おしみさんの映画レビュー・感想・評価

おしみ

おしみ

映画(799)
ドラマ(149)

BOYS/ボーイズ(2014年製作の映画)

3.0

思春期、恋愛、友情、家族、スポーツ、の日常を緑と青で包み込んだ映画。とても健康的で、水分量多い感じ。自転車からバイクへの乗り換え、一段階成長してる。
眠れない夜は、どこまで自転車漕いで、アイス食べたい
>>続きを読む

ハニーボーイ(2019年製作の映画)

3.1

オンライン試写会にて。
ノアジュプくん、イケメンすぎて、名演すぎて、大脱帽…
大人がゆえ向き合えない父親と、頼る大人が父親しかいなくて一生懸命向き合おうとする息子の話。生きるのに不器用すぎて辛かった。
>>続きを読む

ヲタクに恋は難しい(2020年製作の映画)

2.1

タカヒロ理想男子すぎる。。
コメディ感出してきたと思ったら、急に歌って踊り出し、ロマンチック気味にして、やっぱりコメディみたいな、永遠急カーブって感じで酔いそうになるわい。
まじでミュージカル部分はご
>>続きを読む

キスから始まるものがたり2(2020年製作の映画)

4.3

待ちに待った2…!!!いろんな人の立場のみんなの気持ち分かるていうもどかしさ、切ないのも、寂しいのも、楽しいのも、自分のことのように十分に感じた。
嫌なやつ誰もいないから本当に良い。マルコも最初はキモ
>>続きを読む

君に届け(2010年製作の映画)

2.5

君届とか、恋空とか、ごくせんとか、春馬は日本の青春代表ですわ…
今見たら、風早は文化祭で告白しろよ!とか三浦ケントは?とか色々思ったけど当時は満足していたんでしょうね。
爽子のスカート短いのだけは、ほ
>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

2.0

最初っから永田が不審者すぎる…山崎賢人でも不審者すぎて、なんでコーヒー奢ろうと思った?
ずっと意味わかんないし、腹立つし、オオクズ野郎で、こんな奴のどこがいいねんって感じだったけど、永田が心の内を話す
>>続きを読む

ハスラーズ(2019年製作の映画)

2.4

世の中、金と性的な欲望です。と言われている気分になり、虚しくなった。
リリちゃんってめちゃくちゃ可愛んだな。貢ぎたくなるほど!

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

コミカルだからこそ、戦争やナチスの恐ろしさや悲惨さが強調されて伝わった。
ロージーの強さと優しさがジョジョにしっかり受け継がれてよかった。無垢な子供が環境によってハイルヒトラーになって、そこから自分で
>>続きを読む

テッド・バンディ(2019年製作の映画)

2.6

実際にテッドバンディを知らなかったら、完全に彼は無罪です!っていう側の人間だったわ。まんまと騙されてる。
犯行シーンが一切ない分、最後にズドンとくる。
もはやすごいエンタメ提供してくるカリスマエンター
>>続きを読む

午前0時、キスしに来てよ(2019年製作の映画)

-

環奈がパンピーで片寄がスーパースターは無理あんだろ…御伽噺ってらやたら言うけど環奈だし、なるようになったな。こちらには夢も希望もないし、綾瀬さんもこちらからお断り…
鼻かじるのってキスの予約らしいんで
>>続きを読む

ロニートとエスティ 彼女たちの選択(2017年製作の映画)

3.0

誰にでも選ぶ権利はあって、自由だって言うけれど、大人になってしまったら人の目とか責任とか色々あって、自分が選んだ道でも息苦しい。決まった形じゃなくて、我慢しないで、無責任だと言われないような新しい形を>>続きを読む

仮面病棟(2020年製作の映画)

2.8

期待したものとは違っていたけどまぁまぁ楽しめた。
映画名乗るほどのものではないような気しかしない。テレビ放送なら大満足なんだけどなぁ

アス(2019年製作の映画)

2.8

しっかり「わたしたち」がやって来た。都市伝説話聞いてる感覚で面白かったわぃ。

愛は、365の日々で(2020年製作の映画)

1.2

Netflixの6月で一番見られたやつ?らしいから見てみたけど、ストーリー薄くて、しっかりセックスするから、もはやストーリー仕立てのAV。
無理強いしないといいつつ、無理強いはするし、拉致監禁とはいっ
>>続きを読む

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

2.5

ラブレターの代筆頼むのも、頼まれるのも変な奴ら!と思っていたけど予想外に大真面目だった。
みんな純粋でいいこで、嫌がらせもそこまで大した事なく、すっきり見れた。

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.0

トキメキしかない。
とても人間らしくて、死の悲しさとか、失恋の辛さとか、羨ましさとか、優しさとか、すべてが愛おしくて、何に泣いてるのか分からないけど、すべてが泣けた。
ティモシーさまさま、ヴッとくる瞬
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

すごい。もう一回見直したら色々見えてきそう、もはや見たくもないけど。
正気じゃないとこから正気に戻るのって一番残酷。モンスターのまま生きるか、善人として死ぬか。悲しい、壮大な贖罪映画。
私って正気だっ
>>続きを読む

インシディアス(2010年製作の映画)

2.0

悪魔系、結局なんだったんだ?ホラー
ジェームズワンへの信頼高すぎちゃったけどまぁまぁこんなもんでしょうな。

ザ・ボーイ 人形少年の館(2016年製作の映画)

3.1

ヘンテコがすぎる。コスグロちゃんの侵入者みたいな感じだった。最近のホラー界で流行ってるのかしら。
見る前にちょっと他の人のレビュー読んで、多くの人が毛もくじゃらが登場すると書いていたので、どんなもんか
>>続きを読む

ドクター・ドリトル(2020年製作の映画)

3.0

可愛い可愛いリスが意外と乱暴な口調の男だったり、ドラゴンが”彼女”だったり、見た目で女か男か決めつけてる自分に気付いてハッとさせられた。ドリトル先生、大尊敬。
そんな深くなさそうで深そう?あんまり難し
>>続きを読む

西の魔女が死んだ(2008年製作の映画)

3.2

公開した時映画館で見たときから、早くおばあさんになりたいと思い続けている。
履歴とか肩書き、名誉、プライドとかがぎゅうぎゅうの場所から早く抜け出して、おばあさんになりたい。自分が好きなように、自分のた
>>続きを読む

プリンシパル 恋する私はヒロインですか?(2018年製作の映画)

-

こんな映画を見てしまったという後悔と共に、自由時間を永遠に持っている優越感を感じた。
子供から大人までやばい奴しかいない、理解出来ないことしかなくて辛かった。
川栄の揺るがない川栄ポジ、そして和央わー
>>続きを読む

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

2.5

なんかずっと??って感じだった。これ子供も楽しく見てんの?難しかったけど私だけかね。思いがけない展開でまた??
半分寝てたからかもしれん

きみといた2日間(2014年製作の映画)

2.0

昨日見たweekendも2日間だったけどこちらも2日。
共感もできないし、羨ましくもない。
医大卒業してんのに就職出来ない世の中むかつくし、人の家のトイレにトイレットペーパー以外の物流すのもは?って感
>>続きを読む

WEEKEND ウィークエンド(2011年製作の映画)

2.7

2日ってこんな充実出来んだ。同じ人間なのに生きるスペック違いすぎる。私なら1日は寝て終わってる。
人生において、今わたし成長してる!変わってる!って思える出会いや、経験てないからどんな感じなんだろうっ
>>続きを読む

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

2.9

私のプレイブック誰か作ってください。
上手く生きられなくて辛い、ラブコメとか言って全然ラブコメじゃないじゃん…って思ってたけど、謎に時々笑えた。どんな小さいことでも嬉しかったら全力で喜んでいいんだよね
>>続きを読む

パーフェクト・ゲッタウェイ(2009年製作の映画)

2.6

ハワイが舞台の「怒り」お気楽バージョンみたいだった。
伏線の張り方が微妙だったけど、割とスピード感あって見てられた。しかし、事実発覚!から終わりまでが、遠過ぎて無理だった。もう分かったから落ち着け〜っ
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

2.4

異常に壮大な世界が作り込まれていたが、変な奴しか出てこない。映画なのに漫画感がチロチロしてるんだよな…漫画で読む良さと映画で見る良さは違うんだから、ギャグ感とか漫画に忠実第一!(漫画読んでないから分か>>続きを読む

アナザー・カントリー(1983年製作の映画)

2.6

イギリスの名門スクールといえば、エディレッドメインとトムヒできゃ〜って感じだけど、もはやイギリス版英徳学園のようだった。名門の中でもカラーベスト着た権力者いて、それに憧れ、マウントを取りあう。ジャニー>>続きを読む

いま、会いにゆきます(2004年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

日本の生活感あふれる家、日本特有の四季、梅雨が明けたら夏が来る。当たり前の環境の中のファンタジックなストーリー。
自分の死を目の当たりにしても迷わず選べる人に出会えたのうらやましいよ。
獅童が思いがけ
>>続きを読む

それでも恋するバルセロナ(2008年製作の映画)

2.6

哲学〜〜
芸術ってだけで何でもありになるな、オシャレだし、深い!って感じてしまう浅はかな人間は私です。
1時間半ぐらいでテンポいいし、スペイン音楽でノリノリ、ナレーションもはいるから、理解できない人た
>>続きを読む

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)

2.8

LGBTて一括りにされがちだけど、レズビアンでもトランスジェンダーを理解できなかったりするもんなんだっていう衝撃。
母親がレイを受け入れてんのに怖いもんある?って見始めた時思ったけど、気持ちってそんな
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ポケモンの世界と現実を上手に融合したな…よりリアルさを追求して鳩飛ばしたり、コイキングの水槽の横に金魚とか設置してほしかったわ(どうでもいい) 
ライアンレイノルズの声でもピカチュウ可愛いし、最後本人
>>続きを読む

ハングオーバー!!! 最後の反省会(2013年製作の映画)

3.5

1と2の尻拭いする最終話!
キリンを首チョンパして、怒られて、パパ倒れてるのにビリージョエル聞いて気づかないの流石に許せないよ?笑えないよ?って思ったけど、精神病院入れるってみんな言ってくれて良かった
>>続きを読む

ストーンウォール(2015年製作の映画)

3.0

6月のプライド月間の起源のストーンウォールの反乱の話、らしい。
ダニーがニューヨークに来るずっと前からストリートで毎日暴力や差別に耐えながら生きているレイたちがいるのに、大学進学が決まっている新入り白
>>続きを読む

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える(2011年製作の映画)

3.5

前作、ラスベガスのバンコクバージョン。
虎の代わりに猿がいて、ダグの代わりにテディが居なくなって、赤ちゃんの代わりに爺さんを抱えて、前歯なくなる代わりに顔にタトゥー。大体一緒でまあまあ面白い。
でもブ
>>続きを読む

>|