ジミー九太郎さんの映画レビュー・感想・評価

ジミー九太郎

ジミー九太郎

神様、仏様、ヒッチコック様!
そうです (˘⌣˘)
私はヒッチコッキアンです!

でも、私のオススメ映画は
ベン・スティラーの『LIFE!』です。

🌈映画大好き芸人(友だち)募集中です!

※映画館で観るGAGA☆のオープニングは半端ない!

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

-

いやあ〜、こわいなあヤバいなあ。
こんな状況に陥ったら自分は切り抜けれるだろうか?
いや、無理だな。
だって私はまだまだ“ひよっこ”だから。

でもそうなってしまったら仕方ない。
なんとか頑張って切り
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

-

どことなく長谷川博己さん絡みの会話が昭和の映画っぽい。
女子強すぎて大嶋さん死にそうに。

しかしこの間の「美しい星」にしろ、この作品にしろ、なぜ宇宙人を地球人の姿に変えて語らせるのか?
「たま出版の
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

-

エイリアンシリーズも何やらストーリーが細かく、濃くなってきた。
“エイリアン誕生の秘密”とやらも少しは理解できるようになった。

しかし、ここで改めて最初の「エイリアン」を観てみると、なんとリプリーの
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

-

まずチケットカウンターで普通に「新幹線」のイントネーションで注文しましたが、無事「新感染」のチケットを買えてよかったです。ホッ。

さてさてこの作品、さっそく見始めて分からない疑問が一つ出てきました。
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

-

“ダンケルクの救出作戦に人生を左右された全ての人々にこの作品を捧ぐ”

字幕 アンゼたかし


さてまず、また字幕はアンゼたかしさんか。凄いなアンゼたかし(笑)。

作品について予習していなかったので
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

-

「ふふ、本当の事には興味がないかな?」


キッチンのシーン
斉藤由貴さんが広瀬すずちゃんの背後から
「私にはあなたしかいないの、、、」
みたいにそっと体を預けてくるのですが、あんな事をされたら大抵の
>>続きを読む

メリー・ポピンズ(1964年製作の映画)

-

チムチムニー ♪ チムチムニー ♪
チムチムチェルー ♪
今からつまらんレビュー書くよー ♪

チムチムニー ♪ チムチムニー ♪
チムチムチェルー ♪
傘持った女が飛んできたら不気味だトラウマ確
>>続きを読む

スキップ・トレース(2015年製作の映画)

-

まず前売り券を買って、前売り特典の「ジャッキー・チェン マトリョーシカ」ゲットしました。
これは3段階で小さくなって、小さくなるたびにマトリョーシカに書かれたジャッキーのお召し物が一枚ずつ脱がされると
>>続きを読む

関ヶ原(2017年製作の映画)

-

泥まみれになって駆け回る有村架純

馬を巧みに乗りこなす伊藤歩

この作品でも変わらない存在感のキムラ緑子

今回はお色気の少ない壇蜜

なにやら難しい役どころの中越典子



合戦の場で一際目を引く
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

-

戦争物+ヒーロー物という感じの映画で、想像していたよりもずっと楽しめた。

“選ばれし神の子”

ダイアナは強く美しく優しいウーマンだった。






※それにしてもルーピン先生強すぎた!

セブン(1995年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

「キャプテーーーン!」
って血だらけで出てきたシーンはもう一度観直すと震える怖さだ。

ブラピの判断は私はしょうがないと思う、、、が、
しかし、どこかで結末をまだ信じられない気持ちがある。
デブの死体
>>続きを読む

7500(2013年製作の映画)

-

世にも奇妙な物語みたいだったけど、世にも奇妙な物語の方が面白い!
出演者がみんな脇役っぽいので結末が全くどうでもよく感じてしまった(笑)。

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

「デブとキャプテンは引っ込んでろ!」
ってぐらい自己主張してきた!
特にデブはウザすぎた!
デブよ、主役まで食ってはいかんよ!

スタークさんは良し!

結果的には楽しめました(笑)。

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

-

想像していたのと違ってホラー映画だった!
ユニバーサルのお化け屋敷に入り込んだような感覚だった。
目をそらしたり、ビクッとしちゃったじゃないかコノヤロー(笑)。

あと、ラッセル・クロウ出てるの知らな
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

「貴様もCDを聞いたらちゃんとディスクをケースに戻すだろう?それと同じことさ〜〜〜!!」


?(笑)

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

-

「ガム食べる?」


えらい感動した!
しかし意外と主役の子が官能的に迫ってくるので、思春期の男子の鑑賞には注意が必要だ。
なんかVシネマで似たような感じの観たことあるぞ(笑)。


そして膵臓を食べ
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

-

なぜか蒼井優の「おーいしー ♡ 」がツボにハマり、笑いを堪えるのが大変だった。
それから、喰種(グール)の方々の食べ方がリアクション芸人みたいでこれまた可笑しかった。

もうこんな感じで見ていたから大
>>続きを読む

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

-

よく分からないけど、チェーンソー持った皮の仮面の男と鬼ごっこしたり、じい様に指チューチュー吸われちゃったりする映画(笑)。

超高速!参勤交代(2014年製作の映画)

-

田舎愛は日本を、世界を、地球を救う!
某24時間縛り、過酷なマラソンの元祖はこれだ!


5日で、映画時間内で、、、目的地に着くなど不可能だ!
いや、走れ!走れば間に合うのだ!
田舎者の意地を見せるの
>>続きを読む

ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ(2015年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

エンディングでふざけていいのはジャッキー・チェンだけ!
もっと迫真の演技をしてからふざけよ!(笑)

俺物語!!(2015年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

好きだ━━━━( ̄O ̄ )━━━━!!



たけお君にとっては大どんでん返しの展開。
羨ましいぞコノヤロー!!(#^.^#)

キャリー(2013年製作の映画)

-

デジャルダン先生って呼びにくいわ。
ハリーポッターみたいだわ。


デジャルダン先生、ステューピファイ!!(笑)

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!(2017年製作の映画)

-

「虹がかかる空にはホウオウが、、、」



そうか、もう20年か、、、

20年前、私が最初に選んだポケモンはゼニガメだった。
夢中になってモンスターボールを投げてポケモンを捕まえていたあの頃が懐かし
>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

いわゆるバレンタインのビッグサプライズってやつか!違うかい?

しかし、恋愛ってゲームしたくなるものなんですよ。きっと。


はいっ!
皆さんの記憶から私を消さないでいただきたい!(笑)

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

-

「変身できなければレンジャーではない!」



“変身”できたIKKOさんやKABA.ちゃんはレンジャー!
オネエレンジャー!!(笑)

銀魂(2017年製作の映画)

-

カンクローさん、カンクローさん ♪

おいなり!おいなり!

カンクローさん全裸でおいなりよ〜 ♪


映画が違いました。
失礼いたしました(笑)。

アース・トゥ・エコー(2014年製作の映画)

-

ジュブナイルっぽい、いやジュブナイルがどんな映画か記憶が曖昧だけどジュブナイルっぽい。
そしてスタンド・バイ・ミーっぽくもあった。
エコー可愛かった、可愛すぎたから侵略するならされてもいいよ。
他の作
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

実はカルビンがシン・ゴジラ(笑)。

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

-

おお、面白い!
パイレーツシリーズをちゃんと観たのは初めてだけど面白いもんだ!
これは最初から観ないとまともなレビューは書けませんな!
いつもまともじゃないけど(笑)。

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

-

虹がかかる〜 空には〜 ♪
あンめぇ〜が〜降ってたんだ〜 ♪

↑この“あンめぇ〜”がやたら気になる(笑)。

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

-

見たことあるな、似てるな、似てるなと思っていたウィンストン役のイアン・マクシェーン
調べたところ「チャーリーとチョコレート工場」に出てくるウンパルンパではありませんでした(笑)。

天才スピヴェット(2013年製作の映画)

-

「クソガキめ!ブタ箱にブチ込んでやる!俺の目を見ろ!逃げられると思うなよ!💢👮🏻💢」


天才に向かってよく言った!(笑)

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

-

乃木坂46、高山一実が吹き替えをするハーマイオニーが秀逸!
ハリポタ愛あふれるその吹き替えを、ぜひ!ご自身でお確かめください。
ハリポタファンのあなたになら伝わるはずだ!

その他ハリポタのいろいろな
>>続きを読む

忍びの国(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

國村隼さんが普通に、穏やかに死ぬ映画を観たのたぶん初めて。
國村さんはもっと派手に、すさまじく逝かせてあげないと(笑)。

おみおくりの作法(2013年製作の映画)

-

いい加減な主人公の映画かな?と思って観たら、真面目な主人公の映画だった。
なんでいい加減な主人公と思ったかって?
だって主人公の顔がデーブ・スペクターにしか見えなかったんだもの(笑)。失礼いたしました
>>続きを読む

>|