DORATAROさんの映画レビュー・感想・評価

DORATARO

DORATARO

ヒマさえあれば映画を貪る25歳です。急に消えたり現れたりしますが宜しくお願いします。
画像はエマ・ストーン as ビリー・ジーン・キング。

映画(316)
ドラマ(0)

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.9

6作目にして初の劇場鑑賞!20年以上続いているシリーズですが、色褪せないトム・クルーズの凄技スタントに興奮しまくりでした。超高速落下のスカイダイブ、シャンゼリゼ通りをバイクで爆走、ビルからビルへジャン>>続きを読む

ハーフネルソン(2006年製作の映画)

3.6

ドラッグ中毒であることを隠しながら中学校で歴史を教えるダン。ドラッグ密売が横行する貧困地区に住む孤独な女子生徒ドレイ。互いの弱味を理解し救い合おうとする立場を超えた二人の友情。ジョーク言い合う二人が微>>続きを読む

氷の微笑(1992年製作の映画)

4.1

ネクストコナンズヒーント!
アイスピック!
ヴァ―ホーベン監督によるサスペンススリラー。無論、性的で暴力的で過激。シャロン・ストーンの独壇場と言ってもいいほど彼女が演じるキャサリンの妖艶さが光ります。
>>続きを読む

小さな悪の華(1970年製作の映画)

4.2

純粋な”悪”への憧れ
アンチキリスト、モラルブレイクな内容からその当時ほとんどの国で上映禁止になってしまった問題作。この時代に見られることに感謝致します。
固い絆で結ばれた黒髪のアンヌと金髪のロール。
>>続きを読む

ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金(2013年製作の映画)

3.8

アメリカンドリームに取り憑かれたマッチョ信徒の末路
筋肉量こそがステータスだと信じる男が仲間(当然マッチョ)を集めて成金の誘拐を実行するのですが、脳みそまで筋肉ゆえ、行き当たりばったりのはちゃめちゃな
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.9

1973年当時の女子テニスチャンピオン、ビリー・ジーン・キングと元男子チャンピオン、ボビー・リッグスによる<性別>を超えた闘い。
女性の地位向上を目指して闘った偉大な女性ビリー・ジーンが性差別主義の豚
>>続きを読む

ファーナス/訣別の朝(2013年製作の映画)

3.8

田舎町で暮らす兄弟の絆、絶対的な悪との対峙、因縁を断ち切らんとする男の決意。渋いです。このクリスチャン・ベイルは渋いですよ。

町を象徴する製鉄所とその煙がとても印象的で、寂れた田舎町の雰囲気がよく伝
>>続きを読む

フレンチ・コネクション(1971年製作の映画)

3.4

狂犬刑事ポパイ。決して正義の味方などではなく寧ろその振る舞いは粗暴でいけ好かない。その粘着質な捜査には犯罪で金儲けする奴らへの恨みや妬みみたなものが込められている。しかしダーティー・ハリ―然り、犯罪が>>続きを読む

イン・ザ・スープ(1992年製作の映画)

3.5

スティーブ・ブシェミ好きには堪らない一本。白黒かつ派手さもない実に地味な作品ですが、奇妙な男ジョーとの出会いがきっかけで彼のペースに徐々に飲み込まれていくブシェミ演じるアルドルフォ青年の様子が面白いで>>続きを読む

バニー・レークは行方不明(1965年製作の映画)

3.9

タイトル通りバニー・レークという4歳児が保育所から行方不明になってしまいます。巧みなのはバニーという人物を冒頭から見せないところですね。バニー・レークは実在するのか。母親の単なる妄想なのか。登場人物た>>続きを読む

フェリスはある朝突然に(1986年製作の映画)

4.0

80年代アメリカ青春コメディ!
天才的なズル賢さと奇跡的な運の良さ、周囲の者を味方に付けてしまうカリスマ性。これぞ最強の主人公補正よ、と言わんばかりにとにかく物語において優遇されまくる主人公フェリス。
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.3

皆様こんばんバーフバリ!前編「伝説誕生」を併せてのレビューになります。豪快にして豪華絢爛な親子三代に及ぶ愛と憎しみとリベンジのドラマ。その血の運命に従う男たちの雄姿。信念を貫く女たちの高貴な佇まい。敵>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.8

こんにちバーフバリ。これはインドが放つ一大叙事詩。細かいことは気にしない。何もかもが豪快。濃厚すぎるキャラクターたちそれぞれの生き様に血が滾る。あらすじ読んでも意味不明かもしれませんが見たら分かる。2>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.9

ボーイ・ミーツ・ガール改めボーイ・ミーツ・エイリアン。そしてエイリアン・ミーツ・パンクな青春SF。タイトルから想像できるような恋愛のハウツー映画ではありませんでしたがこれはイイ肩透かし。思春期イケてな>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.4

アンモナイトを愛でる松岡茉優の前髪の産毛を愛でる映画。だと思ってた途中まで。中学からの片想いを妄想と思い出の美化だけで10年間維持してきたヨシカ。しかし、突如リアルな恋愛が彼女に訪れる。前半まではとに>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.5

”サーカス”の生みの親にして大衆向けのエンターテイメントショーを初めて作り出した男P.T.バーナムの物語。ミュージカル映画らしく歌&ダンスのインパクトは強烈で、見終わった後はある程度の多幸感と満足感が>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.0

エンドロールが流れた後の深い余韻。ラストは言葉で表現できぬ!
6歳の少女ムーニーとその母ヘイリーが住むのはディズニーランドの傍らにある安モーテル。暮らしぶりは世間からすれば最悪なのだが、ムーニーにとっ
>>続きを読む

GO(2001年製作の映画)

3.8

在日朝鮮・韓国人、偏見や差別。一見重たくなるモチーフをこうもポップに描き切ってしまうのは才能かな。OPから疾走感全開で映画が走り始めるあの感覚。スーパーグレートチキンレース最高かよ。です。
そして、民
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.6

”誰かを愛したなら努力をしろ。一度手放したら二度と戻らないのだから。”監督から我々へのメッセージと受け取りました。
この物語は復讐なのかはたまた戒めなのか。本作ではアートギャラリーを経営するスーザンへ
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

絶望に始まり絶望に終わるマーベルらしからぬシリアス展開。振り返って見ればルッソ兄弟が手がけたMCU作品はそんな気がありました。ウインターソルジャーでは親友との再会と激闘そして別れ。シビルウォーでは譲れ>>続きを読む

タンジェリン(2015年製作の映画)

3.8

眩しいオレンジ色の日差しの下、L.Aのダウンタウンを早足で闊歩するトランスジェンダー2人組。それをひたすら追いかけるカメラ。なんとiphoneによる撮影。驚き。L.Aで暮らすトランスジェンダー、売春婦>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

4.3

ノオミ・ラパスの七変化
人口爆発、食料不足が問題化した近未来のヨーロッパ。児童分配法なる法律により徹底した一人っ子政策が敷かれた社会に生まれた一卵性七つ子姉妹。7人で一人の人生を生きるという奇抜な設定
>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

3.9

SFよりもリアリティのない一家のあり様。
実際に起きた殺人事件を喜劇に変えてしまうとは。これぞザ・不謹慎。
道徳って何だっけ。です。
家族でメシを食うかのように人を殺める彼らに1ミリたりとも共感はでき
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.1

インフィニティ・ウォーへの道⑤
今作では自慢のハンマーあっさり破壊されるわ長髪バッサリ切られるわ人身売買に遭うわで踏んだり蹴ったりなアスガルドの王子ですが、それらが象徴するように、この作品は前2作との
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.4

インフィニティ・ウォーへの道④
〈 研究と実践 〉大怪我を負った傲慢で唯物主義の外科医は西洋医学に見放されカトマンズに辿り着く。そこで男は人智を超えた魔術の存在を知る。医療と魔術という言わば対極にある
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.2

インフィニティ・ウォーへの道③
アベンジャーズはイリーガルな自警団なのか、破壊を招いているのはアベンジャーズなのか。過去の行いを経て、彼らに決断の時が訪れます。しかし、キャップとトニー互いの譲れぬ信念
>>続きを読む

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

3.5

インフィニティ・ウォーへの道②
アベンジャーズ第2弾です。今作最大のテーマは”人類にとってヒーローは本当に必要なのか”ということでした。アベンジャーズそれぞれが抱く苦悩、守るべき人、平和への想いなどヒ
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

3.9

インフィニティ・ウォーへの道①
「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」絶賛の波を受け、今さらMCU追いかけたくなりました。だいぶ置いてけぼり食らってるので最短距離で追いつきたいと思います。まずはこ
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.7

ライフは3つ!現実世界に戻るにはゲームをクリアするしかない!
そのゲームの名は、ジュマンジ卍
居残りになった4人の高校生が図らずもゲームの世界に吸い込まれ全く異なる人物に生まれ変わってしまうという設定
>>続きを読む

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

4.0

スカウト!フォーエバー!('ω')ノ
青春×ゾンビ×コメディの素晴らしき黄金比。ユーモアもエロもゴアも全て安心安全のクオリティでした。
高校生にもなってボーイスカウトなんてダサい!俺らは大人のパーティ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

3.9

アクションがリアルなのはCGではなく本物だから。
開始5分から離陸する飛行機にしがみつくアクションを披露するトム・クルーズですが、実際に本人がスタントをやっているという衝撃。もはや俳優なのかスタントマ
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.8

娯楽としての映画の究極形をスピルバーグは完成させました!
目まぐるしく視界に飛び込む映画・アニメ・マンガ・ゲームネタの数々はまるで宝箱を開けるような映画体験。ジャパニーズコンテンツも盛りだくさん。ガン
>>続きを読む

3時10分、決断のとき(2007年製作の映画)

3.7

奪う者と奪われる者
追う者と追われる者
貧しい者と富める者
権力が物を言う西部開拓時代。父親としての尊厳を取り戻したい農場主ダンと残虐だが知的で思慮深い強盗団の頭領ウェイド。目には映らぬ彼らの魂のコネ
>>続きを読む

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

3.9

自己と他者との違いを認めること
アメリカでは80年代青春映画の傑作と名高い映画です。土曜の朝、補修で集められた全く異なるタイプの5人の男女。ガリ勉、お姫様、不良、スポーツ野郎に不思議ちゃん。スクールカ
>>続きを読む

わたしに会うまでの1600キロ(2014年製作の映画)

4.3

「バカなことをした」「いつやめてもいい」
荷物を詰めすぎたし、靴も小さい、まともに調理もできない。スタートしてすぐ後悔してばっかりの主人公。母親の死と離婚。人生のどん底から立ち上がるためパシフィック・
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

4.0

「大統領はゴースト・プロトコルを発令した。」
ご無沙汰しております。久しぶりにアプリ開きました。

IMFの機能停止どうこう関係なく毎度毎度イーサン・ハントの個人プレーが目玉のスパイシリーズですがシリ
>>続きを読む

>|