Ayaさんの映画レビュー・感想・評価

Aya

Aya

映画(116)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ブレイブ・ロード~名もなき英雄~(2017年製作の映画)

4.3

戦争という悲しい現実の中で彼女が生き残ったことは多くの人の心に残るだろう。そして彼女を救ったスレイマンにも称賛だ。

ジュリアン(2017年製作の映画)

3.6

高圧的態度がずっと続いて怖かった。傷つける側の心理状態ってどうなっているのだろうか

きみにしか聞こえない(2007年製作の映画)

3.2

何度も祖母にカセットテープの内容を聴く小出恵介さんの演技が素敵です。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.3

クドゥーと叫ぶ男の子の顔が忘れられない。Google Earthの凄さを見せつけられた。彼の意志と記憶が再び家族と結びつく。

ペット2(2019年製作の映画)

3.2

子供が見たら喜びそうな映画です。声優陣にも注目!

亜人(2017年製作の映画)

3.8

飛行機が突っ込んだり、手がちょん切れたり衝撃的なシーンもありますが佐藤健と綾野剛のバトルから目が離せなくなります。

黄泉がえり(2002年製作の映画)

3.6

学生の頃に見たけど大人になってからまた見ると更にぐっときた。

四月の雪(2005年製作の映画)

2.4

冬ソナ以来のヨン様。端正なヨン様と色っぽいソン・イェジンが見所。

スタンリーのお弁当箱(2011年製作の映画)

4.8

インド映画は人情味がもろに伝わってきて心打たれる。

ライオン・キング(2019年製作の映画)

4.3

またいい映画に出会いました。朝日以外は全部CGだなんて思えないほどのリアル感‼

僕の彼女を紹介します(2004年製作の映画)

4.1

猟奇的な彼女の方から見たので、そういうことだったのかと2度楽しむことができました。

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

人を食べる怪物と何となくの情報で見ましたが演技が勝っての面白さになってますね。上映中のも見たくなりました。

セブン・イヤーズ・イン・チベット(1997年製作の映画)

3.3

ヒマラヤ、チベット、中国の広大な大地に魅了する。若きブラッド・ピットにも注目だ。

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

5.0

最高にハッピーになれる映画。心も体も満たされる。善とはこういことをいうのだ。

タイムライン(2003年製作の映画)

3.8

フィクションだけどもしこんなことができるようになったらと好奇心をくすぐる作品。

ダイナソー・プロジェクト(2012年製作の映画)

2.1

最初の段階から次々に喰われていく。最終助かったのかはモヤっとで終わる。

アイズ(2008年製作の映画)

3.3

百聞は一見に如かずの意味がリアルに伝わってくる。自分の目で確かめるしかないのだ。

ミニミニ大作戦(2003年製作の映画)

3.9

銃撃戦少なめ、軽めの話。16年前の映画だからキャストの若さが溢れてた。

リターン(2007年製作の映画)

2.5

二転三転劇。術中覚醒というものの怖さを知る。

あなたの初恋探します(2010年製作の映画)

3.6

女子うけ抜群‼いい言葉ばっかりで胸に刻まれました。

ジュラシック・プロジェクト(2014年製作の映画)

1.3

ダイナソープロジェクトと間違って借りてしまったが終始体に力が入るほどの恐さはあった。ドキュメンタリー調で本当の話なのか気になった。

天気の子(2019年製作の映画)

3.8

今の異常気象と重なって考えさせられるものを感じた。感動的なシーンもあり歌とともに楽しめた。

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

4.3

この過去があるから今があると思うと肯定も否定もできない思いでいっぱいだ。

ホワイトシャーク(2018年製作の映画)

2.3

サメのCG感が...サメ映画に美女ってのがよくセットになるよね。妹役がめちゃきれいでした。

食べる女(2018年製作の映画)

4.3

人生を美味しく生きてる女達。とーっても味のしゅんでる映画でした。

レッド・ライト(2012年製作の映画)

3.0

ロバート・デ・ニーロはすぐ見破れたけどその後が気になって気になってしょうがなかった。期待を裏切らない結末です。

呪怨 終わりの始まり(2014年製作の映画)

2.1

一瞬時系列が分からなくなったけど、久々に見ると怖かったです。

>|