nooooonさんの映画レビュー・感想・評価

nooooon

nooooon

美大生。
映画好きと自己紹介するにはまだまだ足りません。
アカデミー賞の授賞式に行くのが夢。

映画(275)
ドラマ(3)

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

-

シンプルなストーリーと
コミカルな描写に
考え抜かれた綺麗な映像がマッチして
すごく見応えがあった。

わたしも、「いま時間を止めてこの瞬間を描きたい」と何度思ったことか…

マイ・マザー(2009年製作の映画)

4.0

ドラン監督が好きになって、
これがデビュー作ということで手に取りました。

自身が主演を務めていることもあり、まさにドラン監督の世界観や伝えたいことが詰められてる作品だった…

ラン・ローラ・ラン(1998年製作の映画)

4.5

好き!
私が普段一人で考えてることを映画にしてくれた!と感動しました。

日常生活の中で、本当に一瞬の判断だったりほんの偶然が180度違う結末を起こしたりするんだよね

ヴァージン・スーサイズ(1999年製作の映画)

4.0

何という切ない映画。

彼女たちは本当に「死」を選ばなくてはならなかったのか、考えてしまった。

私だったら…と考えたが、そんな家庭でもないし、あまりに状況が違うと、リアリティのある想像ができなかった
>>続きを読む

胸騒ぎの恋人(2010年製作の映画)

-

ドラン監督作品。
最高です。

最高のクリエーターだと思ってます。

オーメン(1976年製作の映画)

-

ホラー映画は見れないのに、wowowでかかってたばっかりに見てしまった…

やってしまった…

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

-

「The・アメリカ」という感じの映画

そしてこの鮮やかなエンディングは
やっぱりスティーブン・ソダーバーグ監督らしくて素敵!

楽しめる映画でした!

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

-

内容はえげつないけど、
これがリアルなのかもしれないと思った。

終わり方、拍手!!

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

-

笑えてくるくらい徹底的に救われないシーンとか、T-rexの圧倒的強さとか、そういうのが初期のジュラシックパークを思わせてとてもよかった

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

さすが是枝監督。

とにかく考えてしまう。
セリフにあった、「選んだ方が絆が強い」っていう言葉が、すごく深いと思った。
最近のニュースを見ていても、周りを見ていても、それは言えてるのかもしれないと感じ
>>続きを読む

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

4.2

キラキラしてて、美しくて、本当に好きなお話。
映画ってこういうのだよなって思った。
そしてジュリアロバーツきれいすぎ。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

-

難しいテーマだけど、なぜか共感できるところがあった気がした。
そして、とにかく純粋な感情なんだって思ったし、きれいだと思った。

ラスト・べガス(2013年製作の映画)

-

最&高。
キャストが豪華なのは言うまでもないけれど、個人的に、こういう、高齢者が人生をエンジョイするお話が大好き!笑笑

どのシーンも素敵で、夢がある!
こんな生き方がしたい!!笑笑

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

4.2

難しい…

でも、やっぱりドラン監督好き。
ほんとに最高。
映像の美しさがもうほんとに異次元。

プラネタリウム(2016年製作の映画)

-

ナタリーポートマンが美しい!!

ただ、ストーリーは難解。
(わたしの理解力が足りないのかな…)

切ない雰囲気がずっと続いてた気がする。

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

4.2

青春映画!!…だけど、そんな爽やかなお話ではない笑笑

そっか、「こっち側」の青春もあるんだなぁって思った。

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

-

なんともいえないテンポが続いて、終始恐怖心を煽ってくる。

ムーンライト(2016年製作の映画)

-


アカデミー作品賞を受賞したということで、鑑賞してみました。

LGBT、人種差別、麻薬、などのあらゆる問題を具体的に表現した作品だった。

セリフが少なく、音楽も少なく、ただ美しい映像と微かな表情の
>>続きを読む

ライフ・イズ・ビューティフル(1998年製作の映画)

4.3

切なすぎる。
でも、本当に暖かい作品。
なんて素敵なお話だろうと思う。

なんて言っていいかわからない感情になる。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.5

映画が好きで、
音楽が好きで、
レトロが好きで、
色が大好きなわたしには、ぴったりな作品でした。

なにより、出てくる音楽がいちいち最高!
ぐいぐいツボを押してくる。

ファミリー・ジャンブル(2016年製作の映画)

-

国際線で鑑賞。
すごくほっこりする映画。
イタリア語音声なのもまたいい。

幸せな家庭で育った主人公。
中学校に進学すると、周りの家庭はみんな離婚していた。そして、その子たちはそれぞれの親から存分に甘
>>続きを読む

>|