けんがさんの映画レビュー・感想・評価

けんが

けんが

チラって

映画(142)
ドラマ(0)

パリ20区、僕たちのクラス(2008年製作の映画)

-

すごい良かった
特に大きな事件も無いし、全部が教室内で起こる出来事だけど、観終わったときにああ…となった
すき〜〜、とくに、面談の連続と、勉強したことを話すシーン

ある愛の詩(1970年製作の映画)

-

1970年のアメリカ映画って信じられる
すごくよかった!
初めてあった時から喧嘩が絶えないけど、好き同士の2人という関係っていい
めぞん一刻てきなラブコメ、素敵な掛け合い

駆け落ちに繋がる、彼の金持
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

-

時系列も人物関係もよくわからないまま、感動した
そういう見方でいいならいいのだけど

6才のボクが、大人になるまで。(2014年製作の映画)

-

6才の僕が、高校を卒業するまで
ラストがよかった◎
というか途中まで、発達障害気味のメイソンくんが、至る所でうまくいかなかったのが辛かっただけだった😭
同じキャストで撮ったところがすごいのかな

映画 けいおん!(2011年製作の映画)

-

超可愛い
アニメーターたのしそう
私は断然むぎちゃん派

或る夜の出来事(1934年製作の映画)

-

史上初のラブコメのようで…
私も、結婚するなら自分の前歯を爪楊枝でシーってやってくれる彼氏がいいよ

すごい期待してたからううむって感じだけどこの年代特有の雰囲気がむんむんにあった
ライトに向けてハッ
>>続きを読む

昼顔(2017年製作の映画)

-

不倫って、スル側じゃなくてサレ側の物語だなあと思った。
北野妻へ共感するし、だからこそ男女の仲の狂気が印象的。

三浜ってロケーションが良かった。
不倫は海を見るもので、走るものなんだよなあ

上戸彩
>>続きを読む

リトル・フォレスト 夏・秋(2014年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

途中で挫折…ごめんなさい
ナレーションに甘えを感じてしまう

ブルージャスミン(2013年製作の映画)

-

身に覚えがありすぎて普通には見てらんなかったすべてがそのままですべてが呪われた性質なのである

ローマの休日(1953年製作の映画)

-

最初の靴のシーンが大好き。小学生の時にみてたけど、いまでも記憶に残ってる。

中盤、無声映画を継いだわちゃわちゃコメディになったり、ただひたすらヘプバーンがかわいい映像になったりするんだなという印象
>>続きを読む

うなぎ(1997年製作の映画)

-

静かなようで、描写もセリフも多くイベントも多かった。でも、見終えた後は静かでジーンとする感情が残る作品だった
日本男児の昭和的マインド、これを全然理解できない平成ガールの私だけど、役所広司かっこいいと
>>続きを読む

ひるなかの流星(2016年製作の映画)

-

永野芽郁さん演じるヒロインの名前がすずめちゃんというミラクル。‬
先生に初恋、水族館デート、仮カノジョ、運動会、メイクすると可愛い…ベタの詰め合わせ!
しかし、新しさがないなと思った終了10分前に裏切
>>続きを読む

ニシノユキヒコの恋と冒険(2014年製作の映画)

-

ゴトーにポスター貼ってていつも気になってた!しかし、ゴトーとは何も関係ない話だった!

本田翼と伊香保温泉に行きたい。みんな幸せそうでちょっとエロいカップルで、いいなって思った。
本編と関係ないで
>>続きを読む

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

2.0

辻井さんの音楽が好きだから、あれを映画館の音響で聞けるのは幸せだった
衣装さんがすごいと思った。高校生から調律士としてキャリアを積むまでの山崎賢人君の変化を髪型と衣装でうまく表していたと思う。
>>続きを読む

用心棒(1961年製作の映画)

-

仲代達矢が本当にかっこいい。
色気と知性〜〜

最後のシーンの三十郎がしびれるな
音楽演出含め、ずっと緊張感を持ってみられるさくひんだ

孤狼の血(2018年製作の映画)

-

日に日にもやもやが増すから書き直す

反政府組織を警察が裁くストーリー
ヤクザ映画とは、憧れの、悪が前面にでてひたすらにかっこいいものがいい
それを世間一般の道徳の中で勧善懲悪してしまう。「アウトレイ
>>続きを読む

キサラギ(2007年製作の映画)

-

一部屋のお話なのにどうしようもなく面白い
もう地上波では見れないのでみんなDVDを借りよう!(小出恵介さん…)

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

-

うわー、胸糞悪い映画だ〜〜
ビジネスの世界ってほんとこんなかんじだ〜〜

万引き家族(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

面白かった!
全部が完璧だった
キャスト、全員がいい…

アキちゃんのその後が気になる

史上最高のパンツ一丁男(2009年製作の映画)

-

半年前くらいに彼氏に勧められて、どこ行ってもレンタルなかったんだけど、激レアさんに出たからかyoutubeに全編上がってた!
チャプター制にするところとか、スパイシーマックさんの知性を感じる
映画撮る
>>続きを読む

なっちゃんはまだ新宿(2016年製作の映画)

-

地元の田舎のツタヤにレンタルとしておいてあるの本当すごい。
ずっと見たかったからよかった。
会話が自然で、特に最近見た作品の中で一番カップルの会話が本当に自然で、知らないカップルの私生活覗いているみた
>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

-

クストリッツァは監督も音楽も演技もできてすごい

意味わからないの具現。ここまでの意味のわからなさをこのクオリティで作れるのは本当にすごいし、それでも最後まで見れちゃう魅力がある作品。よくわからないけ
>>続きを読む

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

-

昨日見た映画その3
知人がエキストラとして4秒ほど出演していたため、それを真剣に見た
三月のライオンって、映画もアニメもそこそこの評価を出している気がする。すごい漫画だな。
実写化するとなった時に、倉
>>続きを読む

仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判(2018年製作の映画)

-

これ、本当に凄かった!!!
私てきには「孤狼の血」よりもこっちの方が感動するくらいだ

仮面ライダー馬鹿にしてたけど、製作者が本気になって作るともはや笑えるくらい真剣でかっこいいものができるんだなって
>>続きを読む

地獄の黙示録(1979年製作の映画)

-

友達から劇場で見た方がいいと勧められたけど、本当に見てよかったと思う。
最後の水面から顔を出すシーンで鳥肌がたったし、しつこいほどに盛りだくさんな戦闘シーンと最後の静かなクライマックスが繋がっていて気
>>続きを読む

誰も知らない(2004年製作の映画)

-

野球しているシーンがとてもよい
それだけに、のちのシーンが残酷になるっていうのもわかる

不謹慎かもだけど、苦悩しても懸命に生きていこうとする子供たちはなんか元気が出る

のみとり侍(2018年製作の映画)

-

アベちゃんの筋肉よりも、トヨエツの抱擁感がいいと気づいてしまった……
コメディに振り切るかと思うと、田沼意次のお話が出てきて普通にいい話だった
大竹しのぶの安定感

タクシードライバー(1976年製作の映画)

-

ヒメアノール見た流れで。
すこせっしすごい
起承転結がないのにずっと見ていられるのは、構成の妙なんだろうな
黄色いタクシーが街中に置かれているの、あと、銃を打つシーンがすき

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

-

前半:可愛い恋のお話(モテキ?)、後半:森田剛がザクザク殺していく話
なんかちょっと面白くていい

気狂いピエロ(1965年製作の映画)

-

色彩がトロピカルなので映画館で観れてよかった!
本当に面白かった
オディールと別れたシーンで少し泣いた
バカンスの方の南仏でなく、田舎の方の南仏だった
顔に塗り物してるのよかった
まだゴダールに物語が
>>続きを読む

​動物/人間(2017年製作の映画)

-

なんか川で掃除してるおじさんとかコーヒー飲んでるところがよかった。
徳永さんがどこに出てたのか分からなかった笑

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

-

3Dはアトラクションみたいだったな!

こういう内容のもの好きって言える日が来るのか…

タイタニック(1997年製作の映画)

5.0

午前十時の映画祭!今期は皆勤賞狙うぞ!

es書かなきゃいけなかったけど、やっぱり観たくなったからみたけどよかった…
号泣で溺死…

>|