やすほ

やすほ

学生。19歳。
レビューは地道に書いていきます!周りに映画について知識のある方がいないので、filmarksを通じて映画について語り合いたいです!気軽にフォローお願いします(^^)
いつか自分の思う"珠玉の名作"に出会いたい!

追いつめられて(1987年製作の映画)

3.5

父親が適当に貸してくれた作品でしたが、割と面白かったです!ケヴィン・コスナーがたまらなくカッコ良かったです!まんまと騙されました!

光をくれた人(2016年製作の映画)

3.5

最近忙しくてレビュー書けてなかったので、最近ちょこちょこ観ていた映画のレビュー投稿していきます!

デレク・シアンフランス監督の全二作ともお気に入りの作品で、今作の主演がマイケル・ファスベンダーと
>>続きを読む

フランス組曲(2015年製作の映画)

3.5

ミシェル・ウィリアムズじゃなくていい感があった。

ザ・ハリケーン(1999年製作の映画)

3.4

前にアンビリーバボーかなんかの番組でこの話を見た気がする!

ロレンツォのオイル/命の詩(1992年製作の映画)

3.5

実話だと知って驚きました。
子供を救いたいという一心で一途な想いから、子供を救う治療薬を発見します。スーザン・サランドンの病的な演技に感嘆しました。

勝手にしやがれ(1959年製作の映画)

4.0

ゴダール二作目。『気狂いピエロ』よりも観やすかった印象です。

ボルサリーノ(1970年製作の映画)

4.0

カッコいい。実力のあるチンピラがどんどんのし上がっていく物語。
まず主役がジャン=ポール・ベルモンド×アラン・ドロンを持ってきている。ベルモンドのフラフラしてプレイボーイな雰囲気と、ドロンの真面目
>>続きを読む

マドモアゼル(1966年製作の映画)

4.5

祖父が一番好きな女優がジャンヌ・モローなんですけど、今作はとにかく怖かったです。傑作です。
婚期を逃したマドモアゼルが、暴走します。モノクロ作品だからより味わいがあって、たまらなく好きでした。

危険なメソッド(2011年製作の映画)

2.5

公開当時観に行きたかったものの、年齢制限に引っかかり無理だった今作。序盤からキーラ・ナイトレイの演技に魅了された。

海辺の家(2001年製作の映画)

3.5

ケヴィン・クラインはまり役です。メアリー・スティーンバージェンも!

ちょっといらん要素多めでしたが、ストーリー全体としては良かったです。

潜水服は蝶の夢を見る(2007年製作の映画)

4.5

タイトルが素晴らしいです。脳神経の先生がオススメしてくださった作品です。

言葉を話せなくなり、体も動かせなくなった、まるで潜水服を着ているかのようなジャン=ドミニクの心の声は私たち視聴者には聞こ
>>続きを読む

ターミネーター(1984年製作の映画)

4.0

私が遠い昔に観たことあるターミネーターはおそらく2の方でした。今回初めて観ましたが、一節も観た記憶がありませんでした。

シンプルに面白かった。ラストの畳み掛けるドキドキは、さすがキャメロン監督だ
>>続きを読む

ナポレオン・ダイナマイト/バス男(2004年製作の映画)

3.0

主人公の常に口半開きなとこ、地味に威勢がいいとこ、動き方キモいとこ、髪型服装がダサすぎるとこがほんまに見どころ!初めはまじキモいと思ってたが、次第に慣れてくる。こーいうやつ学校で浮いて、陰でめっちゃ>>続きを読む

ダウン・バイ・ロー(1986年製作の映画)

4.0

ジャームッシュ監督のこの絶妙なゆるさによるおしゃれ加減がたまらない。初期の3作の中では1番好きです。

反りの合わないジャック、ザック2人と陽気なボブの組み合わせが面白いし、何やかんやでジャックと
>>続きを読む

クルーレス(1995年製作の映画)

3.0

イギー・アゼリアのおそらく1番売れた曲『Fancy』のPVは、今作がモデルになっていると見終わってから気づいた。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.0

サルーが母親に再会するシーンを想像するだけで泣けます。迷子になった少年を養子にして立派に育てたオールトラリアの両親の深い愛にも打たれました。

貧しいながらに家族支え合って満ち足りた生活をしていた
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.5

ヘイリー・スタインフェルドがめちゃくちゃ可愛い!お兄ちゃんと何でも比べられて、私は不幸なんだって感傷に浸ってるダサめの女子高生役にピッタリ。

とにかくこれは兄妹愛の作品。

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

4.0

一昨日観てきました!もうラストのカーアクションが最高だったのと、コメディ要素も多めで笑ってしまいます!

前作のSKY MISSIONの方がアクション多めで見応えがありました。今作の中盤は意外と微
>>続きを読む

こわれゆく女(1974年製作の映画)

4.5

1974年製作、"インディペンデント映画の父"と言われた米国の俳優でもある名監督ジョン・カサヴェテスの作品。今作では、カサヴェテス監督の妻であり精神疾患を患った女性を演じたジーナ・ローランズがゴール>>続きを読む

パーマネント・バケーション(1980年製作の映画)

4.0

主人公の独特のダンスのシーンが長くて、ツボだった。世間に馴染めず、1人でいきていた方が楽だと思う主人公。助けてくれる者もいない。ラストに出会う似た格好の少年の存在によって、自分と同じような奴がいるん>>続きを読む

ストレンジャー・ザン・パラダイス(1984年製作の映画)

3.5

ジャームッシュ監督のジワジワくる映画。何も考えず、ただただ流し見したい。

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.0

20年越しに『トレインスポッティング』の続編が公開されるなんて。ファンからしたらこれほどのサプライズはないでしょう。監督は前作に引き続きダニー・ボイル。出演陣は20年の時が経ったように感じさせないほ>>続きを読む

バッファロー’66(1998年製作の映画)

4.5

あー。たまらなく好きな映画だった。
まずヴィンセント・ギャロの癖強めの顔にまず惹かれた。

家族で囲むテーブルのすごく平面的な撮り方がダサすぎて逆に良かった。あと、急にお父さんが歌い出してスポッ
>>続きを読む

欲望(1966年製作の映画)

4.0

60年代の人間のメタファーがこの作品のテーマなのだが、これは現代にも精通するだろう。

ぼくとアールと彼女のさよなら(2015年製作の映画)

3.5

名作のパロディー映画がめちゃくちゃツボでした。作品のチョイスも、タイトルのつけ方も面白すぎます!!

>|