UCHIDAさんの映画レビュー・感想・評価

UCHIDA

UCHIDA

趣味は名画座巡りの大学生。WOWOWに加入しています。完全なる自己満レビュー。たまにレビュー連投します。すいません。

映画(116)
ドラマ(3)

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.4

色々とすごい映画でした。

最初はオヨヨ?これが面白いの?って思ってしまったんですが、後半のお話の展開がまあすごい。伏線回収がすごい。ここが面白いのか!と。

登場人物の性格が最高です。
1番好きなの
>>続きを読む

メイド・イン・ホンコン/香港製造 デジタル・リマスター版(1997年製作の映画)

4.0

早稲田松竹にて。

正直途中で寝そうになった部分もありましたが、若者の気持ちをさらけ出している感じで、嫌いではないです。若いうちに見るべき作品だと思います。しかし、結構カロリー使いました。疲れる…。
>>続きを読む

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

3.2

3コマ使って授業で見ました。
約4時間…長い…

実際に起こった、少年がガールフレンドを殺したという事件がモチーフになっている作品。だから、登場人物は子供ばかり。

どこか、是枝監督的な要素を感じまし
>>続きを読む

母と暮せば(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

今度、池袋で吉永小百合さんのトークショーに行くのでその予習がてら、タイミング的にもちょうどいいかなと思って見ました。

冒頭のシーンでびっくりして、恐ろしくて涙が出ていました。本当に、あんな一瞬で原爆
>>続きを読む

欲望の翼(1990年製作の映画)

3.0

早稲田松竹にて。

当時の香港映画の大スターたちがこぞって参加している作品ということで、制作費どんだけかけたんだろうかと気になった。
今、同じように豪華キャストでやろうとしても無理だと思う。レスリーチ
>>続きを読む

時をかける少女(2006年製作の映画)

-

改めて地上波で見たので。

原作とか大林監督版は、どちらかというと現実に起こっていることをメインに描いていますが、こっちの版は未来をメインに描いています。
だから「未来で待ってる」というあの有名なせり
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

-

東宝のスニークプレビューにて鑑賞。

公開日まではSNSへの投稿はお控えくださいと言われていたので、公開日にレビュー投稿しました。

星野源のお父さん役と麻生久美子のお母さん役がハマり役すぎてこんなお
>>続きを読む

時をかける少女(1983年製作の映画)

3.0

白黒がだんだんとカラーになっていくのとか、タイムリープしている時のコマ撮りとか、当時にしては技術がすごいなと感じた。

原田知世のために作った映画といっても過言ではない!
前半は何もない。後半から皆さ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

-

エロとグロが交互に来る感じで私はあまり好きじゃなかった。


恋愛の形には定義はないということがわかった。
魚人の優しい顔と威嚇の顔の変化がありすぎてギャップ萌えしそう。

最強のふたり(2011年製作の映画)

3.7

これが実話なんですってね。ありそうでないようで本当にある話。

ドリスのやんちゃな感じとフィリップの大人な対応が、一見マッチしなさそうで、相性がめちゃくちゃいいという…この関係性がすごく愛しい。
シリ
>>続きを読む

ザ・コーヴ(2009年製作の映画)

-

授業で鑑賞。


やり方が汚い。
情に訴えようとしているのか!

アメリカ側の意見だけじゃなくて、日本側の意見も聞きたい。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

自分も一時期、顔のアトピーがひどくて周りから変な目で見られたりしたことがあって、だから、主人公オギーが学校を案内してもらうシーンのセリフで「大人は理解してくれるけど、子どもは素直だから好きじゃない。」>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.0

さすが蒼井優が日アカで優秀主演女優賞獲っただけある。
しかし、私は阿部サダヲも賞賛したい。だって彼の役が1番登場人物の中で優しくて、どうしようもない十和子に寄り添っているから。これ結構大変なことだと思
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

こういうこじらせ女子系が頑張る映画大好き。

自分も主人公の女の子みたいな感じのところがあるから、親近感が湧いた。
松岡茉優ちゃんの演技がまあ上手。すごいフィットしている。
渡辺大知くんがものすごくか
>>続きを読む

田舎司祭の日記(1950年製作の映画)

-

なんだかよくわからなかったけど、司祭が村人から歓迎されていないんだなということはなんとなく感じた。


授業で鑑賞

万引き家族(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

本当の家族のかたちとは何なのか考えさせられました。

テーブルをみんなで囲んでご飯を食べるっていう当たり前のような空間がなんだか最後、思い返してみると切なく感じます。

1日が終わるごとにカットがかか
>>続きを読む

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

3.1

試写会で見たのですが、笑いあり涙ありの作品でした。

愛は人種を超えて結ばれるものであるべきだ。

誰も知らない(2004年製作の映画)

3.7

万引き家族がパルムドールを取った記念に、カンヌつながりで借りて見ました。

柳楽くんが注目されがちだけど、YOUの母親役もリアルで印象的です。一緒に暮らしている子供達の演技も自然で良いです。是枝さんの
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.8

ラストシーン涙誘ってきますね〜ヽ(;▽;)

音楽もステキだし、映画が好きな方には是非一度見てもらいたい作品!

今は応援上映とかそういう注意書き?みたいなのがないと声出して映画って見れないから、当時
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.0

坂口健太郎がかわいい。わざとらしいけどかわいい。綾瀬はるかがかわいい。少々うざいキャラだけど、かわいい。

スピンオフとかでハンサムガイシリーズをやってくれないかな…

目黒シネマ

紙の月(2014年製作の映画)

3.2

宮沢りえはたしかに演技力が高いと感じた。
小林聡美が劇中で良いキャラクターを演じているのでそれも見てほしい。

嘘と"ありがち"っていうのがキーワードになるでしょう。

自転車泥棒(1948年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

授業で見ました。
時々出てくるブルーノくんのお茶目なカットは可愛かった。表情が豊かで可愛らしい。

しかし、ストーリー的にはただただ悲しい。涙が出そうになった。
考えさせられてしまった。

本当にかわ
>>続きを読む

>|