20190823さんの映画レビュー・感想・評価

20190823

20190823

映画(174)
ドラマ(31)

悪と仮面のルール(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

Uruの「追憶のふたり」を聞いていて
観たいと思ったけれど評価がとても
低くて。覚悟して観始めました。笑

幸せだった記憶さえ、あればどんなに
あとは辛くとも生きていける。的な。
言いたいことは分かる
>>続きを読む

僕達急行 A列車で行こう(2011年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

調理中に鑑賞。。
構えず観られるゆったりさが良き。

「第一線かぁ、京王線で言えば
僕は競馬場線って言ったところだよ」

この例えは笑った。

GO(2001年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

主人公が彼女に自分の国籍を告白する
シーン。顔が暗く見えないのは何か
「異」「未知」みたいな分からないもの
を指しているのではないか。と深読み。

差別や偏見の劇中でも時折クスッと笑え
凄い良い意味で
>>続きを読む

ダ・ヴィンチ・コード(2006年製作の映画)

-

日本語を覚えたての外国人が
東野圭吾の小説を読むくらい
には難儀。。

公開時に話題作として観たものの
あらすじしか追えず、今回もまた然り。

シャイニング(1980年製作の映画)

-

ずっと観ていたはずなのに「あれ?飛ばしたかな?」って思ってしまうほど、ん?ってなることが多々あった。

また、男の子がホテルの廊下を三輪車で走るシーンはGALAXYのCMと重なった。

パーフェクト ワールド(1993年製作の映画)

4.0

大抵の物事は自分でも知らぬうちに
出来た基準で善し悪しを判断している。
それが本当に善いことなのか。否か。
その判断はとても難しく思う。

恋人たちの予感(1989年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

内容は本当にあるある。。
でも歳的なせいか、大人になるに
連れてどんどん少なくなっていく
交流関係の中。学生時代はほとんど
話さなかった人が大人になってから
とても大切な人へと変化する。
という過程に
>>続きを読む

一度死んでみた(2020年製作の映画)

3.2

エンドロール、認識できたキャストの
確認作業がえらい楽しかった。。

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

内容を知らずに鑑賞を始め。
陽気なおじさんの見た目からは想像も
付かない重い内容で少し滅入りつつ
武力行使の実態と報道の制限・隠蔽の
実話に鑑賞後は光州事件とおじさんの
その後について調べてしまう程
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

いま(2020年)観ても凄い作品。

でも、映画で見る限りの情報だけでは
カオリがただ不憫でならない。笑

ステップ(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

生と死、愛。
一日一日の積み重ねが、人生になる。
観たあとはオイルヒーターで温められた部屋のようで
優しい作品に思えました。

また、親というのは子供にどう映るのか、
考えらせられるところでもありまし
>>続きを読む