ぺこ

ぺこ

レディースデイの常連

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

4.0

ゴンドリー監督にしては、いつもの夢と現実がゴッチャになるようなシーンがない
その分リアルな14歳のゴンドリー少年の姿を見られた

ハッピーエンドの選び方(2014年製作の映画)

4.0

医療が進み、ただ生かされていると感じる高齢者がたくさんいる事を身近に感じているから、この作品は重かった
日本版タイトルは軽すぎます

すれ違いのダイアリーズ(2014年製作の映画)

3.5

子供たちはキレイな景色を見ているから
素直でかわいいのかな
心がキレイじゃないと撮れないステキな映画

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌(2013年製作の映画)

4.0

コーエン兄弟だからひいき目に見た訳ではないけど、登場人物がみんな個性的だし、ネコを絡めてきたり音楽も良かったし
これからも何度も観る映画が1本増えました

ピザ!(2014年製作の映画)

3.5

人生初のピザは高円寺のジローという
イタリアンのお店だったなぁ
その時の事を思い出して観ていたので
ラストの2人のセリフと
自分の初ピザの感想が一致していたので笑った‼︎

ストレイト・アウタ・コンプトン(2015年製作の映画)

4.5

言葉は力を持っている
勇気付けられる言葉もあれば
人を傷つける事も簡単だ
彼等の才能は世界を変えた

今話題の女性政治家にも
これくらいのセンスがあればねー
あるわけないか(笑)

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

3.5

とにかくカトリーヌドヌーブが
お人形のようで可愛い💕😍

ファッションやインテリアが
日本にはない鮮やかさで
いわゆるパリ風のお手本になります

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.0

今回はかなりグサグサ、刺しまくって
痛ーいシーンが多めですが
シェーンの名シーンを絡めたり
西部劇の趣きもある仕上がりです
ローガンの人生は怒りに溢れていたけど
最後に少しだけ幸せを感じてくれて
良か
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.0

トーキングヘッズで
楽しそうに踊る55歳のママ。
オシャレです。
アビーの飼っていた鳥は、子供の頃ウチで飼っていた鳥と同じ(多分)で嬉しかった。

しあわせへのまわり道(2014年製作の映画)

3.0

パトリシア・クラークソンの声のトーンや話方がステキ(╹◡╹)♡

グッド・ライ いちばん優しい嘘(2014年製作の映画)

4.0

こういう懐の広いアメリカが好きだった。
憧れだった。
アメリカは変わってしまったけど…

世界に目を向けて行こう!
とても良い映画でした!

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

4.0

この作品は当時日本でも話題になったんですかね
。原作は日本の漫画だそうですが、ストーリーも斬新だけど映画化した監督や俳優の気合いが感じられます。かなり見応えあります。
何回も顔を覆いました!心臓の弱い
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.5

今年1番になりそうな作品!
家族全員ユニークなところとか
リトルミスサンシャインを少し思い出したけど
笑って泣けて家族とは幸せとは
色んな事を考えさせてくれた
何回も見たい作品です

天才スピヴェット(2013年製作の映画)

3.5

ホームアローンの時のマコーレカルキン君を思い起こす容姿の主人公の少年だけど、こちらは天才ゆえの苦悩というのがあるのだなぁ
とっても切ないお話でした
衣装や美術はアメリの可愛いさ💕

X-MEN:アポカリプス(2016年製作の映画)

4.0

あれっ?間違えてハムナプトラ借りてきた⁈

慌てました〜〜

これがアポカリプスの始まりなんですね!

ウルヴァリンサムライ、フューチャー&パストと
アクションシーンに時間かけ過ぎで
ちょっと退屈して
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.8

まず、カメラや音楽の使い方が独特で新鮮

ストーリーはというと日本とは環境が違い過ぎて、黒人社会は荒れてるなぁ、なんてのんきに観ていたけど高校時代は「桐島学校やめるってよ」を思い起こす様な居場所のなさ
>>続きを読む

イーグル・ジャンプ(2016年製作の映画)

3.8

タロンエガートンとヒュージャックマンがカッコよさを封印して、ダサくても頑張って素直に喜びを表現する姿に見ているみんなも嬉しくなってしまう。実話というのも嬉しい😀

ディーン、君がいた瞬間(2015年製作の映画)

3.5

よく分からないけど
オシャレな映画です

さすがアントンコービン

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.5

映画館をでても鳴り止まない音楽
そしてクルッと回ってしまいそうな足どり

映画って本当にいいですねー

ブルックリン(2015年製作の映画)

3.5

世の中意外と狭いんですよね〜
二股を甘く見るとケガしますよっていう教訓のお話しでした

ぼくとアールと彼女のさよなら(2015年製作の映画)

3.5

友だちとか友だちじゃないとかどこで線引きするんだろう 今の高校生の感覚は良く分からないけどそんなに重く考えなくて良い気がする 同情だってアリだと思う

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

3.5

やっぱりヤクに頼るヤツは家庭は持てないね。オシャレな映画だけどチェット・ベイカーが情けなさ過ぎて、イーサン・ホークのイメージまで落ちてしまった(個人的に)

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

4.0

いつでも是枝監督はらしい作品を見せてくれますね。

ザ・ウォーク(2015年製作の映画)

3.0

何の為に、命をかけて危険な事をするのか?私には全くわかりません!とにかく足がムズムズして早く終わって欲しい!!と願う映画でした〜疲れました〜〜

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.5

戦争中でも人は御飯の支度をして食事をし、掃除をしたり、裁縫をしたり日々を過ごしている。それだけに空襲の音や揺れが恐ろしく感じられて、常に死と隣り合わせなのだという恐怖感でいっぱいになった。

ぼくのおじさん(2016年製作の映画)

3.5

サザエさんの時代を思わせるのんびりした作品。世の中の波に乗れてないおじさんだけど、焦らなくて良いよって言われているみたいでホッとする

>|