ユヅキさんの映画レビュー・感想・評価

ユヅキ

ユヅキ

映画(87)
ドラマ(0)

つみきのいえ(2008年製作の映画)

3.0

寝る前に絵本読んでもらってたのを思い出す

家族と住んでいた思い出を守り続けているおじいさん

あん(2015年製作の映画)

4.2

徳江さんが言う「店長さん」て呼び方が好きだった。

タイピスト!(2012年製作の映画)

3.0

途中退屈だったけど、ネイルかわいかったし決勝はかっこよかった〜
終始ルイがもう少しイケメンだったらなぁと思った(笑)

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.6

頭良くてピンチをするって抜けてくのカッコい〜
詐欺してでもお金がっぽり稼いで、父母喜ばそうとしてるのけなげだった

ピンポン(2002年製作の映画)

3.5

窪塚洋介わか!!!
夏木マリかっこよすぎ(笑)

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

3.0

冒頭のブラピの「何と何の何だって?」ていうセリフが翠嵐の人が言ってそうで笑ってしまった

夢オチみたいな気分ー

八日目の蝉(2011年製作の映画)

3.5

誘拐犯に育てられたのは事実だけど、本当に愛されていたのも事実。
万引き家族がよぎる〜

子持ち男の無責任な不倫は最低や。

ソラニン(2010年製作の映画)

3.2

空気感がすき
ライブのシーン良かったあ、、

高良健吾の優しい話し方とか雰囲気好きだけど、死ぬ役多くてつらい
ソラニンもそのうちの一作、

14の夜(2016年製作の映画)

3.0

あんなことに夢中になれるタカシはきっといい大人になる〜!

蛇にピアス(2008年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ルイが歯を砕いて飲むシーンがつーんときた

アマの純粋さに切なくなる

バクマン。(2015年製作の映画)

3.9

やっぱり何かを作り出すって凄すぎる、、
漫画とか連載ってあんなに書くの大変なんだ、、、て思った

ジャンプ編集部てリアルでもあんな感じなの〜すごすぎ、!

プロジェクションマッピングみたいに原稿が浮き
>>続きを読む

脳内ポイズンベリー(2015年製作の映画)

1.5


別れようて決めた時に謝ってくる系芸術男子とは付き合いたくない〜〜

出演者のファンが見たら面白いのかも!

ソロモンの偽証 後篇・裁判(2015年製作の映画)

3.8

罪や過ちを認めることは怖いけど、それを自分自身で受け止めて、背負って生きていこうとする中学生たちの裁判かっこよかった。

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

-

めちゃめちゃ怖かった、、、
昼間のうちから断片的に見始めて正解だったあ、、、

ちゃっかりしっかり惑わされた。

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

3.8

数学者かっこいい!面白かった!
でもあんなに貢献したのに、あの最期だなんてチューリング博士が気の毒

夜と霧(1955年製作の映画)

-

ただ命令に従って生きる事は戦争も起こすって高校の先生が言ってたのをカポの証言で思い出した。

衝撃強すぎて、残酷すぎて、事実を見ているのが信じられなかった。

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

-

ラリってるひと(特にベグビー)こわかった

仲間仲間言ってるけど、どっか割り切ってる感じあってなんかいい!

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

-

最後の日本国旗がいろーんな意味を含んでいますね🇯🇵

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

-

終盤、いろんな生徒の全力が屋上にぐあーーーって集まる所凄かった!吹部の演奏含めて!けど面白くて笑った〜

自分がこの学校にいたら映画部入りたい〜

橋本愛のビンタ気持ちよかった〜

キャロル(2015年製作の映画)

-


キャロルの醸し出す雰囲気がすごかった
動き目線言葉全部が繊細で美しい

音楽よかったあ
衣装も〜

猫は抱くもの(2017年製作の映画)

-

ナナメ上から攻めまくられた(笑)

コムちゃんがキイロのうた歌うのエンドロールかと思ってたけど、劇中で普通に聞けて嬉しかった〜!!
あとピカソも!

高台家の人々(2016年製作の映画)

-

漫画読む前に見ちゃった〜
〜デゲス。の小人がすき〜

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

誰かと一緒に居られる時間(家族、友人、恋人とか)ってずっと続くわけじゃないから、その時間を大切にしなきゃって思った

いつ自分とか周りの人が死んじゃうかなんて分かんないもんなあ

・人生には三つの坂が
>>続きを読む

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

-

おじいさん一番かわいそうで悲しい、、、
それまで強引だなあ、と思ってたのがラストで一気に哀れで可哀想になる、、、

かぐや姫
ここではない何処かに憧れててる感あるけど、それじゃあどこいってもそう思って
>>続きを読む

百万円と苦虫女(2008年製作の映画)

-

何故かずっと季節が夏だけど、夏の蒼井優美しい〜
所々見える芯の強さがかっこいい

狗神(2001年製作の映画)

-

あたしだったら渡部篤郎のバイクぶっ飛ばして下山する。

村の男へのイライラがめっちゃ募る。

夜中に片目閉じながら見た。こわかつた。

>|