ベべべっちさんの映画レビュー・感想・評価

ベべべっち

ベべべっち

映画(800)
ドラマ(1)

ラブ・リミット(2012年製作の映画)

4.0

原題…ネバーエンディング・ストーリー

同じ日に、同じ病院で、同じ症状で、共に余命3ヶ月〜6ヶ月ぐらいと宣告された男女同士のラブコメ。
内容よりも気になってしまう邦題。
ラブ・リミットとは何ぞ?😂
>>続きを読む

ペルシャ猫を誰も知らない(2009年製作の映画)

4.0

”ここでは自由な音楽ができない”

映画もダメなんだったら音楽もまた然り。

冷静に考えればわかりそうなことだったのに全然気づいてなかった💦
自由な映画を作るのが困難な国イラン。
肩身の狭い思いをして
>>続きを読む

FLU 運命の36時間(2013年製作の映画)

4.4

ユ・ヘジンに惚れる

原題『감기』…風邪
謎のウイルスが急速に蔓延し、パニックに陥った都市でのサバイバルムービー。

今観ると、これは映画だから…と完全には割り切れない。その演出はちょっと過剰ではない
>>続きを読む

さくら(2020年製作の映画)

4.2

🥬怪演🥬

予告編を何回みてもどういう話なのかイマイチ掴めなかった作品。

改めてあらすじを読み直してまとめると、、
音信不通の父が2年振りに家に帰ってくるから始まり、次男も久々に帰省するが、そこに長
>>続きを読む

THE INFORMER/三秒間の死角(2019年製作の映画)

3.9

三秒間の死角とは…

自由の身と引き換えにFBIの情報屋となった主人公が、最後の任務として刑務所に再び囚人として潜入するがFBIに裏切られピンチに。果たして脱出できるのか?

…というあらすじとジャケ
>>続きを読む

悪いやつら(2012年製作の映画)

3.8

悪いやつにもなれない

「俺はテコンドー7段だぞ!!」
軽快なステップを踏みながら、腕を振りかぶりビビらそうとする。
「ケガするぞ!!」
武道家というプライドもあるのか、俺は強いんだぞと必死にアピール
>>続きを読む

罪の声(2020年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

公開した週に観ようと思ってたのに、かなり遅れて鑑賞。そこからさらにレビューも遅れて、もう何を書いたらいいのかわからないという😅

とにかく、声を使われた3人の子どもが辿る道がそれぞれ違うのが印象的。
>>続きを読む

JKエレジー(2018年製作の映画)

4.0

空き缶やペットボトルを踏み潰しまくるJK。それを撮影する男。

独特すぎるオープンニングに一体何をしているんだろう?と思いきや、クラッシュビデオと呼ぶらしい。
無知なのでちょこっとだけ調べたところ、元
>>続きを読む

ザ・プレイス 運命の交差点(2017年製作の映画)

3.3

『the place』というカフェの奥に居座る男

これは渋いワンシチュエーション映画だった。
高評価の人は中々の映画通だと思う。

終始、カフェの奥に陣取る男しか映らない作品で、色んな人が彼の元に相
>>続きを読む

羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来(2019年製作の映画)

4.5

金属を操りたくないか?

基本的には映画は字幕版しか観ないけど、字幕版の公開時の時は見逃してしまい、かなり久しぶりに吹替版で鑑賞。
でも映画の内容も吹替もめちゃくちゃ良くて大満足。

事前情報をほとん
>>続きを読む

ジオラマボーイ・パノラマガール(2020年製作の映画)

4.0

未完成のタワマンに屯する

〜とある高校のテスト中〜
いきなり立ち上がる長身の男子生徒。
先生、僕学校辞めま〜す。
と突然言い放ち、帰ろうとする。
周りが騒然とする中、もちろん止めようとする年配の男の
>>続きを読む

色男ホ・セク(2019年製作の映画)

4.1

ポム ラック クン

ジャケと邦題からは予想しづらいピュアで切ないラブストーリー。

朝鮮初の男妓生というキャッチコピー通りに女性を癒す主人公は、一見ただのプレイボーイのようだが、実はめちゃくちゃピュ
>>続きを読む

転がるビー玉(2019年製作の映画)

3.9

東京にいるだけで満足

評価はそんなされなさそうな雰囲気だけど、個人的にはけっこう好きな作品だった。
東京という大都会で揉まれながらも夢を追いかける3人の女子の日常を描いた青春物語。

タイトルの通り
>>続きを読む

詩人の恋(2017年製作の映画)

3.9

ドーナツテロ…

ヤン・イクチュンの役作りがスゴい。
怖くもなければ、マッチョでもない。
お腹がぽっこり出ているだらしない中年男に見事になりきる。

主人公は30代後半の売れてない詩人。
妻とは妊活に
>>続きを読む

イップ・マン 宗師(2019年製作の映画)

3.9

黒仮面イップ・マン🕶

『誕生』などのシリーズはまだ未見だったけど、のむコレで上映されていたので鑑賞。
もちろんと言っていいのかわからないけど、ドニー・イェン兄貴のイップ・マンの方がいい。
でも、本作
>>続きを読む

グンダラ ライズ・オブ・ヒーロー(2019年製作の映画)

4.0

BCU!?😂

衝撃のインドネシア産スーパーヒーロー第1弾。
その名もブンミラゲット・シネマティック・ユニバース(BCU!?)…らしい🤣
これから流行るのかどうかはわからないけど、一応は記憶しておこう
>>続きを読む

ラブ・アゲイン 2度目のプロポーズ(2018年製作の映画)

3.7

離婚式👀

今年の夏に日本で公開されたクォン・サンウ主演映画3作品のうちの1本。
『鬼手』と『ヒットマン エージェント:ジュン』はアクション要素有りだったので迷わず劇場に直行したけど、これはDVDでい
>>続きを読む

ザ・ハント(2020年製作の映画)

4.0

この人がベティ・ギルピンか🤭

作品の系統とか全米が封印した問題作とかいうのを考慮すれば、面白いってちょっと言いづらいけど、一つの映画としては普通に面白かった。
狩られる側と狩る側とのデスゲーム系。
>>続きを読む

尚衣院 サンイウォン(2014年製作の映画)

4.1

王宮を舞台に繰り広げられる世紀のファッション対決

ジャケ写の4人がそれぞれ悩める王、儚げな王妃、両班目前の御針匠(オチムジャン)、天才的デザイナーを演じる。

王室の衣類などを担当する尚衣院のトップ
>>続きを読む

ストックホルム・ケース(2018年製作の映画)

4.1

ノオミ・ラパス👀

スウェーデンといえばノオミ・ラパス。

ノオミ・ラパスが色気のある銀行員に扮する。
本当にこんな銀行員がいるのか疑わしいノオミ・ラパス。
イーサン・ホークに目をつけられ、人質第一号
>>続きを読む

不夜城の男(2020年製作の映画)

4.3

ついにソ・イェジをスクリーンで拝むことができました。

かなり面白かった。めちゃくちゃ好みのやつ。でも、好みが分かれそうなのでオススメはしない。
数分の間に敵味方が目まぐるしく入れ替わり、誰が味方で誰
>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.6

コーヒー・ゾンビ!?

この作品の勝手なイメージは…
映画館の自粛明けの一発目にやたら鑑賞されてた映画というイメージ。笑
自分はまだ自粛中だったので間に合わず、レンタルになってしまった今作。

公開時
>>続きを読む

罪と女王(2019年製作の映画)

4.0

恐怖の弁護士…

夫の前妻との間の連れ子と、性的な関係を持ってしまった妻のお話。

これのジャンルは人によって意見が分かれそう。
一つだけ選ぶなら自分はホラーにしておきます。
その部分も含めて見応えが
>>続きを読む

靴ひも(2018年製作の映画)

4.3

靴ひも🥺

単体でのイスラエル映画を観たのは多分初めてかもしれない。

かつて家族を捨てた父親と知的障害の息子のドラマ。
息子は母親と暮らしていたが、母親が亡くなってしまった為、急遽30年ぶりに父親と
>>続きを読む

ウルフウォーカー(2020年製作の映画)

4.3

ウルフウォーカーとは…

オオカミVS人間の闘いが描かれる童話チックなアニメーション映画。
単なるアニメ映画の枠を超えてくる勢いのクオリティ、特徴的な作画と音楽が強く印象に残る作品。

主人公はロビン
>>続きを読む

家へ帰ろう(2017年製作の映画)

4.0

ツーレス…

88歳のおじいちゃんが、70年越しに友達に仕立てたスーツを届けに会いに行くストーリー。

自分の足をツーレスと呼ぶ頑固おじいちゃんだけど、そのツーレスはもう限界寸前。
寿命も尽きかけてい
>>続きを読む

おもかげ(2019年製作の映画)

4.3

息子のおもかげ…

不思議な感覚のまま、ずっと引き込まれっぱなしの独特な作品でかなり面白かった。

「パパが戻ってこない」
という6歳の息子からの突然の電話。
フランスのどこかの海辺かららしく、スペイ
>>続きを読む

ホテルニュームーン(2019年製作の映画)

3.6

母親とコソコソ会ってるあの男は誰?

イラン映画が上映されてる!と思って飛びついたのに、まさかの日本との合作映画だった。
しかも、監督は日本人。

でも、めちゃくちゃイラン映画っぽかった。
イラン映画
>>続きを読む

私のちいさなお葬式(2017年製作の映画)

3.7

ロシア版の終活ムービー。

ジャケ写の可愛らしいおばあちゃんが余命宣告を受けるところから始まる本作。
自分の死を間近に、人生を振り返ったりやり残したことをしていくのではなく、淡々と終活を進めていくおば
>>続きを読む

痛み(2011年製作の映画)

4.2

クォン・サンウに泣きの演技をさせない監督

事故の後遺症で痛みを感じないという無痛症になってしまった男と、少し血が出ただけでも大惨事になってしまう血友病の女の物語。

冒頭からマ・ドンソクにひたすらビ
>>続きを読む

とんかつDJアゲ太郎(2020年製作の映画)

4.0

物語のキーパーソンがあの2人だったのか

「とんかつ、食べに来ました♡」
ずっと前に予告でこのシーンを目にした瞬間から観に行くと決めていたのに、葉っぱ嗜んだりマリオカート並に吹っ飛ばしたり、派手な宣伝
>>続きを読む

屋根裏の巳已己(2020年製作の映画)

4.1

”違和感を感じたなら疑え”

そういうキャッチコピーだったような気がするからアンテナを張りながら鑑賞していたけど、むしろ違和感だらけで何処のことを指していたのかわからず。
それとも作品全体がそうなのか
>>続きを読む

小さい魔女とワルプルギスの夜(2018年製作の映画)

3.6

127歳でも若いのか🤣

ドイツの世界的児童文学の「小さい魔女」の初の実写化(らしい😅)

児童向けの文学が原作ということもあって、かなーり優しいストーリーだったけど十分に楽しめてしまった。
がっつり
>>続きを読む

レディ・マクベス(2016年製作の映画)

4.2

これが出世作で合ってる?

『ファイティング・ファミリー』『ミッドサマー』『ストーリー・オブ・マイライフ』などでほぼ必然的に名前を覚えてしまったフローレンス・ピュー。
そんな彼女の出世作?ということで
>>続きを読む

キーパー ある兵士の奇跡(2018年製作の映画)

4.4

イギリスで活躍する元ナチス・ドイツのキーパー。

かなり好きな系統の作品だった。
第二次世界大戦でイギリス軍の捕虜となった、ナチス・ドイツ兵がイギリスのプロサッカーチーム、マンチェスター・シティFCに
>>続きを読む

オン・ザ・ロック(2020年製作の映画)

3.9

父娘で浮気調査?😂

上映館少な過ぎて諦めかけてたけど、やっぱり鑑賞。
ザ・大人な映画という雰囲気が漂う作品で、ゆったりと流れる時間が心地よい。

夫が浮気してるんじゃないか?と疑いを持った妻の主人公
>>続きを読む

>|