のどかさんの映画レビュー・感想・評価

のどか

のどか

映画(251)
ドラマ(42)

思い、思われ、ふり、ふられ(2020年製作の映画)

3.0

たまにはこんなピュアな青春物語もいいよね、、、!
福本莉子ちゃんかわいい、、、!

アクアマン(2018年製作の映画)

3.0

人魚と人間の子どもであり、海を操ることの出来る、海底王国アトランティスの末裔、アクアマン。海を支配したい義兄弟が海で暴れ、アクアマンと闘うという話。戦闘シーン、ラブロマンス、王道全部詰め込まれてる感じ>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

とりあえず、治安のいい日本に生まれてよかった。笑
毎日安全安心に職に困ることもなく生きているから全く同感は出来なかったけどひたすら可哀想。

見応えはすごいから是非。
変わり者だけど心は優しい道化師ア
>>続きを読む

エスター(2009年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

孤児院から引き取った9歳の女の子エスターは、実はホルモン異常で33歳の大人、父親を誘惑して断られては家族皆殺しを繰り返す凶悪犯だった。自分の邪魔をする物も惨殺。怖。

頭のいい子ってやっぱ恐ろしい。
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.0

アリーのシンデレラストーリーと、ジャックの墜落人生が交差する物語。

実力はあるが無名のアリーはニューハーフパブで特別枠として歌っていた。ある日カリスマアーティストのジャックと出会い、ジャックはアリー
>>続きを読む

ムーラン(1998年製作の映画)

3.4

男尊女卑の社会の中、自分に自信の持てないムーランが、戦で活躍し、1人の人間として認められるという物語。

ファ家の一人娘であるムーラン。当時女は立派な家に嫁ぐことがいいこととされており、花嫁としての素
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

3.0

ずっと観たかった映画!

90歳になる花屋のアールは、家族より仕事を優先させ、子供の結婚式にも出ず家族に見放されていた。そんなある日花屋が潰れることに。家に帰るも家族は激怒。仕事もなく途方に暮れている
>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.8

3人の父親候補。ソフィは結婚式のヴァージンロードを父親と一緒に歩く夢を叶えるために、唯一の父親を捜すという物語。

ある島でシングルマザーのドナに育てられたソフィはじきに結婚式を控えていた。ある日ドナ
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

2.5

表の顔で生きる6人の就活生が、内定者が出たことをきっかけに、徐々に裏の顔を覗かせていく。表の顔はダサくてなかなか見せられない。けれどぶつかり合って行く中で、ダサくても自分と向き合うことを学んでいく。>>続きを読む

セックス・アンド・ザ・シティ(2008年製作の映画)

3.2

個々のキャラクターが好き。
今ドラマを見てるところ。
顔だったら圧倒的にシャーロット推し。

プレステージ(2006年製作の映画)

3.7

観終わってネタバレ見るまでタネが分からなかった。笑

マジシャン2人が妬みあう話。

途中ふーんって感じで観てたけど、最後、え?え?ってなった。笑
ノーランはさすがね

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

4.5

人は2度死なない__________
脳死となった娘と、それを思う母親、それを取り巻く人々の物語。

2人の子供を持つ薫子と和昌は浮気を理由に冷めきり別居していた。ある日薫子の母が娘の瑞穂をプールに連
>>続きを読む

名探偵コナン 瞳の中の暗殺者(2000年製作の映画)

2.5

毎度コナンのアクションが非現実すぎて唖然とする。
やっぱりどの時代においても空手都大会優勝が最強説。

なんか内容はイマイチ分かりにくかったかなと

カイジ2 人生奪回ゲーム(2011年製作の映画)

2.7

カイジ1が面白かったから連続で鑑賞!

またもや借金まみれになったカイジ(笑)。今度は通称”沼”と呼ばれるパチンコマシーン。あたりは運営側帝愛グループで巧妙に細工されていた。しかしカイジたちはそれを見
>>続きを読む

カイジ 人生逆転ゲーム(2009年製作の映画)

3.4

「キンッキンに冷えてやがる・・・!」

借金の連帯保証人になってしまったためにどん底へ落ちた藤原竜也演じるカイジ。借金先の女から、あるゲームへの参加を提案され乗ることに。
一回目はジャンケンゲーム。1
>>続きを読む

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

あっさり騙された。笑

陰キャデブのたっくんが、美少女まゆと付き合う話。美少女の為に痩せようと一念発起し美男子に生まれ変わる。そしてたっくんは東京へ。徐々に距離が離れる2人。そして別れるも、たっくんは
>>続きを読む

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

2.7

エルサの力の謎、魔法の国が何故閉ざされたのかを解き明かす旅。

不思議な声を何度も耳にするうち、声に呼ばれている、その謎を明かすことを決めたエルサ。精霊たちが怒りを見せたのを機に、みんなで魔法の国へ。
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.1

女社長と、シニアインターンが心を通わせていく話。
最初は忙しくて自分に精一杯の女社長だから、やたら追いついているシニアをよく思わない。しかし着実な仕事ぶりと、気遣いに、次第に心を開き、よきパートナーへ
>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

2.4

孤児院の話。
ズッキーニのパパは不倫して家を出て、それから ママは乱暴に。ある日ママが不慮の事故に遭ったために、ズッキーニは孤児院へ連れていかれる。孤児院には5人の仲間が。それぞれにつらい思いを抱えて
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

2.7

金ローで鑑賞。カット部分が多かったからなのか、全然怖くなかった!

アメリカのデリーで子供たちに起こる様々な失踪事件。一体何が起こっているのか。

日本だと恐怖体験後にそのまま殺されるのに、これは恐怖
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.2

落ちぶれパパラッチの都城静とルーキーの行川野火。最初は噛み合わない2人だったが徐々に名コンビになり次々とスクープを撮りまくる。
野火の真っ直ぐな心に刺激を受け、次第に静も夢を思い出す。
ある日でかいス
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.3

誰とも向き合わず孤独で、中学の同級生である一に10年恋する女の子が、ある日別の部署の二に告白され、2人の男の狭間で悩む話。
ある日主人公は、別の子になりすまし同窓会を開くことに成功。ある程度まで一と距
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.3

ベトナム帰還兵。不眠。黒人街。ネオン。モヒカン。銃。社会が抱える闇。
嫌悪感や疎外感に気を狂わせるトラヴィスの話。彼は本当に英雄なのか。


タクシードライバーであるトラヴィスが、ある日ベッツィに一目
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

4.2

連続殺人事件の犯人を追う話。
キリスト教のの七つの大罪のキーワードになぞらえて殺人が行われていく。罪なき人々を殺した犯人を捕まえようと躍起になって泥沼にはまっていくミルズと、冷静沈着に対応するサマセッ
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

2.9

犬のベイリーが何度も生まれ変わって最後イーサンのもとにたどり着くという物語。

イーサンに再び会うまでに警察犬や保護犬や普通の家庭やさまざまな経験をし、最後イーサンのもとにたどり着く。イーサンもベイリ
>>続きを読む

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

2.8

ワンピースを巡る戦いを描いた物語。
海賊万博に集まった最強の海賊たちが、ワンピースに繋がる秘宝を手に入れようと戦闘が繰り広げられる。一方で海賊万博の主催者たちは、海賊を集めバスターコールを発動、海賊た
>>続きを読む

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

3.7

幼い頃は怖くて観れなかったジブリのひとつ。
千尋の葛藤、決断、前進。その一つ一つに心を動かされる。
カオナシは未だに掴めなくて好きにはなれない。

ONE PIECE FILM GOLD(2016年製作の映画)

2.9

声優豪華!
結論は分かってるのに、やっぱり熱くなってしまう〜〜
ギアフォースって終わったらルフィちっちゃくならんかったっけ?

カラスの親指(2012年製作の映画)

3.1

地味にキャスト豪華。
何回も観たけどやっぱり好きだな。
優しい嘘。深い愛。

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)

3.3

好きなディズニー映画。
やっぱりディズニーなんだよね、素晴らしすぎる。サブキャラがいいよね。

時をかける少女(2006年製作の映画)

3.1

ザ、夏な映画。タイムスリップ楽しい。青春の1ページ、一瞬の夏。

ライオン・キング(1994年製作の映画)

4.1

プライドランドの王の息子として生まれたシンバ。
ムファサが治める平和な王国であったが、一方でムファサの弟であるスカーは王座を狙っていた。
ある日、スカーはハイエナと手を組み、シンバをムーの群れに追い込
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

5.0

ほんとに何回観たか分からない。人生で1番観てる映画。
アン・ハサウェイも勿論好きだけど、ラッセル・クロウだよね。

君の名は。(2016年製作の映画)

4.2

新作公開にて再度鑑賞。

とりあえず展開の速さ。全然飽きない。きっちり最初から最後まで観たくなる映画。
タイムトラベル系だけどきっちり回収されてるから話も解りやすい。
アニメってあんまり話に入り込めな
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

1.2

序盤から声優が棒読みすぎて入り込めなかった。。。くんちゃんも、喋り方も考え方も行動もへん。イヤイヤ期やばすぎん?5歳児?笑

世界観も全然わからなかった。話がまとまりなさすぎ。みんなの過去を知ったから
>>続きを読む

>|