けんがさんの映画レビュー・感想・評価

けんが

けんが

チラって

映画(168)
ドラマ(0)

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

-

怖すぎて泣いちゃった
フレンチアルプスで起きたことくらいのレベルの波乱でも人間の利己主義とかが分かるけど、今回は重すぎてホラー

心が叫びたがってるんだ。(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

アニメだから許されたものを、、、
芳根さんが歌い始めるシーンとかみててアターってかんじだった
ケンティーは王子様にあってた

最強のふたり(2011年製作の映画)

-

なんか有名な話ですよね…
確かに、のほほんと楽しめて胸がぎゅっとするヒューマンドラマで最後まで幸せな気分で見れました

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

-

Xスクリーンという270°モノでみました
marvel初めてみたけど、いいエンターテイメントでした

内定者飲みだったのでオールする予定でしたが、彼氏に浮気を疑われたので終電で帰りました。電車で定期券
>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

-

内容は置いといて、chara「やさしい気持ち」が流れたシーンで号泣したので、私はそれだけでいいと思いました。映像通り、時が止まりました。
三浦春馬がありがたい。三浦春馬がロン毛で、DJやってて、優しい
>>続きを読む

伊藤くん A to E(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

美男美女がこれでもかと出てくる映画だけど、内容は予測しやすく微妙…。いろいろあって最後キレて、それから私は踏み出す!!って流れがね

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

-

眼福だった…
三浦春馬まじでやばい…GACKTかよ…ファンになった…
柳楽優弥もやばい…トッシーの演技うますぎ…
吉沢亮も、岡田将生も、みんなが楽しそうにやってるいいエンターテイメントだと思った

猫の恩返し(2002年製作の映画)

-

ジブリ映画大好きだけど、子供の頃は全く興味が出なかった作品の一つ。
たぶん、絵のタッチとかJKの性格とかがシンプルすぎて違うと思ってたのかなあ。

5月から猫を飼い始めたので、猫が題材なだけで100点
>>続きを読む

ベルリン・天使の詩(1987年製作の映画)

-

ブランコ乗りが出てくるまでの、よくわからない気持ちで観れる前半の空気感が好き

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

-

高校時代って「明日死んだらどうしよう」みたいなことをリアルに想像できるんだよなあ
だから物語上の高校生らしさ(受動的僕が美女と秘密を共有してウフフ)は突っ込んではいけないよなあと思うわけです

映画は
>>続きを読む

2/デュオ(1997年製作の映画)

-

監督が本当にヌーヴェルヴァーグが好きなんだなあと感じる作品
アントワーヌのようなライオンヘアーのfragile、しかし西島さんは暴力で制圧するタイプのクズ男なので魅力や愛おしさを感じられず、ひたすら痛
>>続きを読む

アメリカの夜(1961年製作の映画)

-

映画監督と学ぶ映画表現っていう授業で諏訪監督がオススメしてた、当時の映画づくりが描かれている作品

ジャンピエールレオーが愛おしい

セットの維持費も役者の拘束期間もかかるスタジオ制作は要領が悪く、街
>>続きを読む

劇場版 仮面ライダービルド Be The One(2018年製作の映画)

-

ジオウがダサいと思ったけど、後ろにいた少年が「かっけー!」って言っててごめんって感じだ…
犬飼くんがかっこいいから売れそう
服装がダサくて面白い
ルパパトとフュージョンがネタかぶりしてて二本立ての闇を
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

5.0

泣いた
良すぎるから2回目も
カメ止めが伏線回収モノだというが、こっちも凄いからみんなに見てもらいたい。とても巧妙で美しい
初めてオーシャンズ観たけどめっちゃ面白かった
本当にありがとうございます
>>続きを読む

メリー・ポピンズ(1964年製作の映画)

-

最安でディズニー気分を味わえる
アニメーションと絡んでいるところが好き

時をかける少女(2006年製作の映画)

-

細田守はあまり好きではなかったが、これはとてもいいと思った。
多分、最近の作品はショタに走ってるからなのかな。

私「なんで未来から来たのに付き合おうとかいうの?」
彼氏「それ、俺の高校時代からの疑問
>>続きを読む

七人の侍(1954年製作の映画)

-

長い〜
休憩時間ある映画はじめてで面白かった

仲間を集める前半(漢達が報酬求めず情熱で集まってく!優しい世界!かっこいい!)と、戦いの後半で飽きずに見られた。
そして、サブプロットにある恋愛…

>>続きを読む

グッバイ・ゴダール!(2017年製作の映画)

-

超面白かった!
中国女、気狂いピエロ、勝手にしやがれ!、軽蔑、女と男のいる舗道などの要素が散りばめられている!!!
天才ゴダールを扱っている映画だけど、年上の権力者と付き合う女性目線の物語になっててヴ
>>続きを読む

パリ20区、僕たちのクラス(2008年製作の映画)

-

すごい良かった
特に大きな事件も無いし、全部が教室内で起こる出来事だけど、観終わったときにああ…となった
すき〜〜、とくに、面談の連続と、勉強したことを話すシーン

ある愛の詩(1970年製作の映画)

-

1970年のアメリカ映画って信じられる
すごくよかった!
初めてあった時から喧嘩が絶えないけど、好き同士の2人という関係っていい
めぞん一刻てきなラブコメ、素敵な掛け合い

駆け落ちに繋がる、彼の金持
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

-

時系列も人物関係もよくわからないまま、感動した
そういう見方でいいならいいのだけど

6才のボクが、大人になるまで。(2014年製作の映画)

-

6才の僕が、高校を卒業するまで
ラストがよかった◎
というか途中まで、発達障害気味のメイソンくんが、至る所でうまくいかなかったのが辛かっただけだった😭
同じキャストで撮ったところがすごいのかな

映画 けいおん!(2011年製作の映画)

-

超可愛い
アニメーターたのしそう
私は断然むぎちゃん派

或る夜の出来事(1934年製作の映画)

-

史上初のラブコメのようで…
私も、結婚するなら自分の前歯を爪楊枝でシーってやってくれる彼氏がいいよ

すごい期待してたからううむって感じだけどこの年代特有の雰囲気がむんむんにあった
ライトに向けてハッ
>>続きを読む

昼顔(2017年製作の映画)

-

不倫って、スル側じゃなくてサレ側の物語だなあと思った。
北野妻へ共感するし、だからこそ男女の仲の狂気が印象的。

三浜ってロケーションが良かった。
不倫は海を見るもので、走るものなんだよなあ

上戸彩
>>続きを読む

リトル・フォレスト 夏・秋(2014年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

途中で挫折…ごめんなさい
ナレーションに甘えを感じてしまう

ブルージャスミン(2013年製作の映画)

-

身に覚えがありすぎて普通には見てらんなかったすべてがそのままですべてが呪われた性質なのである