いでおんさんの映画レビュー・感想・評価

いでおん

いでおん

  • List view
  • Grid view

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.5

ストーリー的にあまり急展開がある訳ではなくむしろどこにでもありそうな話。

コンプレックスを抱えながらもそれを個性として付き合いながら、ユーモアにあふれ紳士的な振る舞いする主人公が素敵だった。

ギャ
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

4.0

暗い雰囲気や構成によって物語が進むにつれてどんどん引き込まれる映画。

最後の結末は衝撃だった。

亜人(2017年製作の映画)

4.0

気持ちいいくらいにテンポが良く、最後まで集中できた

終始、佐藤健演じる永井圭と綾野剛演じる佐藤の対立という構図で描かれ、
最低限の設定かつあまり登場人物にフォーカスをあてないことで誰にでもわかりやす
>>続きを読む

ザ・シェフ 悪魔のレシピ(2016年製作の映画)

3.0

街のろくでもない若者たちを殺してケバブにする店主の話。
人肉ケバブだけにさぞかしグロいのだろうと思ってたら、グロシーン自体は割と少なめ。
ホラーよりむしろ移民問題や人種差別問題などが中心の社会派映画。
>>続きを読む

ゾンビ・サファリパーク(2015年製作の映画)

3.0

設定が面白い。
まさにジュラシック・パークのゾンビ版。
コメディ色強めかと思いきや中身は真面目にゾンビ映画してた。

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

4.0

ストーリー自体はわかりやすく、また展開が何度も変わるので単調になることなく、約90分間終始緊張しっぱなしだった。
ただし、どの登場人物にも共感できないかもしれないが、それを差し置いても非常にスリリング
>>続きを読む

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

4.2

森田剛くんの演技が本当に素晴らしい
序盤の会話などからすでにこいつ何かヤバイと思わせるような空気感があり、話し方や目だけでもゾッとするような恐怖を感じた
構成も日常が段々と狂気に染まってくる緊張感やタ
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

4.0

終始スタイリッシュなアクションで爽快感が気持ちいい
冷静に見ればかなりグロいシーンもあるがテンポが良くコミカルなシーンとのバランスも良いためあまり気にならなかった
とにかくスーツに黒縁メガネの紳士がオ
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

4.0

まさに美しい暴力
音楽やファッション、建物まで全て魅力的な世界観
繰り返し見たくなる作品

ライチ☆光クラブ(2016年製作の映画)

3.0

世界観やキャラクターに引き込まれるけど色々とおすすめはしづらい作品
とにかく中条あやみちゃんが美しい

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.0

恋愛映画だと思って見てみたらそれだけじゃかった
1日1日をもっと大事にしようと思えた

ストレイト・アウタ・コンプトン(2015年製作の映画)

4.0

hiphopにあまり詳しくなかったけどhiphopが好きになった
差別や人間関係のトラブルに合いながらも音楽で自分の感情を表現する姿がかっこいい
そしてライブシーンはかなりアツかった