あちゃさんの映画レビュー・感想・評価

あちゃ

あちゃ

累 かさね(2018年製作の映画)

4.0

太鳳ちゃんの演技がすごかった
自信と地位と環境で人って変わるのかあって感じ。

告白(2010年製作の映画)

4.2

人間の怖さと映像の怖さがすごかった。
怖いけど観入ってしまう

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

3.8

終始ムズムズした!素直になって!気持ち伝えて!って思うけど、そう簡単じゃない現実味のある話だと思った。

7番房の奇跡(2013年製作の映画)

4.5

今までで1番泣いた映画。
障害を持ってる方が生きにくい世の中だなあ、、、。
親子の愛を感じられる部分と障害への差別と偏見、陥れてる感じが悲しい部分といろんな感情。
悲しすぎて観れない人もいそう。

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

4.0

子どもの頃と今とでは見方が変わる。ジブリってそーゆーところが魅力のひとつでもあると思ってる。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

とにかく最後まで観て!すごいから!
あらすじとか内容とか何も知らずに観て!

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.0

だいぶ前に観たけど、かわい!!ってだけで内容はあまり覚えていない。

映画 えんとつ町のプペル(2020年製作の映画)

4.5

お父さんの言ってたことを信じるプペルはルビッチの協力によって勇気を出してやり遂げるところ感動した。どんなに夢な話でも、信じることができなくても、否定するのは違うなと思った。受け入れることって大事。

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

4.0

全く違うふたりだけど、助け合って支え合って最期の人生を楽しんでてほっこりする。結末は想像できる。

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.5

悲しい終わり方だけど、そこまでにならないと分からない現実が悲しい。残念。
でもよく考えると悪者はいないと思った。それぞれの価値観や考え方で子どもを助けようとしてたのは事実なのかなって。方法とか考え方の
>>続きを読む

チャーリーとチョコレート工場(2005年製作の映画)

3.9

小さい頃からずっと観てる。何回も観てる。わかりやすいストーリーも良い!

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.6

すごい良い映画だった。みんなにおすすめできる。たくさん泣いた。とにかく観てほしい!!!

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.5

楽しい!
キアラ・セトル役の女優の殻を破ってる感じが感動した。ストーリーも濃くて面白かった!
個性って素敵!集まるともっと素敵!無敵!!

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.0

主人公の複雑な心情がよく描かれていた。
ビートルズファンじゃなくても知ってる曲たくさん出てくるから楽しい!

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.5

オギー以外にもいろんな周りの人に焦点が当たってて気持ちの変化とかが現れてて面白い。
特に姉のストーリーには同情できた。障害を持っている弟は自分よりも親から気にかけてもらっていると感じるし時に憎いとも思
>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.0

YESとNOって自然とプラスマイナスみたいな関係性になってるしそう浸透しているけど、その理由がよくわかる。

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.5

時には経歴とか頭脳よりも大切でそれが役に立つこともあると知った。
ドリスとフィリップだから上手くいったんだと思う。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

2.4

歌ってるシーンは良かったけど、ストーリーとしてはあまり頭に入ってこなかった。眠くなった。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

同性愛とエイズは、現代とあの時代では社会的評価とか概念が違うから面白い。
ライブのシーンは迫力がすごくてゾクゾクした。観客のエキストラが約900人だとは思えないぐらいのリアリティーな映像技術もすごいと
>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

4.5

漫画で内容分かってたけどそれでも面白い!映像の迫力がすごい!
エンディングでさらに泣ける

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.7

終盤にかけてどんどん面白くなる引き込まれる。
少し怖くてトラウマになりそうなシーンもあったけど、怖さよりも物語の面白さに惹かれて見続けられた。
いろんな視点で見れる。

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

4.0

日本の恋愛映画あんまり好きじゃないけどこれは観れる!面白かった!
もう一回見たい、もう一回見たらもっといろんなこと伏線回収できそう。
そう思うぐらい深い映画だと思った。