GTさんの映画レビュー・感想・評価

GT

GT

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

4.5

生きる力、そして「あとは神に委せる」力。ときおり挟まれる美しい画と相まって、人の持つ力、持つべき力の意味を感じさせた作品。ディカプリオ、あまりしゃべらないのに貫禄の演技力、流石 。

ジャングル・ブック(2015年製作の映画)

3.5

流石ディズニーといった感じ。
エンドクレジットがなかなか良い。
人間をどの位置に置くか。

ミュージアム(2016年製作の映画)

4.0

守りたいものはみんな違う。やりたいこともみんな違う。でも、やらなければならないことはみな同じ。テーマの核心は「家族」。カエル男が途中口ずさむ「メトロポリタンミュージアム」。最後絵の中に閉じ込められるあ>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.0

ゴジラをどうするかその過程を政府、統括機構側から見ていく作品。もっと市民サイドのストーリーを挟んでもよかったかも。

ズートピア(2016年製作の映画)

4.5

強い者と弱い者お互いの持つべき心の大きさ、そして“諦めない”ことの大きさ。可愛いキャラクターがいろいろ教えてくれる。主題歌の歌詞が物語に染みてくる。そしてニック、カッコいい。

ヴィジット(2015年製作の映画)

3.5

普通と異常が混じり合う交差点に徐々に進入していくような映画。

日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

4.5

戦争とは、人間とは、その永遠の問いに答え続ける一本。本木の昭和天皇、なかなか見応えがある。

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

5.0

実際に起きた航空機事故を、そのインパクトに頼るのではなく、サレンバーガー機長等の苦悩と内面を描きながら人々の記憶と記録に残る映画にまとめあげた、クリント・イーストウッド監督とトム・ハンクスに拍手。