おーちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

おーちゃん

おーちゃん

2018年鑑賞数
約480作品
劇場鑑賞153作品

TSUTAYAに行くとワクワクします。

点数とレビューは直感です。

映画(2140)
ドラマ(103)

マローボーン家の掟(2017年製作の映画)

4.3

めっっっちゃ良かった!
これ泣けます。

思えば分かりやすい伏線だったかもしれないが、一切先が読めませんでした。
予備知識は一切ないほうが良いですね。

最近のホラー女王
ミアゴスとアニャテイラージョ
>>続きを読む

ファイナル・スコア(2018年製作の映画)

4.0

いやぁ大変楽しめました。
確かにこれ観れれば「ダイハード」が続編まだ先でも満足です。

しかも、マクレーンよりお茶目で笑えてくるとなるとなかなかの佳作でした。

もちょっと大々的に公開しても良いと思う
>>続きを読む

魂のゆくえ(2017年製作の映画)

3.5

これっぽっちも共感できる立場にいないので、心理学の講義のようだった。

信仰にもたくさんの形があるということや愛ゆえに狂気に走ることも無くはない話だと思うが、これはかなりマイノリティな気がする。

>>続きを読む

ザ・バニシング-消失-(1988年製作の映画)

3.7

これはすごい!生々しい!
スリラーはいつの時代でも安定した面白さがあるが、これは現代でもじゅうぶん恐い。

この犯人はしばらく夢に出てきそうだ。
アクション映画のような悪人面でもなく、レクター博士のよ
>>続きを読む

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

4.5

オープニングからヤバかった。
やはり良い映画は始まりから素晴らしい。

この話は薬物依存症の男の子とその父親と家族の実話なのだが、原作は父親の視点と息子の視点とで2冊刊行されている。
映画は非常によく
>>続きを読む

名探偵コナン 紺青の拳(2019年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

オープニングの持ってきかたはあまり好きではなかったのと、新一と蘭が付き合ってることにとまどいを感じつつ…
めちゃくちゃ良かった。
トリニティバトルミステリーて笑笑

フォーカスしたキャラがいつもと違う
>>続きを読む

ロミオ&ジュリエット(1996年製作の映画)

3.4

作品自体はあまり良質なものとは言い難い。
だが、ディカプリオの演技は素晴らしい。

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.2

まず印象的なのはカメラワーク。
アルフォンソキュアロン監督作を鑑賞した全ての作品に共通する。

ずっと主人公や家族を追っているのだが、まるで家族にとりついている幽霊かのように、ただ一点を固定して見てい
>>続きを読む

大地震(1974年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

これ40年前の映画なんだね…
すごいリアルだった。

地震が起きるまでに何と上映時間の約半分かかる。
登場人物たちの背景がたっぷりと描かれ、約一時間かけて解説された登場人物たちが中盤の災害に襲われる様
>>続きを読む

私の20世紀(1989年製作の映画)

3.5

かなり芸術性に富んだ作品。
私が生まれた年に公開された映画だが、一周回って古風な感じはむしろ新しかった。

「芸術性」と言っただけあり、難解とは言えないが表現方法がかなり抽象的。
何の説明もなく長回し
>>続きを読む

宇宙戦争(1953年製作の映画)

3.8

これがオリジナル版か!
面白いですこれ。

トムクルーズの「宇宙戦争」とはラストは一緒だが主人公も内容もだいぶ違うので、同じ時系列でそれぞれ違う場所で進行していた話として観るとどちらも独立している。
>>続きを読む

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

4.5

すごい面白かった。

ミステリアスな雰囲気と男女3人の関係というのは村上春樹のアルアルなのかな?

淡々と進んでいるはずなのに、ずっと張りつめた緊張感と恐いけどこの先を観てみたいという欲求に満たされた
>>続きを読む

沈黙の戦艦(1992年製作の映画)

3.5

好きなシリーズ「under siege」の第一弾

以後、違う話なのにずっと「沈黙」シリーズとして長く作品が作られているが、これの正統な続編は「暴走特急」。

「ダイハード」は元々、戦艦の話になるはず
>>続きを読む

大脱出2(2018年製作の映画)

3.5

いや、いいです満足です。スタローンがあそこまでアクションしてくれるなら。

前作の刑務所の良さが覆されてしまう程の、時代に似合わないハイクオリティ刑務所に驚くほどの偽物感満載なクソCGも、どうせなら大
>>続きを読む

ダンボ(2019年製作の映画)

3.0

特に可もなく不可もなく。
「くるみ割り」もそうだったが、あまり強烈な印象はなかった。

物語はシンプルで良いと思うが、あまり大人向けとも子供向けとも言いがたい。

小さい頃から「ダンボ」は観たら哀しく
>>続きを読む

大脱出(2013年製作の映画)

3.5

続編を観る前に復習。

二大アクション巨匠が共演というだけでどんな話だろうが観に行くのは確定なのだが、これまたちょっと変わった話。
エンタメに徹するスタローンと挑戦的な作品に意欲的なシュワちゃん。
>>続きを読む

交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1(2017年製作の映画)

3.4

冒頭20分が圧巻の映像と迫力。

原作は全部読んだが、ほぼ忘れてました…

あまり話には着いていけてなかったが、かなり複雑な作り方をしてる。
ストーリー追体験というより、レントンという個人に対してフォ
>>続きを読む

キス・オブ・ザ・ドラゴン(2001年製作の映画)

3.8

わかりやすくて良い。

ジェットリーのハリウッド映画はスタイリッシュでカッコいい。
「ロミオマストダイ」と時期が寄ってるので、どっちがどっちかわからなかったが、これでようやく理解。
実際はどっちもどっ
>>続きを読む

シャフト(2000年製作の映画)

3.5

恐いマフィアの話だと思ってたら、アウトローな刑事の正義の鉄拳映画だった。

名前連呼させるとこマジで笑った( ̄▽ ̄;)

アウトローな話ではだいたい一匹狼なのに、チームで動いてるというのはちょっと新鮮
>>続きを読む

LUCY/ルーシー(2014年製作の映画)

3.8

素晴らしくブッ飛んでる。

これ以上でも以下でもない。

途中の覇王色の覇気最高。

らせん(1998年製作の映画)

3.3

「らせん」の方が好きです。
元々、リングシリーズ三部作
「リング」「らせん」「ループ」は
ホラー、サスペンス、SF
とジャンルが変わり全てが繋がる構図になっているので、かなり難解になっている。
この作
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

4.2

トラウマ級の残酷さ
でも何回観ても好き。

そもそも新海監督はこういう作風なので、「君の名は。」はなぜハッピーエンドっぽくしたのか?ファンなら必ず思ったでしよう。

成長するほど、語りがなくなり何が起
>>続きを読む

駅馬車(1939年製作の映画)

3.0

ちょっとよくわからなかったかな…
いつかリベンジします。

アクションシーンの迫力が良かった

茄子 スーツケースの渡り鳥(2009年製作の映画)

3.5

今回は前作で気に入った西洋の片田舎の雰囲気が日本を舞台にしたので、あまりなく自転車レースの方に重きを置いてしまったので、人間ドラマが少し薄くなった印象。

が、仲間の死、引退、強敵とスポ根要素が多く、
>>続きを読む

茄子 アンダルシアの夏(2003年製作の映画)

3.8

自転車レースの疾走感はもちろんだが、
西洋の片田舎の地元感のある人間ドラマが堪らない。

ご当地名物の茄子という食材を敢えてタイトルにして内容では名脇役にする感じ嫌いじゃないです。
むしろ一時間弱の映
>>続きを読む

インシディアス 第2章(2013年製作の映画)

3.0

うーん…
一作目がすごく好きなのだが、前作よりだいぶテイストを変えてきたな…

続編と思わなければ、「シャイニング」のようなスリラーと「インターステラー」のような五次元的SF要素を楽しめる。一風変わっ
>>続きを読む

アメイジング・スパイダーマン2(2014年製作の映画)

5.0

劇場で観たときは衝撃的過ぎてなかなか家に帰れなかった。
「スパイダーマン」シリーズで唯一泣いた作品です。

ヒロインがこうなるヒーロー物は「デビルマン」以来ではないだろうか?( ̄▽ ̄;)

かなり内容
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険(1996年製作の映画)

5.0

超好き。
ギャグが総てにおいてツボ。

小さい頃に何回もトランプをポケットに忍ばせたし、トッぺマの歌を今でも歌えるし、ババ抜きと最後の追いかけっこは鬼ロテ。

ストーリーもシリアスパートも◎

雛形あ
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.3

よくわからないけど、面白い。
理解できないけど、何か引き込まれる。

そういった映画ってたくさんあったけど、胸糞展開でもあまり不快感が無いのは、美術管でグロテスクな絵画を観たときと似ている。この映画に
>>続きを読む

インシディアス(2010年製作の映画)

4.3

洋画のホラーでこれ以上怖かった映画はまだ無い。
公開当時、めったにホラー映画を観なかった私が少し遠くの映画館にまで赴いてまで観たいと思ったのが、この作品。
おそらく、「パラノーマルアクティビティ」を劇
>>続きを読む

SP 革命篇(2011年製作の映画)

3.7

ドラマを地上波で放送していた時に、受験生だったのだが、次の話が気になってしょうがなかったのを覚えてる。
そしてこの映画が公開されたときは、就活中で東日本大震災があった直後で節電で公開されている映画館が
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.0

これ実話?!
これやった人すごい…

皆さん言っている通り、予告編はかなりポップなコメディだったのに対し内容は「インファナルアフェア」並みの緊張感。

いつ何がどう転んでも可笑しくない怒濤の展開が波打
>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

3.8

マイケルベイの公開処刑ですね…

激しいロボットバトルだから何やってるかわかりにくいってことや、ストーリーが一辺倒になることや、勢いだけってのはマイケルベイのダメなところだったのが改めてよくわかってし
>>続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

3.5

「バンブルビー」を観る前に。
けっきょく一作目と五作目のみ復習。

今作は劇場で一回、Blu-rayで一回観てどちらも途中で寝てしまったのであまり覚えてなかったので、今回が初の終始起きた状態での鑑賞。
>>続きを読む

鉄コン筋クリート(2006年製作の映画)

4.3

これすごい好きなんです。

ハードボイルドで、哲学的で、丁度良いくらいに訳わからん感じが良い。

キャラクターが全部好きになれる。
これだけのキャラクターを魅力的に描けるのはさすがの原作者だと思う。
>>続きを読む

バグズ・ライフ(1998年製作の映画)

3.6

今年はピクサーを制覇する。
ということで、何かと「アンツ」と内容がごちゃごちゃになってしまう「バグズライフ」を鑑賞。

申し訳ないのだが、毎回内容を忘れてしまうのと上記の通り他作品と被るのでいつも初見
>>続きを読む

>|