yudaisuzukiさんの映画レビュー・感想・評価

yudaisuzuki

yudaisuzuki

映画(414)
ドラマ(11)

ラブ&ドラッグ(2010年製作の映画)

3.7

“ある世界にカップルがいたとする。綺麗な女に優しい男。
悩み事もささやかだ。バカンスの予算、口ゲンカ、家政婦のこととかね”
“そんなのはイヤだ”
“僕は僕らがいい”

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

3.6


愛する人を解放したい弱さと優しさ、それでも抱きとめたい強さと傲慢さ。

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

3.7

ストーリーは複雑ではない。トーンや雰囲気がころころ変わるので惑わされているだけ

アンロック/陰謀のコード(2017年製作の映画)

3.7

まんまスパイアクション。オーリーは端役。

スパイ映画が良いのは、皆何かしら使命を持っているからこそ迷いがなく、
一度交差/接敵すれば、多少の不条理はありつつ、基本は実力差で勝敗が決まり、勝者のみが歩
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.6

ストーリーが変えられないせいか、衣装やカメラワークにとても力が入ってる

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.2

ヒュー・グラントはすっかり3枚目。

ベン・ウィショー始め登場人物の英語が美しく、とても聞きやすい。

>|