マッツリーさんの映画レビュー・感想・評価

マッツリー

マッツリー

映画配給会社の宣伝マン。邦画企画も。好きなもの1位スター・トレック、2位ドラクエ、3位マーベル。映画はSFとアメコミ、ゲームはPS3、vita、360。日本も海外もテレビドラマ狂い見る。最新デジタル機器に目がない。iphone5s,iPad air2,eos kiss 7x,nasne最高。

基本は、好きになった映画について書きます

新世紀、パリ・オペラ座(2017年製作の映画)

5.0


美しいビジュアルのその裏側で、超一流のプロが必死にもがく様を包み隠さず見せるところが本作最大の魅力。悩み苦しむのはアーティスト、クリエイターだけじゃないのです。パリ・オペラ座総裁が日々どんなことで悩
>>続きを読む

コール・ミー・バイ・ユア・ネーム(原題)(2017年製作の映画)

3.5

それはそれはとても美しく、青臭くてピュアな初恋の物語。その相手がアミーハマーと言う同性の美男子だっただけ。

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

5.0

これがストップモーションアニメだなんて信じられない。そのくらいクオリティの高い映像と造形。そして何より、話が面白い。冒険譚。もう一回見るしかない!

未成年だけどコドモじゃない(2017年製作の映画)

5.0

英監督のコメディ演出と、
平祐奈の唯一無二のキャラクター造形が、
本当に面白い

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

5.0


ヘドウィグアンドアングリーインチのジョンキャメロンミッチェル監督の最新作。
今回も甘酸っぱさ全開のラブストーリーになってます。ちょいSFでもある。そこも好き。

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.5

しっかり満足感あり。とにかく前二作よりも明るい。ロキがやっぱり一番美味しいか。
ちょっと中盤笑い取りに行きすぎ、もはやハルクの変身きっかけがブレすぎ、というところが玉に瑕、だけど。

ザ・サークル(2017年製作の映画)

5.0

いいね、のために生きているあなた必見の映画。
SNS怖い。けど魅力的。

リュミエール!(2016年製作の映画)

5.0

映画好き、映画通なら、必ず一度は観ておきたい、「映画のはじまり」を、たくさんのうんちくストックをゲットしながら、楽しんで観れます。
120年前に、こんなにたくさんの技術が生み出されていたなんて!

あなた、そこにいてくれますか(2016年製作の映画)

5.0


原作はフランス人作家の小説。
それを韓国キャストで映画化。
一言でいうと、韓国版『アバウトタイム』のようなタイムトリップラブストーリー。
韓国の人の考える愛の物語の紡ぎ方はホントえげつない。そりゃ悩
>>続きを読む

あなたにも書ける恋愛小説(2003年製作の映画)

5.0

恥ずかしながら、初めて宣伝プロデューサーをやらせてもらった作品。
ものすごく練って宣伝したつもりだったんだが、思いっきり空振りした結果に。
いや、今でもあの予告編は秀逸だと思ったんだけどな。。。

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.2

うーん、ノーラン大好きだけど、この映画が一番ハマらなかったかも。
戦争映画とノーラン節ってあんまり相性良くない気がする。
日常の中で思いつきそうで思いつかないことを大胆に映像化してそれに驚く、
それが
>>続きを読む

スクランブル(2017年製作の映画)

5.0

大げさに言えば、
オーシャンズ11とワイルドスピードが、
1本で楽しめる、感じ。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

5.0

こんなに気持ちの良い音楽の使い方あったのか〜。無口、天才的ドライビングテクニック、闇ドライバー仕事、恋には一途と、レフン版『ドライブ』とこれだけ共通点が多いのに、ちょっともかぶった感じがないところも面>>続きを読む

GANTZ:O(2016年製作の映画)

4.0

GANTZ好きで元々原作読んでるorアニメか実写映画見ている人であれば、
原作漫画を一番忠実&豊かにビジュアライズしてくれた作品として、
作り手に感謝!(お金かけまくっててスゴイ!凄すぎるという無謀さ
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

5.0

是枝監督ならではのミステリーの世界に翻弄され続ける2時間のエンタメ体験!
普通のミステリー、サスペンスは、何もわかんない状況から、情報が1つづつ手に入って最終的に全てが繋がって全貌が見えるが、この映画
>>続きを読む

>|