ナナコさんの映画レビュー・感想・評価

ナナコ

ナナコ

不能犯(2018年製作の映画)

-

残念すぎる、、不能犯の事例いくつか出てきて面白いと思ってたのに、途中からおかしくなって意味わかんないセリフで終わった。
劇ぽくて嫌だった。

ポワゾン(2001年製作の映画)

5.0

「ファントム・スレッド」を思い出す。

美が武器になるってことを見せつけられた。圧倒的な美だった。

「愛とは与えるもの、欲望とは奪うもの」
この二人の関係性に憧れてしまった。

ドライヴ(2011年製作の映画)

4.0

都会的な雰囲気と音楽の組み合わせがおしゃれ。

器用なようで不器用で、アイリーンを思っているのだけがよくわかった。

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.5

英国老紳士レイノルズかっこいい。

でもラストが、、
ドロドロした映画好きなはずだけどこれは例外。嫉妬って側から見たらこんなにも明らかにわかるし、醜いものでしかない。

ワールド・ウォーZ(2013年製作の映画)

2.5

最初からぶっとんでた。

この作品の方が前にできてるけど、友達が新感染の進化版みたいなこと言っててその通りだった。ゾンビもそうだし、家族を絡めてくるのも似てた。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

2.5

救いがなくてショッキングだった。

モタモタしてる人にも自分勝手な人にもイライラしながら見たんだけど、ラストは本当に悲しい。狙って悲しませようとしていそうな雰囲気がわかるのに、それでも悲しい。

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

-

共産主義時代のポーランドというのが読み取れなかった。
しかも、安っぽかったし早く終わってほしいと思いながら見た。

でもシルバーの最後の選択はよかった。

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ビジュアルだけで驚かされた。

・壊れていく人間
・残された2人
・ドドッンドドッン
・静かに怖いオチ

失楽園(1997年製作の映画)

2.5

「男と女のことには進歩や発展なんて関係ないからね」

当事者2人がフォーカスされてるから美しく見えてしまう。てか2人の見た目が美しいもん。

出会う順番も環境も違えば不倫にはならなかったけど、そういう
>>続きを読む

激突!(1971年製作の映画)

5.0

これは怖い。

事故のスリル×運転手が誰かわからないスリルで手汗が止まらない。観てるだけなのにどうしても避けちゃう。

観終わって考えると、トラックの運転手はただただ遊びたかっただけなのかもしれない。
>>続きを読む

トーク・トゥ・ハー(2002年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

3パターンの恋愛で、ラストのパターンが上手くいく気がした。というかいってほしい。

ベニグノの愛は、相手のためだけの献身的なうちは母親へもアリシアへも本物だったと思う。そこに自分のための欲が出たところ
>>続きを読む

恋人たちの予感(1989年製作の映画)

3.5

同時にカサブランカみるのも、同時に電話するのもカワイイ。

人間の一年は犬の7年なんだね。

エスター(2009年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ホラー映画で1番好きかもしれないくらいストーリーと構成が綺麗。

マックスが可愛すぎてしまう。子分なポジションがまた可愛い。ダニーを助けるところも家の中で隠れる場所もグッジョブ。

エスターの奇行に心
>>続きを読む

ロスト・ボディ(2012年製作の映画)

5.0

眼鏡に目がなくてアレックスの顔がタイプ。

作り込まれた綺麗などんでん返し。しかも2回もあってまじで騙された。
思わずエンドロール後に二度観した。

カンナさん大成功です!(2006年製作の映画)

2.5

カンナさん可愛いけど、それよりもバービー人形持った父親が可愛い。

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム(2016年製作の映画)

2.5

見ていて手汗かいた。

遠いゲームでもないかもしれないから、挑戦者も視聴者も馬鹿だって思わせてるのかもしれない。そこに狙いがあるのかもしれない。

地上からの街とか、音楽とか、雰囲気いい。

スプリング・ブレイカーズ(2012年製作の映画)

2.0

春休みだけ楽しむ。「ホワイト・ガール」に似た印象受ける。

ブルー・ジェイ(2016年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

2人がとっても仲良くて微笑ましかった。

ピンクと紫のジェリービーンズのことを覚えていてくれてたのはキュンとした。2人は結局結ばれなかったけど、抗うつ剤に抗って涙が出たのはよかった。

しかし時間の範
>>続きを読む

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

5.0

ラストでそれまでの全部が言葉そのままひっくり返った。

自分しか見えてない本物のサイコパスでどれだけ虚勢を張っても空って感じがしたけど別の意味で空だった、いやその意味を含めて空だった。難しい。

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

3.5

数学が好きなネイサンたち学生と中華の繁華街、看板、食べ物の雰囲気だけでよかったのに。
実際には女だった教師を男にして、数学オリンピックの途中で抜け出して恋愛要素入れてきたのにガッカリ。

でも愛の方程
>>続きを読む

アナベル 死霊館の人形(2014年製作の映画)

3.0

横向きに人形が落ちてくるシーン、叫んだ。

ストーリーしっかりしてて、ホラーによくある手抜きがなくていい。

ベスト・フレンズ・ウェディング(1997年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

バッドエンドなの、珍しい。

花芯(2016年製作の映画)

2.5

着物とスーツの組み合わせの古風な雰囲気がよかった。

修羅場も刺激も多い人生。

園子の女優さん着物がすっごく似合っててすてきだった。人参食べるまことくんが可愛かった。

哀愁(1940年製作の映画)

3.0

一目で好きになるのも、それしか見えなくなるのも、悪いことをしちゃうのも、耐えられなくなるのも、なさそうで逆にある話が白黒で綺麗に映画になっている。

劇場でマイラを見つけて笑うロイのお顔が本当に綺麗だ
>>続きを読む

モテキ(2011年製作の映画)

3.5

音楽と動作がマッチしてるの多くてヘッドフォンつけたり外したりする繋ぎ目が綺麗だった。perfume出てたのも最高。

ラストの「成長できない」からそのあとの振る文句、かなり心にきた。

オートマタ(2014年製作の映画)

3.0

終わり方綺麗すぎる、よすぎる。

全体的に暗いけど、プロトコルの内容とその経緯が面白い。人類が存在した証拠としてAIだけが存在するようになってしまったら悲しい。

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)

3.0

綺麗なお家に綺麗なお話で、小説そのものみたいだって思っていたら
・自分しか愛せない
・自分の理想から外れたら思いやりがない
・理想から外れるのなら長く寂しい人生を送る
というカルヴィン意外に怖い。でも
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

2.5

実話?ってくらいリアリティあった。その上、役者さんが全員演技上手いから入り込んでしまった。

オチがあるわけでも一貫した物語でもないけど、ノンフィクション映画みたいでよかったと思う。

>|