夙沖波耶音

夙沖波耶音

ボンヤリと見た映画についてボンヤリと呟きます。
あまりあてにはなりません。
ひきこもりなので映画館に行くのは稀です(笑)

アマゾンプライムとケーブルと。
ドキッとする系のホラーは苦手です。
皆さんのレビューを参考にしてから作品を観ることも多々あります。

好みや観る作品に、かなりの偏りがあります(笑)

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

4.3

主人公の存在自体がもう普通じゃない感じがしました。
瞳孔開きっぱなしというか、目力というか、ヤバさが前面に出ています。

そしてこういう部類の人に多いであろう口のうまさ。
喋り倒します。

グイグイ引
>>続きを読む

ライアーゲーム 再生(2012年製作の映画)

3.4

どうしたって戸田恵梨香さんと比べられてしまう悲しい役柄の多部未華子さん。

必要性をあまり感じないライアーゲーム川の江角さんとか。

なんだかぼんやりしながら流れで視聴してた感じ。

まあ、こんな終わ
>>続きを読む

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ(2009年製作の映画)

3.4

さらっとしたものが見たくなり視聴。

頭が悪いのでついていくのにやっとでしたよ(笑)

ストロベリーショートケイクス(2006年製作の映画)

3.6

原作者ご本人が出演されているということで視聴。
大好きな漫画家さんの1人なので。


女性視点。
女ってめんどくさい、しんどい。
それでも。。。ってところかなあ?

ピースオブケイク(2015年製作の映画)

3.5

綺麗な里芋こと松坂桃李さんが頑張ってるのと峯田さんが出てた。

漫画の世界観を実写化することの難しさというハードルがかならずあって、でもこれはこれで恋愛映画としてはありなのかなと。

正直、恋愛初期の
>>続きを読む

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

4.4

非常に日本的な良さ。
そこかしこにありそうな日常を本当にバランスのとれた素敵な役者さんたちが演じていました。

さらっとした台詞の中にも、
すごく深みがあって

親子、姉弟、別れた夫婦などの絶妙な距離
>>続きを読む

チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像(2014年製作の映画)

3.5

テレビドラマのシリーズを見ているかいないかで、面白さが変わってくるのかなあ?

レビューではないんだけども、知り合いが松坂桃李くんのことを綺麗な里芋と表現したんですが、彼をテレビや映画で見るたびに綺麗
>>続きを読む

悪人は生きている(2014年製作の映画)

3.6

韓国サスペンス映画作品としては、
もう少しかなと。
期待しすぎて観る前からハードル上がっちゃう(笑)

あーでも、ラストのラストでタイトルが活きてくる。

やはり、このモヤーッとした終わり方が韓国の作
>>続きを読む

ライアー・ハウス(2012年製作の映画)

3.9

オープニングの朝食を作っているであろうすごい接写のシーンで、あー、この作品はちょっと変わっていて面白いかもと期待させられました。

終始誰かが叫んでいてうるさいし、あれやこれやで若干グロいわけなんです
>>続きを読む

インサイド(2016年製作の映画)

3.2

二度観ました。
一度目は途中で寝ました(笑)

なんだか最後まで同期がよくわからないまま進行して行きモヤモヤがたまります。

まあ、狂っちゃってはいたんだろうけども、たいしてドキドキハラハラもないので
>>続きを読む

だれかの木琴(2016年製作の映画)

3.7

うまく表現することが難しい作品でした。

個人的にはすきなタイプの作品です。

池松さんは自然体な演技だし、
常盤さんは自然体なストーカー気質だし(笑)

ストーリー的にはずーっと平坦な感じではありま
>>続きを読む

人生スイッチ(2014年製作の映画)

3.5

何か観たことあるような気がするなーと鑑賞していましたが、世にも奇妙な物語!!

オムニバスでわりとブラックでテンポも良く案外スムーズに堪能できました。

やっぱりオープニングのお話がインパクトあったか
>>続きを読む

サイド・エフェクト(2013年製作の映画)

3.9

こちら側の人間としては精神科医療、そして良質なサスペンスとニヤニヤが止まらない作品でした。

お薬の名前がポンポン出てくるので
あー、それねー!とかなります(笑)

タイトルの通り副作用がテーマ。
>>続きを読む

ライアーズ・ゲーム(2012年製作の映画)

3.0

この大きなお腹の女刑事さんも何かあるのかなー?
とワクワクしながら観ましたが、まったく関係なかったです(笑)

あれ?
容疑者7人とかじゃなかったっけ??
主要なのは4人だけだよね?(笑)

割と普通
>>続きを読む

ウソ発見器 -YES or NO 生死を賭けた選択-(2013年製作の映画)

3.3

ジャケットにあるような仕掛けの冒頭はかなり期待させるものがありました。

でもなー、あとはなー、
なんだかなーが続くだけでした。

しかも謎のオチ。

作品自体がウソみたいな観てる側を騙す感じ(笑)

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

3.4

なんでこの作品を借りてまで観ようとしたのか少し後悔しました(笑)

まー、意識高い系大学生の活動的な団体が
なにも知らないで、調子に乗るとこうなるよ的な(笑)

食に対する文化が違いすぎましたね(笑)
>>続きを読む

ミッション:15(2013年製作の映画)

3.0

あらすじに書いてある通りで、それ以上でもそれ以下でもなく(笑)
そのままでした。

特にいままであったことの手のものと比べても少し劣るかなあーと。

狭いところに閉じ込められるのは個人的にはとても嫌で
>>続きを読む

ザ・キューブ ファイナル・トラップ(2014年製作の映画)

2.0

邦題と煽り文句が酷すぎて笑ってしまうのがわかっていて観ましたが、やはりとても薄い内容の作品でした。

あとはみなさんのレビュー通りの違う意味で期待を裏切ってくるかんじでした(笑)

偽りなき者(2012年製作の映画)

4.0

今ちょっと人間が信じられなくなっているひとが観るとさらに人間が嫌いになれる作品です。

あらすじは他の皆様がかいてらっしゃいますが、小さな子の小さな嘘が、みるみる異様に膨れ上がり、主人公を孤立化させ、
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.0

ラストシーンで、
えーっと思いながらも
なるほどなーと温かい気持ちになりました。
銭湯だけに(笑)

どう生きて、どう死んでいくかというのは
永遠の宿題ですが
そういうことを少し考えさせられます。
>>続きを読む

獣は月夜に夢を見る(2014年製作の映画)

3.4

北欧の独特のトーンと言いますか
風景と少女はすごーく絵になってました。

たいした理由の説明もないままに
タイトル通りな感じでお話は進みます(笑)
抗いきれない身体の変化。

しかしー、なんかイマイチ
>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

4.5

これはやばい邦画を観ました。

後味の悪さが自分好みで
すごく良かったです。
オススメしてもいいやつなのか迷いますけど(笑)

浅野忠信さんという役者さんは、
不思議な空気感を身に纏ってるなーと
>>続きを読む

ジャッジ 裁かれる判事(2014年製作の映画)

4.5

これは渋い名作。
父と子の確執、愛と絆を法廷劇を通して
見せるとか、ちょっとグッとくるものがありました。

親子共々、頑固だなー(笑)
似てるんでしょうね。

すこーしだけ長めなので余裕があるときに
>>続きを読む

チャイルド44 森に消えた子供たち(2014年製作の映画)

3.8

シリアルキラーの出てくるミステリー物を期待しているとガッカリするかも。

社会主義政権の下では、殺人は存在しない、資本主義の弊害と捉えられていて
犯人を探そうとする主人公が政治的なパワーゲームも加わり
>>続きを読む

フェティッシュ(1996年製作の映画)

3.7

なるほどータランティーノさんが絡んでるのかー、それっぽい(笑)

殺人事件マニアとシリアルキラーが出会うお話。
ブラックなコメディとして見てたけど、正解なのかな?
ラテンな音楽がよかったなー。

沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇(1995年製作の映画)

3.4

2回ほど寝落ちしてようやく見終わった。 見終わるのに3日かかった(笑)

必死に隠す自分の性質。
これてすよ。
そんなに隠さないといけないものなの?
助けを請うたりら ら、ふいろいろできたのでは?とか
>>続きを読む

疑惑のチャンピオン(2015年製作の映画)

3.7

展開のスピードのある作品でした。
自転車だけに(笑)

ここまで必死に嘘で塗り固めて
築き上げた富も名声も
バレてしまえば一瞬。

かなしいお話だなー。

この後も続く人生を考えたら、
ちょっとまとも
>>続きを読む

ヴィタール(2004年製作の映画)

3.6

塚本晋也監督作品にしては、直球だなー、かなりひねくれてるけど(笑)

感情的起伏は少なく淡々としすぎている気もするけど、このくらいのほうが心には残ります。

解剖云々は置いておいても。

奴隷の島、消えた人々(2015年製作の映画)

3.6

実話が下地になっており、さらにPOV方式の良い意味で粗っぽい映像が、さらに不安感を煽る。

結構ラストの方までひっびりまくりますので、そこはちょっと眠くはなりますけど(笑)

韓国映画のサスペンス物は
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.9

原作を読んでから作品を鑑賞すると、より楽しめるんじゃないかなあーと思いました。

就職活動をしたことがないので、
アレですが、しんどさは伝わってきます。

ツイッターあるある、就活あるあるですね。
>>続きを読む

hide 50th anniversary FILM 「JUNK STORY」(2015年製作の映画)

4.3

今年200本目の映画でした。

こんなに歳月が過ぎても
色褪せることのないロックスター。

様々な懐かしいアーティストの証言などもあり、もちろん歌も聴けて最高でした。

ネイバーズ(2016年製作の映画)

3.2

うーん、期待してたのと違いました(笑)

一応ハラハラドキドキはできたけども、
もう少しクレイジーな(笑)ほうが好みかなー。

後半のスピードが出だしてからは面白かったです。

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

2.8

これを観て喜べるのは菅田将暉さん、小松ナントカさんのファン、もしくは十代くらいじゃないかなと。
すごーくしんどかった(笑)

漫画は好きなんだけどな。

正直痛々しすぎて、
観てられませんでした。
>>続きを読む

龍三と七人の子分たち(2015年製作の映画)

3.8

北野武という人の圧倒的な振り幅の広さというか、
あ、違う、多分好きなものを好きなように作ってるんだろうなと毎回思います(笑)

勿論、利益も考えてるとは思うけど。

対して笑えないボケが逆に面白かった
>>続きを読む

プールサイド・デイズ(2013年製作の映画)

4.5

これは素敵。かなり素敵。
夏の前に観て、夏に観て、夏の終わりに観るといい(笑)

この年齢になっても胸を打つので
若い子が観たら、もっとくるものがあるかも。

内向的で無口なイケテナイ主人公のダンカン
>>続きを読む

>|