一葉さんの映画レビュー・感想・評価

一葉

一葉

映画(82)
ドラマ(0)

二百三高地(1980年製作の映画)

4.0

戦争 の辛さを誠実に描いていると思う。
平和な世の中では家族が第一ですが、国の危機があれば身命を賭して戦いたいと思います。

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

3.0

アウシュビッツ生き残りの認知症おじいさんが、ナチの残党狩りに行く話。
途中から結末がなんとなく読めるけど、良くできている映画だからか最後まで退屈せずに見れました。

われらが背きし者(2015年製作の映画)

3.0

なんだか主人公の動機の裏付けが弱い気がしました。

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

3.0

分からない部分が多かったけど、面白かった。もう一回見たいな。
原作者は、元英国諜報部員。

ウィザード・オブ・ライズ(2017年製作の映画)

4.0

Do you think I’m a sociopath?
実際の金融犯罪を基にした話。
面白くはないけど、興味深く見ることができる映画です。

帝一の國(2017年製作の映画)

3.5

総理大臣になって自分の国を作るために、名門高校の生徒会長を目指すという話。
コメディでふと見始めたら最後まで見てしまった(笑)

キャロル(2015年製作の映画)

3.0

特段偏見ないからか、時代的に認められないものだったんだろうなというくらいの感想。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.5

パリ行きでの列車の中でのテロリストと闘った3人組の実話。鑑賞後もすっきりしてて良いと思います。

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

4.0

もっと古臭いのを想像してたけど全然そんなことなかった。
人類誕生から遥か未来まで、モノリスという架空の物体をベースに描いた壮大な物語!

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

米国初の有人宇宙飛行を支えた黒人女性たちの物語。

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

3.5

期待せずに見ると面白い(笑)
多くの芸術家が女性から霊感を受ける、同意!

ゼロ・ダーク・サーティ(2012年製作の映画)

3.5

どこまでが事実なのか分からないが、日本にいると縁が薄いテロの恐怖を身近に感じることができて良かった。

スカイ・クロラ The Sky Crawlers(2008年製作の映画)

4.0

Huluで出ていたので、久しぶりに見ました。人によると思うけど、個人的にはとても綺麗で泣けるお話。

13時間 ベンガジの秘密の兵士(2016年製作の映画)

4.0

リビアの米国領事館襲撃でCIAを守って戦った民間軍事会社の実話。

マシニスト(2004年製作の映画)

3.5

主人公が痩せすぎてて、中身も暗いけど、良くできた作品だと思いました。

レッド・ドーン(2012年製作の映画)

2.5

何故北が攻めてきたのかよく分からなかったし、最後もよく分からなかった...
集中してなかったからかも。

ソードフィッシュ(2001年製作の映画)

3.5

途中から最後がなんとなく読めるけど、リズム感があって楽しく見れました!

デイ・アフター・トゥモロー(2004年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

こんなに急激な気候の変化は想定されるのかな??
もっと真綿で首を絞めるように地球はダメになっていってると思ってる。

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

4.0

今後、人類の生きた証として、AIが発展して欲しいと思う。

ブラッド・ダイヤモンド(2006年製作の映画)

4.0

シエラレオネでダイヤモンドのために流された血の物語。説教臭いのかと思ってたけど、目が離せなかった。
10年くらい前に難民キャンプで同国から避難してきた人と会ったことがあり、語りかける言葉がうまく見つか
>>続きを読む

ココ・アヴァン・シャネル(2009年製作の映画)

3.5

デザイナーになる前のココを描いた作品で、女性の服装革命前夜って印象を受けました。

ゴッドファーザーPART III(1990年製作の映画)

3.5

ゴッドファーザーは、一貫してマイケルの物語で、彼の生き方を考える映画なのだと思いました。
最後が切ない。

ゴッドファーザーPART II(1974年製作の映画)

3.0

顔がなかなか覚えられず、行動理由がすっと頭に入らなかった。
ファミリーがいなくなっていくね。

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

3.5

通勤途中にポツポツ見ました。
うるさくなくて味わい深く、見終わってファミリーって考えた時に、明るくない何かを胸に感じるようになる映画でした。

ディレクターズカット ブレードランナー 最終版(1992年製作の映画)

3.0

よくわからない部分があった。
森博嗣のWシリーズが似てるけど、これは共存がうまくいってない退廃的な世界。
すごいのは、1982年にこれを作成したことかと思う。

アバター(2009年製作の映画)

4.0

侵略する側が人間で、自身の正しさを前提にしてないから社会の成熟を感じました。

>|