mioさんの映画レビュー・感想・評価

mio

mio

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

-

光や色彩のかわいさ💯あとフォントもかわいいの💜あと残像みたいにブレる撮り方も好き!カフェのウィンドウの外から撮るカメラワークも好き!

さよならくちびる(2019年製作の映画)

-

推し女優2人の主演作、見ない理由がない!!小松、門脇両氏の演技もビジュアルも好きなんだけど、さらに歌声も良いなんて😌正直、ストーリーはさらーっとしすぎてる!キャストのファンじゃなきゃ途中で挫折する人も>>続きを読む

スクールガール・コンプレックス 放送部篇(2013年製作の映画)

-

街ゆくJKにはなんとも思わないのに、今作のJKにはとにかく太もも!生脚!って心惹かれました。それでなんでだろうって思ったんだけど、ハイソックス長い方が絶対領域が引き立つのだと考察した。あと短い靴下って>>続きを読む

海月姫(2014年製作の映画)

3.8

3回目〜!最初機内で見て、面白かったから帰りの飛行機でもう一回見て、そして今回3回目🙌🏻
原作好きだけど、映画も同じくらい好き!てか漫画の実写化の映画で1番か2番目くらいにたぶん好き!夢みたいでキュー
>>続きを読む

君が君で君だ(2018年製作の映画)

-

池松壮亮を追うマイブーム3作品目。あらすじの10倍は濃ゆい内容でした🤯💥
高杉真宙が出てるとは私得!キャスト良かった、特にYOU🙌🏻
まっすぐすぎた男達の青春🌻

海を感じる時(2014年製作の映画)

-

「愛の渦」鑑賞後、池松壮亮繋がりで何かないかなーと思ったらGYAOで無料だったので視聴。
制服着てる姿遠目で見るとバカリズムと被った
2日後には見たことを忘れるだろうって位、個人的に印象が薄かった。

愛の渦(2013年製作の映画)

-

門脇麦ちゃんに絶賛ハマり中なのでわざわざTSUTAYAに借りに行きました。女優としてもだけど、長いまつ毛、綺麗な鼻、横顔、ホクロ、声等ビジュアルに心惹かれてる。
「あーもう見飽きたわ見るの辞めよっかな
>>続きを読む

マーメイド・イン・パリ(2020年製作の映画)

-

予告は見ず、あらすじだけ見て鑑賞しに行ったら想像よりキラッキラした映画でした。冷めて鑑賞してしまってもおかしくない位キテレツというか現実味がない設定だったり展開なんだけど、そんな俯瞰さを打ち勝つ、超え>>続きを読む

あのこは貴族(2021年製作の映画)

-

この前蛇にピアスを見たばっかだったので、高良健吾出てきた瞬間、スプリットタンピアスわんこ男子から転生してる!!と1人で沸いた笑
門脇麦の、「はぁ...」とか「えっと...」みたいな詰まったような演技
>>続きを読む

蛇にピアス(2008年製作の映画)

-

初見のつもりだったけど、これ昔見たことあるわ!
CGすごいよね

名探偵コナン 純黒の悪夢(2016年製作の映画)

-

安室さんと赤井さん出せば、ファンが喜ぶと思ってるんでしょ!!その通りだよ!!!

聖なる犯罪者(2019年製作の映画)

-

神聖とか業とか、普段考えたり触れたりしない、恐いものに触れた2時間
自分という人間もよく分からなくなってきた。見終わった後、いつもの5倍くらいゆっくり歩いてしまう位ボワーーっとした気持ちになった映画。
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.9

金ローの録画、ひっさしぶり2回目の視聴。
1回目は機内で見た。当時の私は映画を全然見ない人間だったのですが、これを見て、マジで面白すぎて、というか自分のこれまでの映画観が転換されたようで、すごく印象に
>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

-

萌音ちゃんの垢抜けてない感がリアルで恥ずかしくなる、重岡くんの役と演技とても良かった、小松菜奈はアンニュイ感がたまらない、小松菜奈と菅田将暉だから実写化ハマってたね。
途中の挿入歌いらなくね?って思っ
>>続きを読む

名探偵コナン 緋色の不在証明(2021年製作の映画)

5.0

劇場で緋色シリーズは、供給過多で最高すぎて死ねる😇ありがとうございますッッッツ!!!でっかいスクリーンで緋色シリーズ1500円で拝めるとか、安すぎ
次の劇場版、赤井さんなんだ〜でも最近話追えてないから
>>続きを読む

世界は今日から君のもの(2017年製作の映画)

-

サバゲーって単語は知ってたけどどんなものなのか知らなかったから、勉強になった。
門脇麦さんに絶賛ハマり中。声が好きだし顔も好き、かわいい。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.9

エンドロール後にどこからともなく拍手が湧きました。私は見終わって、スッキリした気持ちで劇場を後にしました。Don't stop me now!ってかんじでね🏃
アマプラにあるから多分何回か見返すと思う
>>続きを読む

名探偵コナン 紺青の拳(2019年製作の映画)

3.5

最後の方はヤバすぎてお笑いでしかない。制作陣は、破壊のスケールで鑑賞者を笑わせるスタンスなんですかね笑
コナン映画ずっと見てると、これ壊れそうだなぁとか読めるようになります(純黒の時もとても分かりやす
>>続きを読む

名探偵コナン 時計じかけの摩天楼(1997年製作の映画)

3.9

久しぶりの鑑賞。コナン好きの贔屓目な主観もありますが、ホームズと絡めたり、新一と絡めたりと、初劇場版として優れたクオリティだと思う。95分でハラハラだったり恋愛要素も収めてて、面白さが駆け抜ける!って>>続きを読む

二重生活(2016年製作の映画)

3.6

どういうオチになるのか気になってた映画。
門脇麦のじとーっと感とか、長谷川博己のシーンでの表情の変化とか上手いなぁって思って、そして菅田将暉のキッス(昇天)

ここは退屈迎えに来て(2018年製作の映画)

-

原作の小説を読んでみたくなった。あと、山内マリコの気になってた本があることを思い出した。読まなきゃ!
共感は何一つなかったけど、唯一、私の母校とネクタイ、リボンのデザインが同じだった笑
キャストみんな
>>続きを読む

シーソー seesaw(2010年製作の映画)

-

「シーソー」という題名が秀逸。
バランスが崩れたという点で、私も同じ状況下。

さくらん(2007年製作の映画)

-

監督、脚本、原作、音楽が全て女性という、女性アーティストによるプリンアラモードみたいなモリモリな映画。そしてキャストが豪華。
菅野美穂が美しかった、口元のホクロが良かったです。椎名林檎も口の周りにホク
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.9

公開してすぐ映画館で見て以来の視聴。オチ知ってるから、あんま楽しめないかなー思って見たけど、余裕で楽しめました。2回目見てよかった!!
夜待ち合わせのレイトショー見るデートしたくなった。
今まではまじ
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.9

定期的に見て、ダメージ受けたい刺さりたい🔪(ドM?)
人を好きでいる時の自分って、それは自分なのかな。人を好きになった時の自分も含めて、私という人間なのかな?
「好き」…エゴ、執着、自己満…好きって感
>>続きを読む

想影(2016年製作の映画)

-

面白みは見いだせなかったけど、男の人の手とかまして手先の器用さって男らしさや色気が詰まってるなぁと。なんならずっと少年栄を流してほしかった(私欲)
高杉真宙って声が良いね

ぐちゃぐちゃ(2017年製作の映画)

-

50分のほのぼのムービー
たかむらさんの楽しそうにしてる姿を見て、笑顔を見て、暖かい気持ちにならない視聴者はいない!!!
たかむらさん役の人(石崎なつみさん)、浜辺美波、佐久間由衣に似てて可愛かった

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

-

もしかしたら、もしかしたら自分が、将来結婚の機会に恵まれることもあるかもしれないけど、
まず、結婚はゴールじゃない。夫婦関係を生涯を前提として続けるのが、如何に難しいか考えさせられた。
あと、『花束み
>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

4.1

し、沁みた…
自分今学生だけど、社会人なったらーとか色々考えた
日本の恋愛映画を見直しました。(というのも、恋愛ものは、少女漫画の実写化とかばっかりな印象だったので👉🏻👈🏻)
これはなんか、綺麗な話だ
>>続きを読む

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

4.3

見に行って正解だった。なんかもう1回見たいかもという余韻に浸っている。
『真珠の耳飾りの少女』を見た時も、描く描かれるの関係性、その2人の眼差しとかにギュンギュンしたなぁ。ビターでお耽美で、なんか怖さ
>>続きを読む

ターミネーター:新起動/ジェニシス(2015年製作の映画)

-

シリーズ5作目、ここに来て、ついに飽きを感じた💦時空(?)とか理解しきれなかったせいかな。🤔??ってなってるうちに、いつの間にか終わってたー!

ターミネーター4(2009年製作の映画)

-

今までのと毛色がちょっと違うけど、それはそれで面白い!
現在わたくし、ターミネーターをイッキ見で履修してるけど、数カ月したら内容の記憶飛んでるだろうなー😅💦ま、このままあと2作、見届けます。

ターミネーター3(2003年製作の映画)

-

シリーズ3作目となると、街とか建物破壊しすぎーとか毎度おなじみ命懸けの逃走中とか敵の方が格上とか、慣れですごく軽い気持ちでみれる。だから、どうやって最後敵倒すんだろってとこに関心が向いてた。
Film
>>続きを読む

ターミネーター2(1991年製作の映画)

-

色々と、かっこいい。そして面白い。
最後すぐエンドロールに入るところが、あのシーンの粋さを際立たせていると思った。
ダダンダンダダン。

ターミネーター(1984年製作の映画)

-

2が見たくて、だからとりあえず1作目も鑑賞。昔お兄ちゃんと見た記憶ある。
純粋に、自分の命狙われてるってめっちゃ怖いよねーましてこんな不死身ロボットなんて。普通に怖い。

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

-

コリン・ファースが、コリン・ファースに見えない、ジョージ6世という人に見えた。役者として素晴らしいことだよねこれって👏🏻👏🏻
ここ最近、世界史を勉強し始めたこともあって、歴史や戦争物の映画を見るのに、
>>続きを読む