日本の予告は、いい意味でも悪い意味でも裏切るものだったと思う。
どう見ても、主役とお兄ちゃんが遺したロボットとの心温まるドラマかと思えば、まさかのガッツリヒーローものw

いや、しかもこれ
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.2

才能はあるのに何故か万人受けするような作品がないマークウェブ。
アメイジングスパイダーマンも500日のサマーも悪くないのにパッとしないイメージ。

それなのに、それなのに、、なんですかこのいい映画は!
>>続きを読む

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

4.4

小学校以来に観た。
元々好きな印象だったがそれはあくまでも当時の「面白い」という印象。
なんだ、こんなに傑作だったのか…面白いどころじゃない。映画として完璧じゃないか。

ジブリとしては割と珍しい、し
>>続きを読む

アルティメット(2004年製作の映画)

1.7

物語は至ってシンプル。
まぁどちらかというと体技を楽しむ映画なんだろうが、、面白くはない。
まだ同じ監督なら96時間の方が面白く見れる。

体技で魅せるのならある程度面白い脚本の上で見せて欲しい。
>>続きを読む

デンジャラス・バディ(2013年製作の映画)

3.3

さすがサンドラブロック。
たまにはおバカだったり、たまには純粋な少女だったり、たまにはエリートだったり、たまにはクールな泥棒だったりと、映画ごとにキャラをちゃんと演じ分けてくれるし、どれもかっこいい。
>>続きを読む

バトルシップ(2012年製作の映画)

3.5

お祭り映画!
こんな明らかにお祭り映画をとやかく評論するのもアホらしい。

どう見てもいわゆる"神輿映画"である。自国とライバル国の神輿(戦艦)をぶつけ合っていると知らない国の神輿が幅をきかせて出てき
>>続きを読む

ムービー43(2013年製作の映画)

2.3

これ以上の無駄遣いな映画があるだろうか?
映画としては成立しておらず、恐らく鼻から成立させる気もないように見える。
オムニバス形式に話があるのだが、まぁ〜豪華!ほんとに豪華!端から端まで豪華!
でもそ
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.0

なんと豪華な俳優たちを揃えた、シュールな映画。『ムービー43』と違い、映画自体に合わせてほんとに上品なギャグ。
普段なら気になる演出も全く気にならないし、笑える。

まさしく、名画の集まる美術館。
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

2.2

上の句が良作、下の句が少し下がった良作だっただけに、今回のこの出来はなんなんだろう…
前半登場人物がナヨナヨしていてイライラする。
このウェット感は最終作でする必要はない、無理くり作った続編だからだろ
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.0

前作がよかっただけに今回は少し残念である。
世話になった元上司の仇討ちだが、前作と違い今作はあくまでも"自分のため"。
それは前作の"他者のため"と違い、ただの人殺しにしか見えない。しかも相手はプロ。
>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

3.7

前半が凄く単調に見え、2度ほど観ながらにして寝てしまったが、どうしても観たくて3度目鑑賞。
クソ面白い。
デンゼルワシントン版必殺仕事人というか、話のジャンルとしては長い映画だが面白いし、気持ちいい。
>>続きを読む

アルゴ(2012年製作の映画)

3.5

ベンアフレックは俳優以上に監督の方が向いてるんじゃない?と思わせた映画の一つ。この前にザ・タウンがある。
どちらも面白い。狭い街や空間で、登場人物の人間性もうまく描けていて、ちゃんとハラハラする。
>>続きを読む

マトリックス レボリューションズ(2003年製作の映画)

2.5

もうだめでしょ、ただのロボ映画になっていて、無理くりカタルシスを映画自体に持たせようとしてるものの、監督のアイデアが先走りしているだけの映画になっていると思う。
自己満の映画である。別に1が好きな人た
>>続きを読む

マトリックス リローデッド(2003年製作の映画)

3.5

まだ、まだ面白い…ここまではまど面白い。
コピーを覚えたスミスはとにかく強く、救世主ということだけでは叶わないレベルにまで進化する。
敵が強くて、味方に頼れる人はそこまでいなくて…この要素だと凄く好き
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

4.2

20世紀最後に、映画史を大きく変える1作。
この映画は、それよりも前と後で映画(特にCG.VFX)のあり方を変えてくれた。
それだけで評価する価値がある。

中身もこの一作目は十二分に面白く、掘り下げ
>>続きを読む

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

3.5

前作に続き、今作も良作。前作の方が好きである。
しっかりと組まれた物語は飽きることなく観れるし、最初から最後までちゃんと物語の流れが頭に入ってくる。
観終わった後はかるたをしたくなるし、なぜか清々しい
>>続きを読む

DEATH NOTE デスノート the Last name(2006年製作の映画)

3.2

後編は、色々と突っ込みたいところもあるがそれ以上に、漫画で失墜していったL編の後の話をうまくL編にくっつけてくれたところ。
漫画もこの終わり方ならもっとよかったのに…ニアとか訳のわからんキャラを出さず
>>続きを読む

DEATH NOTE デスノート(2006年製作の映画)

2.7

成功した実写化邦画の中で必ず名前の出るこのデスノート。

正直この前編は特にそんなに完成度が高いとは思わない。
ただ漫画をなぞっているのはいいとして、映画を観てる感がない。別に映画ならではの何かがある
>>続きを読む

カイジ2 人生奪回ゲーム(2011年製作の映画)

2.4

前作と違い、劇場で観た時から酷い、酷すぎる…と思った。

最後は運でもなんでもなく、金をつぎ込みまくって力技で勝つという。
途中の水でビルの角度を傾ける?いや、欠陥住宅かよwそれで傾くなら、ビル内の沼
>>続きを読む

カイジ 人生逆転ゲーム(2009年製作の映画)

2.5

劇場で観た時は、そこまで映画を深くみる癖はなくただただドキドキして楽しんだ記憶がある。

そして改めて今観ると、、
こんなに酷かったのか!と思わせるくらい酷い。
なによりも2時間以上あるのに、話が単調
>>続きを読む

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

3.7

前評判がよかったのでBlu-rayを購入の末、まずは一作目。
原作も知らない。

思った以上によかった。もちろん気になるところもあったけど、それを忘れるくらいに終盤は緊張したし、迫力があった。

・こ
>>続きを読む

スピード2(1997年製作の映画)

1.5

キアヌリーブスが蹴った時点でやめるべきだった。

なんだよ「SPEED」って題名なのにフェリーって。スピード感もSPEED感も出ねーよ。

一度観て、もう二度と見ることはないと思う映画。

スピード(1994年製作の映画)

4.2

ヤンデボン監督作で唯一?面白い作品がかなりいい作品になっている。

制限された設定や、同時進行で起こる事件、そしてなによりもやはりテーマソング。

マトリックスまでのキアヌリーブスの間違いなく代表作だ
>>続きを読む

ブラッド・ダイヤモンド(2006年製作の映画)

3.9

物語自体はノンフィクションであり本当にある出来事を題材にしている。
主役の3人の演技や物語の流れがすごく良く、退屈することなくグイッと引き寄せられる。
3人がお互いがお互いに影響しあい、徐々に性格や考
>>続きを読む

96時間 レクイエム(2015年製作の映画)

1.0

いや、もう駄作過ぎて笑えるw
いいところが1カ所もなく、1での誘拐シーンで稼いだポイントをついに今回で使い果たした。
リーアムニーソンが2以降あまり乗り気じゃなかったので(1人の家族がそんなに何回も誘
>>続きを読む

96時間 リベンジ(2012年製作の映画)

2.8

前作が「まさかの拾い物」映画だったのに対して、今作。
せっかくの娘とのコンビのシーンもなんかパッとしない。
前作もそうだが、アクションシーンでのカット数が多くて見づらいし、説得力がない。
明らかに前作
>>続きを読む

96時間(2008年製作の映画)

3.5

この映画を簡単に言うと、スティーブンセガール系。
まぁ〜主役が強い。強すぎて不安にすらならない。まさしくスティーブンセガール系の映画。
でもその映画と違い、キャラクターに命を与えてくれているので見てい
>>続きを読む

インファナル・アフェア(2002年製作の映画)

4.4

さすがの2人!
セリフではなく表情や仕草で伝えてくれる。昨今に多い、説明過多な映画になってない。
終始、静かな映画。
最後のエレベーター前でのアンディラウの行動や表情は、トニーレオンの正義と本人が根底
>>続きを読む

るろうに剣心 伝説の最期編(2014年製作の映画)

3.5

ちょっと前回より詰め込みすぎだからか、悪いところが目立つ。
福山雅治演じる師匠とのシーンが1時間近くあり、長い。その時間を後半の十本刀との戦いに割いて欲しかった。
張や和尚以外の十本刀がほぼ空気で、薄
>>続きを読む

るろうに剣心 京都大火編(2014年製作の映画)

3.7

前作よりもアップグレードされ、さらにカッコよくなっている。
十本刀の張にだけ時間を割きすぎている感や、不二の小ささなどなど気になるところは多く、もっとこうして欲しい!というところはあるのだがそれ以上に
>>続きを読む

るろうに剣心(2012年製作の映画)

3.4

原作は当時から好きだ。今の北海道編も読んでいる。

このるろうに剣心、「邦画にしてはイイ!」とよく聞く。
実際、そうだと思うし、初見時は良いなと思ったが、後の2つと比べるとやはり少し気になるところもあ
>>続きを読む

メン・イン・ブラック3(2012年製作の映画)

3.8

ほんといい映画。
この一作だけでも面白いのに、1に繋げるところが巧みだと思う。

そんなに何度も見返したりはしないが、いい映画をゆっくり観たいときに選んでも損はしない出来だと思う。

メン・イン・ブラック2(2002年製作の映画)

2.0

いや、1からの落差よ…ほんとひどい。
なにがしたいのか分からないし、なにを作りたかったのがわからない。
よって覚えてない。そしてつまらなかったという記憶しかない。
これは映画にとって1番ダメだと思う。
>>続きを読む

メン・イン・ブラック(1997年製作の映画)

3.8

エイリアンものなのに、『エイリアン』と違って終始笑える。そして時にかっこいい!
このシリーズは、インターナショナルも含めて1と3だけで十分だ。

約15年後の続編3で、無理矢理にでも1に繋げたのはほん
>>続きを読む

エルム街の悪夢(1984年製作の映画)

3.7

しっかり怖い。ホラーらしい余韻を残した恐怖。
観終わったあとお風呂に入って目を瞑ったり、寝ようとするのが少し嫌になる怖さ。

ジョニーデップが世間に知られる作品の一つだが、まぁ〜この映画では嘘みたいに
>>続きを読む

フレディVSジェイソン(2003年製作の映画)

3.3

エイリアンvsプレデターや
貞子vs伽耶子
よりもしっかりお互いの作品を尊敬して、キャラを尊重して作っていると思う。お互いの弱点もシリーズを知っていれば別に無理くりな感じもしないし、なによりジェイソン
>>続きを読む

>|