友香さんの映画レビュー・感想・評価

友香

友香

映画(274)
ドラマ(24)

パリ、テキサス(1984年製作の映画)

4.2

こういうオフビート(?)なやつ嫌いじゃない(オフビートの意味よくわかってないけど)

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

3.8

行き止まりの世界に生まれてと似てるってみんなに言われたからハードル上げすぎたかも

行き止まりの世界に生まれて(2018年製作の映画)

5.0

ただの”社会派ドキュメンタリー”なんかじゃなくて、本当に人間が突き刺さる映画だった。彼らは呑気にスケボーばっかりやっているように見えて実は自分の辛い過去や弱さやこれからの未来を冷静に客観視する強さを持>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

4.2

こういうちょっとこじらせたアメリカン青春を経験しないまま自分が大人になろうとしていると思うとすごく悲しくなる

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

5.0

内臓掻き回されるくらいなんか苦しかった。作品の違いなのか作品に触れた時期の違いなのかはわからないけど、原作読んだときと旧作観たときの何倍も辛かった。こころがもげそうだ

若草物語(1994年製作の映画)

4.5

やっぱりこっちもとっても素敵なんだけど、これと比べるとグレタガーウィグの時系列バラした編集すげーってなる。

スターリンの葬送狂騒曲(2017年製作の映画)

3.8

映画館で予告見てもっとコメディかと思ってた。おそロシア〜

カポーティ(2005年製作の映画)

5.0

結局その後、一つも作品を完成させることができなかったのがすごく象徴的で、それほど自分を消耗しながら書いたんだなと思う。もっと彼の書いた小説を読みたかったから残念ではあるけど、『冷血』を完成させてこの世>>続きを読む

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

5.0

謎にB級ホラー感出しながら始まるけど、タクシーならではの赤の他人同士のあったかい交流が綺麗に描かれてて最高だった、ジムジャームッシュ好きになった!特にニューヨークが好き!

借りぐらしのアリエッティ(2010年製作の映画)

4.2

トトロとかこれとか、子どものうちにこういう摩訶不思議な体験したかったなってすごい羨ましくなる

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

5.0

ニューヨーク愛全開で都会的でアンチスノッブな感じすごいサリンジャーで、ティモシーどハマりでめちゃめちゃ好きだった、、お母さんの下りも良かったなあ。
今すぐニューヨークに飛んで行きたい

アニー・ホール(1977年製作の映画)

5.0

うまくいかない恋も美しいし愛しいと思えた。ウディアレンってほんとに男女のすれ違いみたいなのを描くのがうまくて観てて面白い。失恋した友達に勧めたい映画ナンバーワン。

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

教科書には載らない戦争の枠を超えた人間の愛が感じられる戦争映画が好きだ!ハッピーエンドの方が良かったと思いそうになるけど、そう思わせるからこそ戦争映画としての意義があるんだよなあ、、

となりのトトロ(1988年製作の映画)

5.0

すんごい久しぶりに見たけど、なんか感動した。このかわいくてへんないきものが、今の日本にもいてくれたらいいな。糸井重里のお父さんもめちゃめちゃいい。

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

4.3

探偵モノって外さないなあ。エンドロールがカントリー調なのも好き

スターダスト・メモリー(1980年製作の映画)

3.3

ウディアレンの初期作品全然観たことないのに急にこれ観てみた私が悪いのかもだけど、なにがなんだか全然わからなかった。意地で最後まで観たけど。

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.2

ゴジラに爆弾しかけるっていう時でさえも外出「自粛」という言葉しか使えないし、ほかにも民主主義国家を揶揄してる感じもはやコメディみたいな面白さがあった。今と被る部分も多かった。
にしてもサントラが室井さ
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.8

哲学者にでもならない限り救われないんじゃないかみたいな2人と奇抜な表現(音楽とかアニメーションとか)がすごい居心地悪かった。酔った。けど、最後ふたりとも丸くなれたのは良かった。

映画 聲の形(2016年製作の映画)

3.6

松岡真優って知るまで気付かなかった。すごい。

ライフ・アクアティック(2005年製作の映画)

4.8

ウェスアンダーソンの映画ってなにが特別なのかは分からないけど、終わったあとなんだかすごく愛おしく思えるのはなんでだろう

天才マックスの世界(1998年製作の映画)

4.2

0か100しかないマックスを見て、自分色々と甘んじてるなって改めて気付かされた。自分本位で駆けずり回ってでもみんなに愛されるマックスはすごい。

悲しみに、こんにちは(2017年製作の映画)

4.5

ドキュメンタリーみたいに自然で、派手さがない分余計にしんどかった、、、これ演技って、子役たち天才かよ、、

ストレンジャー・ザン・パラダイス(1984年製作の映画)

4.2

たぶん誰もわかってくれないけどすんごい大学の図書館のAV室で観てる気分になった映画だった。図書館の匂いとかほんとはあんまり触りたくないボロボロヘッドフォンとかVHSを読み込む音とかを思い出した。大学行>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

5.0

社会の流れに逆らって自分の選択をするのってすごく勇気がいるし、でもその分カッコいいし、でもやっぱりそれでも怖いし、寂しい。最近自分の人生の選択と将来についてはじめて不安を感じてたのもあって、言葉にでき>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.5

ジム・ジャームッシュがこんなB級を何かの意図なしに作るわけがないと思いつつ(そんなジム・ジャームッシュ知らんけど)結局よくわからんまま終わってしまった。
スマートに乗ってるアダムドライバーとかスターウ
>>続きを読む

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実(2020年製作の映画)

4.2

見る前よりも三島由紀夫という人間を好きになった。
死を持って終わらせることを選んだ三島と、敗北したと言われても生き続けたのが戦い続けている証拠だと言う学生たち。どっちも強いなあ。あの熱量は現代にはなか
>>続きを読む

風と共に去りぬ(1939年製作の映画)

3.8

話題になってるから見たけどとにかく長い、、4時間、、壮大

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.5

退廃的な感じ、青春?のおわりを感じさせる感じ、村上春樹っぽい。なんか風の歌を聴けみたいだなあと思った。石橋静河好き

ザ・レポート(2019年製作の映画)

4.5

正義のために戦ったひとたち、カッコいいなあ。でもやっぱりなによりアダムドライバーが良い、、、

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

5.0

知らなかっただけなんだな。知ろうとしなきゃダメだ。今観れてよかった。

>|