ヒッチコッ九太郎さんの映画レビュー・感想・評価

ヒッチコッ九太郎

ヒッチコッ九太郎

映画(995)
ドラマ(9)

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

-

“救いたい”という気持ちが、ニューヨークは特別強かったんだと思うな。
だから救出も早かったんだね。

映画ドラえもん のび太の新恐竜(2020年製作の映画)

-

夏だ!映画だ!ドラえもんだ!

なんと素晴らしい物語だろうか!
これはもはや
「ドラえもんのび太のプロメテウス」
といってもいいだろう!

※入場特典はいつものおもちゃではなく、フルカラーのコミックだ
>>続きを読む

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

-

閉館したルミエール秋田の場所に、早くもアルヴェシアターというものができました。
ここは当面週末にリバイバル上映などやるようです。
前のルミエールのようにコアな作品の新作上映をしてくれる日が早くくること
>>続きを読む

人体のサバイバル!(2020年製作の映画)

-

ロボコンとの同時上映で強制的に観賞。
だけど、ロボコンより面白かった!😂
ミクロの決、と映画ファンなら知識をひけらかしたくなるがよそう。
内容はご想像通りである(笑)。

スプリンパン まえへすすもう!(2020年製作の映画)

-

ロボコンとの同時上映で強制的に観賞。
たった5分がえらく長く感じて、おっさんには辛すぎた!😂
すぷりんぱんと検索してピンク映画ばかり引っかかるのもどうしたことか?(笑)

がんばれいわ!!ロボコン ウララ〜!恋する汁なしタンタンメン!!の巻(2020年製作の映画)

-

このロビンのどこに恋するのか?!😱💔
ロビンちゃんって優しくなかった?
加藤夏希さんのロビーナちゃんを想像していたら、全く違う怖い子が出てきてびっくりしました。
ロボコンもドジを通りすぎて迷惑で全く可
>>続きを読む

GODZILLA ゴジラ(1998年製作の映画)

-

これは中学生の夏休みに、学校で配布された紙のクーポンを切りとって、友だちとバスに乗ってちょっと遠くまで観に行きました。
終盤の展開など興奮して観た記憶があります。
帰りにはパンフレットと下敷き、そして
>>続きを読む

サンゴレンジャー(2012年製作の映画)

-

夜泣き!ミルク!オムツの交換!
その他あらゆる子育ての悩みは任せろ!
赤ちゃんとママさんに寄り添う!
俺たち!私たちは!

産後レンジャー!!🖐🏻🖐🏻🖐🏻🖐🏻🖐🏻

じゃなくてサンゴを守るお話だったと
>>続きを読む

ポリス・ストーリー/REBORN(2017年製作の映画)

-

ヘルレイザーに出てくるようなやつが出てきてこわい!
もはやポリス・ストーリーなのかこれは?!

※本編はともかく、エンディングがスタッフロールの文字が読めないくらいメイキングスペース大きく取ってる。
>>続きを読む

御法度(1999年製作の映画)

-

なんと松田龍平さん当時16歳!
役者になる気はなかったけど、中学3年生の時に大島監督に誘われてこの作品に出演したんだってさ!
最初は緊張してたけど、最後にはもっと映画に出て、ハリウッド映画にも出てみた
>>続きを読む

食べる女(2018年製作の映画)

-

作品の感想は“女”の皆さんにお任せするとして、男の私は誰が好みか申し上げましょう。😏フフ
広瀬アリスさんです。
※(以下、役の名前は省略)🙇🏻‍♂️
沢尻さんのような立派に一人で暮らしていけるような方
>>続きを読む

007/死ぬのは奴らだ(1973年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

へっ!
きたねえ花火だ😏

ムーム(2016年製作の映画)

-

おそらくこいつは物への執着とか、強い気持ちが生み出した妖精みたいなものなんでしょう。
みんなには特別に大切にしているものはあるかな?
わたしには、ない(笑)。

オー!ファーザー(2013年製作の映画)

-

原作をようやく読み終え、TSUTAYAのアプリで課金して観ようと思ったらYouTubeで観れたので急ぎ観ました。
原作が面白かったので、大いに期待して観たけど無理があった。
手旗信号と、それを見るシー
>>続きを読む

ライド・ライク・ア・ガール(2019年製作の映画)

-

お父さんサム・ニールは反則(笑)。

主人公ミシェルさんについての情報が調べてもほとんど出てこないので(自分のリサーチ不足も笑)、この際何の情報も入れずに観ていただきたいです。
実際の映像から始まるの
>>続きを読む

天地創造(1966年製作の映画)

-

ノアの箱舟のところやたら長いなあと思ってたら(全体的に長いけども)、監督がノアを演じていたらしい。
動物が乗り込むところなど(1匹づつ尻叩いて乗せるところ)端折ったら1時間が10分になったろうな(笑)
>>続きを読む

イレイザー(1996年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

軽くネタバレ言っちゃいますが、よく見かけるこのパッケージでシュワちゃんが持ってる物騒な武器は敵から奪ったものです(笑)。

ラストシーン
ああ、このシーンはイレイザーだったんだな。
って思い出しました
>>続きを読む

沈没家族 劇場版(2018年製作の映画)

-

土くんが立派な青年に育ったというのが一番だろう。
めぐちゃんも家の中に逃げ場があった。って言ってたし、これはこれで良い家族の形なんだろう。めぐちゃん可愛い(笑)。

007/ダイヤモンドは永遠に(1971年製作の映画)

-

やたらドロドロの液体で敵を倒したり、この頃の007にしてはグロい(笑)。
この作品はショーン・コネリーの007ではあんまり物語が記憶に残っていないけど、今観るとサスペンス要素が強くて面白い。
主題歌も
>>続きを読む

生理ちゃん(2019年製作の映画)

-

伊藤沙莉ちゃんはあたしンちのみかんちゃんも出来そうだなあ。

※ガチャガチャも発見(笑)。

丹下左膳 百万両の壺(2004年製作の映画)

-

パッケージの
※実際の商品イメージとは異なります。
って何?(笑)

どうしても山中貞雄版の方が面白いんだが、そんなことは監督も演者も知っていただろう。
名作を現代に甦らすということに意味があるという
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

自業自得😅
なんだけど、日本の親だったらあんなパーティーに行くの絶対に許さないよな。
まだまだ欧米とは感覚が違うんだろうね。
しかし30年は長い。
ここからの彼の人生を考えると気の毒でもある。

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

映画館の危機は俺たちが救う!
ってキャッチフレーズが素晴らしい!

しかし、まさか「ミッドサマー」的展開になるとは。
と、途中でつまらんこと考えた自分を殴ってやりたいです(笑)。

※4代目も名優だっ
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

-

マリアは後妻だから相続の権利は認められない!、、、サウンド・オブ、、、ナイフ(笑)。

欧米の探偵物はアガサ・クリスティ風が多いのかアクション少なめで大人しい。
一方日本はだいたい明智小五郎シリーズの
>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

-

20年前ならジョディ・フォスターにオファーがいくんだろうな。
とチクリ(笑)。

フォーン・ブース(2002年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

電話ボックスで大変なことになる映画
という、面白かったのにこれまた曖昧な記憶しかない作品。
また観てもなかなか面白いんだけど、あんまり可哀想には思えなかったな。全く同情しない(笑)。
ウィテカーさんが
>>続きを読む

コブラ(1986年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

コブラ!
久しぶりに観たけど、冒頭のスーパー、怪しすぎるおばさん、フックへの串刺しはしっかり記憶に残っていた!

※部屋のシーンが面白い!
ピザを食べたり、不器用にリモコンでテレビつけたり、なんだか可
>>続きを読む

ピザ!(2014年製作の映画)

-

私もピザ屋の店長らしき男が出てきた時は「金を持っていれば客だ。ピザを出してやれ」の流れだと思ってたが、まさかあんなことになろうとは!
ドキュメンタリー風な作品かと思ってたけど違いましたね!
そして、こ
>>続きを読む

ランボー 最後の戦場(2008年製作の映画)

-

スタローン監督だから!
もはやバックストーリーなど関係ない!
俺だけ見てりゃいいんだ!オラエ〜!(蝶野さんか笑)

ジュラシック・パーク III(2001年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

大声出すなって言ってるのに最初から最後まで大声出していた(特に奥さん、よく生きてたな😅)のは映画館で観て盛り上げるためでしょうな。
最後にはオチに使われているくらい大声で狙いにきてる感がありました。📢
>>続きを読む

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

-

男ってなんで、、、😓


※前売り特典はマスクケースだった(笑)。

ソニック・ザ・ムービー(2020年製作の映画)

-

セーガー!!
って、タイトルロゴ!(マーベルっぽい)

いやあ、懐かしい!
メガドライブでやりましたよ!
ソニック!
ソニック早すぎて、難しくて、メガドライブすぐ充電なくなるし、クリアした記憶が全くな
>>続きを読む

>|