山口尊久さんの映画レビュー・感想・評価

山口尊久

山口尊久

映画(812)
ドラマ(0)

安市城 グレート・バトル(2017年製作の映画)

3.6

衣装から戦い方からファンタジー感がすごいけどキングダムだと思って観たら面白い、もちろんキングダムほどキャラに魅力は無いからドラマ性は薄くなるけどそれでもアクションと引の画の迫力や規模は断然こっちのがあ>>続きを読む

退屈な日々にさようならを(2016年製作の映画)

3.4

「愛がなんだ」がハマらなくてこの監督が苦手なのかなと、そのあと観た「生きてるだけで愛」も苦手で、監督じゃなくて普通の恋愛系の映画が苦手なのかもと思い同監督のこの作品を借りてみた、序盤の変な夢見てるみた>>続きを読む

ガリーボーイ(2018年製作の映画)

4.4

サイコー!8Mileよりストーリー性とドラマチックさがあっていい意味で漫画的、似るのは環境や境遇が近いから、アラジンも魔法のランプスクラッチせずレコードスクラッチしてたらこうなってるって話し。這い上が>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.4

過去や親子の関係性と孤独感がドラマとして全然描かれてないのでカタルシス感じることが無かった、それをモノローグでやってる事もあってかなり客観的な見方になる映画だった。
そこ描き過ぎてクサくなったりお涙頂
>>続きを読む

心と体と(2017年製作の映画)

3.7

音楽と2人の演技がよかった、あと夢のシーンと屠殺のコントラストも絵的に良かったし色味も好き。森の中のつがいの鹿という同じ夢を見るっていう奇妙な体験から徐々に日常でも繋がりを求めあってくストーリー。
>>続きを読む

ザ・フォーリナー/復讐者(2017年製作の映画)

3.6

ジャッキーチェンも気づけば酔拳の蘇我子くらいの年齢になってるんじゃないか!?もう老師だな…昔に比べるとさすがにアクションは少なめだけどそれにしてもこんな動けるかね。65歳。
ストーリー的には別になんて
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.7

地縛霊やポルターガイストって名前をつけた瞬間に意味を持って質量が生まれる気がするけどこの映画では極端にセリフが少ないのもあるしそういうワードが出てこなかったので良かった、極端といえば長回しがすごい多い>>続きを読む

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

3.7

なんか色んな作品の影響から出来上がったアクション映画!マトリックス、GANTZ、童夢、LUCY、Brad+とかそんな雰囲気。
第一章やったんかい!って感じだし後出しのエピソードや回想も多いから組み立て
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.1

主演の役所広司と松坂桃李もさることながら脇を固める俳優人さらにチョイ役ですら豪華!アベンジャーズっすか?って感じ!任侠映画こそ日本版アベンジャーズだわ、それくらいアクションもあり堅気の人間からしたらフ>>続きを読む

ハートストーン(2016年製作の映画)

4.5

昨日観たウィンターズボーンに引き続き田舎の狭いコミュニティ、こっちはロケーションがめちゃくちゃ綺麗で自然光がいいし音楽もマッチしてて俳優何歳か分からんけど表情スゲーいい!
都会は人に無関心というけど田
>>続きを読む

ウィンターズ・ボーン(2010年製作の映画)

3.6

鬱屈とした狭い関係性、血縁、田舎あるあるでは測りきれない独特のコミュニティの残酷さと優しさが痛い。 
一定の距離を置いて多くは語らず冷たいんだけど暖かいなんともいえない感覚と雰囲気、ただ力強い。

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

3.2

最近観た「愛がなんだ」って映画が全然合わなくて苦手克服の為って訳じゃないけどシンドそうな恋愛系借りた、やっぱ苦手だわ…まだ展開と演技が良いからよかった!
オレも今思い返せばあれは鬱だったって時期もある
>>続きを読む

まともな男(2015年製作の映画)

3.8

テーマと邦題が秀逸!共犯者と傍観者の境界線、こういうケースの犯罪を知った時にどう行動するのか判断するのか、どこまで関わるのか肩入れするのか寄り添うのか立場や性格なども含めて描けていてよかったし主演俳優>>続きを読む

夜明け(2019年製作の映画)

3.6

こういうオーバーじゃない自然な演技は好き!ただ演出にちょっとオーバーさというかやってる感があって、思い返した時にあの演出はあの心情や過去の出来事を映してたのかなぁくらいならサイコーだった。あとちょっと>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.0

ちょっと長く感じた…90分くらいならな〜単調にならないよう要所要所おもしろい演出もあってよかったけど、夜道でフリースタイルラップみたいなシーンからバトルMCになる展開なら観れた、唐突で意味も分からない>>続きを読む

サマー・オブ・84(2017年製作の映画)

3.7

最初と最後のモノローグ同じだけど最後のが印象強くなるし自分の言葉になってるの良かった〜!ボツった漫画だけどモノローグじゃなくて最初と最後のコマが一緒で真逆の印象になる手法使って描いた事あるけどこういう>>続きを読む

青の帰り道(2018年製作の映画)

2.5

同監督の新聞記者の題材が良かったから鑑賞!
この映画はとにかく人物が不自然、ちょっとずつ誇張された一般像のキャラ設定がずらりと集まっててステレオタイプっぽくてムズ痒かった!例えばニルヴァーナのポスター
>>続きを読む

無双の鉄拳(2018年製作の映画)

3.6

内容的にも主演あっての感も含めMI3からはトムクルーズを観る映画だし、ジョンウィックはキアヌリーブスの映画、イコライザーはデンゼルワシントンの映画、ダイハード3まではブルースウィルスの映画、でこれはマ>>続きを読む

岬の兄妹(2018年製作の映画)

3.5

障害者の性や恋愛感情なんかの部分を見ればいい映画だなと思った、周りの健常者が知的障害者をタブーや空気のように居るけど居ないものとしていて、兄貴のほうがむしろ人間的に接しているんじゃないか?的な観かたも>>続きを読む

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

4.1

撮り方と音楽はほんと良い。
知ってるようで知らない関係性や感情含めて、君の鳥は歌える、みたいな感じかなと思ったけど後半はアンダーザシルバーレイクのリアル版みたいな感じでドキドキした!伏線や遠回しに作品
>>続きを読む

イップ・マン外伝 マスターZ(2018年製作の映画)

3.6

ワイヤーアクションあり早送りありの古き良き功夫映画!イギリス統治下の香港が舞台の勧善懲悪。
イップマンシリーズに確かこんなキャラ出てきてたなってフワっと思い出す程度で、ずっとマックスチャンが剛と光一が
>>続きを読む

ゴールデン・リバー(2018年製作の映画)

3.7

なかなか良いヒューマンドラマだった、変化する関係性もいいし兄弟の人間性の細かい描写や所作からも性格の違いが分かりやすい、とはいえ兄弟同じ境遇で深いところでは繋がってて、それありきだしそれ観る映画と言え>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

3.7

ド直球の社会派!これに有名俳優が出演して上映されてDVD化もされてこの国も捨てたもんじゃないと取るか、この内容みたいに社会主義的と取るか、いろんな要素含んでるし多面的だからどっちって事はないけど皆んな>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.5

一応ホームシアターで観たけど、取り敢えず終始暗すぎひん?キングギドラのせいか雨も凄いし迫力とリアリティはあるかもしれんけど、もっと引きの画の肉弾戦とかビル破壊、怪獣のディテールはっきり観せてくれよ!1>>続きを読む

ロックンローラ(2008年製作の映画)

3.7

あるシーンで観たことあったの思い出したけど全然覚えてなかったからある種よかった、脚本的にsnatchとロックストック&トゥースモーキングバレルズに近いガイリッチーっぽさ満載の映画でよかった!けどこの中>>続きを読む

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

3.8

これから観るDVDのCMで観たの思い出してチェック!これは良い話しだった思う、クリントは退役軍人ジジイ役が多いような気がする、似合う。
環境のせいにせず勇気を持って変わっていく、徐々に打ち解けていく感
>>続きを読む

殺人の追憶(2003年製作の映画)

3.8

チェイサーしかりこの映画にしかりマジで胸糞悪いし、ふに落ちない!韓国の80年代とはいえ捜査の甘さや無理矢理作った証拠や供述調書、ちゃんと捜査してくれって思うけど難事件ではある、ただもうちょっと出来るだ>>続きを読む

泣き虫しょったんの奇跡(2018年製作の映画)

3.7

どうしても重ねちゃうわ…美大卒業して22歳で大阪吉本NSCに入って当時の女と結婚の話し出て芸人諦めて就職するもすぐ京都で転職して結局はそれが原因で結婚する事もなく別れ、目標失って鬱気味になりつつダラダ>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.7

2の導入はワクワクした!もう1の序盤のカケラもないのは当然として全く別ジャンルの映画だった、ジャンルとしては時をかける少女と君の名はに近くなった。3はもう無いのかな?1のアプローチが新しくて良かっただ>>続きを読む

斬、(2018年製作の映画)

3.6

映像と自然光と音が良い!心の平穏バランス太平を望んでいるのに…斬る事を強いられる、結局は武力で抗うしかないって切ないね、時代って流れだけで真剣で斬り合い命を奪い合うっていう異常さ…その事への慣れ。
>>続きを読む

操作された都市(2017年製作の映画)

3.7

いや〜それ無理あるやろ!って事もよく起きるけどそこを割り切って観れば設定と脚本は面白いし、それぞれ得意ジャンルのキャラ立ちがあってよかった!主演のチート感がすごいけど…+イケメンで。
裏ジャケからもっ
>>続きを読む

チェイサー(2008年製作の映画)

3.6

警察の対応とか初動の遅さとか使えなさがイライラするーー!実際日本でも問題なってるけど…皆んながそういう訳ではないけどどこの国も似てるのかな、市長なんか守ってる場合かよ!実際揶揄してるよね。
内容としは
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.8

女がビッチで明るくて良い!こういう映画でビッチってすぐ殺されるのが定石だけど、あえてそこにスポットを当ててたり、よくあるマスク系スプラッターのマスク硬くてなかなか取れないのも定石だと考えると面白く思え>>続きを読む

神と共に 第二章:因と縁(2018年製作の映画)

3.8

そうだよなと2章にふさわしい納得のストーリーだった!作りとしては1章と同じだけど、1章での回収もなるほど!とさせるし心情が上手く絡まってて単純に脚本いいなっとなった。あとエンドロールも観たほうがいい!>>続きを読む

神と共に 第一章:罪と罰(2018年製作の映画)

3.8

日本人にも馴染みがあり入りやすい内容だった!閻魔の前で地獄か天国かみたいなのは絵本でもあるし、そこに弁護士みたいな使者がいるって設定が良い。そもそも仏教や死後の世界がギリシャ神話みたいに確立した世界観>>続きを読む

恋の門(2004年製作の映画)

3.5

あ、コレ観たことあったの思い出した、原作が好きだったな〜独特の絵の羽生生純の作品が好きやったなー。
当時は演出がけっこう斬新やなって印象、色味が良い。
松田翔太より松田龍平派、より松田優作派。
なんも
>>続きを読む

>|