Yunaさんの映画レビュー・感想・評価

Yuna

Yuna

映画好きな大学生。主に映画館とNetflix。
観たい作品が日に日に増えて悩まされてます。

#EddieRedmayne #AliciaVikander
#EmmaStone
since Jan 1st 2017 ~
2015 → 61本
2016 → 63本
2017 → 59本

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.1

甘酸っぱくて、
ダサいけど、ダサいのに、
眩しすぎるくらい輝いててキラキラしてた
“シングストリート”がスクリーンにいました。

学校内の立ち位置では、
現代の日本でいう
“陰キャ” “カースト最下層
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

4.0

久しぶりに良い邦画を見ました。

ドラマも映画も全て見ていましたが
かなり年月が経ってたので忘れてました笑
でも今作は今まで見てない方でも
楽しめる作品だと思います。

親が子を想う気持ちに勝てるもの
>>続きを読む

不能犯(2018年製作の映画)

2.8

うーん、、、
主人公の役は
本来ならばスクリーン越しでも
不気味で気持ち悪い、怖い
という感情が観客も感じるべきはずなのに
何故かあまり感じられず、、

結局主人公は一体何者なのか
何故特殊能力を持っ
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.5

評価がここまでしにくい作品は初めてかも、、

ポスターにも、タイトルにもある
スリービルボードは文字通り3つの看板。
あまり人通りの少ない通りにあった
3つの看板に娘を殺された母親が
広告費を支払い
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.8

試写会にて。

曲がとにかく良い!!!
冒頭からエンジン全開で観てて楽しくて。

サントラを前から聞いてて
1番好きだったRewrite The Starsが流れた時
興奮しました、、
どの曲も頭から
>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

4.5

ようやく観れたタイタニック。
DVDではなく映画館で観れて本当に良かったです。

まずタイタニック号の再現度の高さ。
制作費がタイタニック号の建造費を
超えていたのはもちろん
エキストラの数も
個人的
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.2

映画とは思えない
緊迫感がひしひしと伝わってきた
衝撃的な作品でした。

モーテルでの60分間。
見ていているだけなのに死ぬほど怖かった、、
警官役の1人、ウィルポールター演技上手すぎる、、

警備員
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.3

予告編で気になって鑑賞。

予告編しか見てなかったのですが
世界中で異常気象が
1度に発生し(ジオストーム)
それに立ち向かうストーリーなのかと思いきや
ジオストームになるまでのカウントダウンを
主人
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.2

最高の一言。

今回日本でのPRで〝秒でアガる〟
というフレーズが様々なところで使われてましたが
まさしくその通りでした。

冒頭からエンジン全開の
アクションシーンが繰り広げられ、
しかも前作から成
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.0

かなり期待して観に行ったため
その割にがっかりした部分が多かったです。

特に話の展開が途中遅くなるところで
あんなにキャスト豪華なのに
もったいないなあと思いました、、
私の場合、実際睡魔襲ってきた
>>続きを読む

彼女が目覚めるその日まで(2016年製作の映画)

3.3

今回扱われた難病は知りませんでした。

あとで知りましたが
邦画の8年越しの花嫁と同じ難病がテーマだったとか。

同時期に公開も珍しいなと思いました。

本編ですが、
スザンヌが異変を感じ始めて
異常
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.3

率直な感想は
フラッシュがかわいい。

どうしても盛り上がりに欠けていたかなと、、
ほかの方のレビューにもありましたが
敵の魅力が全く無いことが
最大の要因だと思います、、

あとは、観ればわかります
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.2

フォースの覚醒から2年後の最新作。
ルーカスフィルムのロゴから
恒例のあの文章、
そしてSTARWARSのタイトル、
星空を背景にお馴染みの音楽。

ここだけで立ち上がりそうになるくらい興奮しました。
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

白人が表向きには
黒人差別を否定していても
深層部分では差別している
という現代の問題をホラーにした作品。

観終わってから解説を読んで
あ!ここに伏線あったのか!
と脚本の設定の細さに驚きました。
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

2.8

ポスターのような
オシャレなボーイミーツガール映画
かと思いきやかなりぶっ飛んでました笑

確かに舞台は一昔前のロンドンで
ファッションやロケーション、音楽はとても素敵でしたが
他の星から来た方々(と
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.8

ほっこりする作品。

叔父と姪という関係であっても
どんな関係でも
本人達が“家族”のような関係だと思っていたら
本物の家族である
ということに気付かされました。

フランクとメアリーの関係も
とって
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.0

SNSで自分の生活が
いつでもどこでも誰からも監視される世界を
極端に描いた作品。

ここから面白いのに!
ってところで突然エンドロールに
入ってしまったためかなり残念でした。

今の時代だからこそ
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.5

ホラー映画苦手
(というより怖くて避けていた)な私でも
この作品は見れました笑

急に“それ”が出てくるのに
怖くてビクビクするくらいかな、、

ストーリーは
団体に馴染めずいじめられたり
嫌われてい
>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.0

福田監督の遊び心満載な作品。

橋本環奈ちゃん振り切った演技してて
素直に凄いと感じました笑

佐藤二郎さんとムロツヨシさん
出てきただけで笑っちゃう。

1番面白かったのは
楠雄の両親だったかもしれ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.5

前作から35年が経った今
新たな続編ですが、
まず映像美がとにかく凄くて。
ちゃんとブレードランナーの世界観が
そのままスクリーンに映ってました。

また人間とレプリカントの違いが
前作よりもより曖昧
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.7

私が映画を観るようになったきっかけの作品。

軽い気持ちでTSUTAYAでDVDを借りて
初めて鑑賞して衝撃を受けてから
2年半後ようやく映画館で観れました。

どのシーンも無駄がなくて
一瞬一瞬全て
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.2

実話のレベルにしては度が過ぎててびっくり。

アメリカ国内で
本来なら敵に回せないCIAやFBIをはじめとする
様々な組織をも騙し、利用していたのが凄い、、

最後の展開は少し切なかったが
なんてった
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

4.0

シャーリーズ・セロンがかっこよすぎる。
キレッキレのアクションシーンも
黙って煙草を吸ってるシーンも
ただ歩いてるだけのシーンも
服はどれも着こなしてるわ、、
まさしく彼女のために作られた映画。

>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

4.5

ブレードランナー2049の予習のために
爆音映画祭にて鑑賞。

35年前に製作された作品で
舞台は今から2年後の2019年のLA。

BTTF以来の衝撃でした。
今観てもこんな重厚なSF作品なかなか巡
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

4.3

情熱がいき過ぎると狂気になる、紙一重なものである。

アンドリュー(マイルズ・テラー)が
フレッシャー(JKシモンズ)と
スタジオで主奏者を決める
セッションをするシーンが最初の衝撃で。

アンドリュ
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.8

全米でDC作品がこんなに大ヒットしたのも納得。

DC特有の暗い感じ、
決してポップに仕上げないテイストと真逆の
女性の強さ、隠されてる弱さ、儚さ
可愛らしさ全てを詰めて
明るくテンポ良く映していて◎
>>続きを読む

モテキ(2011年製作の映画)

3.0

長澤まさみがひたすら可愛い。
内容や展開はともかく
男性の夢が詰まった作品?かも?

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

3.8

騙され、種明かしでスッキリする
ザ・エンターテインメントな映画。
前作から観ることをおすすめしたい作品。

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.0

IMAXで鑑賞。
これはちゃんと予習してから観るべき作品。

ストーリーを追うのがやっとだったので
もう1度映画館で観たい、、、

本編ですが
さすがノーラン監督。
映像なのに
まるで自分がその世界
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.3

ワクワクして、頑張ろうって思えた作品は久しぶり。

黒人であるだけで
トイレが違うものだったり、
法律までも差別されていた当時のアメリカで
NASAに尽力し、
黒人、そして女性の地位を向上させた
3人
>>続きを読む

真実の行方(1996年製作の映画)

4.0

母から薦められてレンタルして鑑賞。

最初はありがちな法廷ものかと思いきや
最後の5分で完全に騙された。

決定的なセリフを聞いた時が
1番ゾッとしたし
わかった上でもう1度観たいとも思った。

エド
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

2.5

主人公もその周りも誰1人普通の人がいない。
人が誰しも持つ歪んだ部分を
極端に描いた作品と考えれば
まだ納得出来た。

レビューを見ても様々な意見があって
この映画は特に受け止め方で
感想が真逆になる
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.0

今までの2つのスパイダーマンとは
全く違うスパイダーマン。

現代の高校生が突然スパイダーマンになったら
あんなノリなんだろうなと笑笑
iPhoneでスパイダーマン姿を自撮りしたりと
とてもリアルだっ
>>続きを読む

>|