ちくわのちぃさんの映画レビュー・感想・評価

ちくわのちぃ

ちくわのちぃ

私にとって映画は、心を震えさせて今居る場所から作品の世界に連れて行ってくれる大切な存在です。その震えが、心の浅い部分であっても心地よく、深くなる程に感服し感謝を感じます。絵画であったり音楽であったり、も同じです。心を揺さぶらない、あるいは、作品の世界に連れて行ってくれない、とかだと残念しかありません。

映画(85)
ドラマ(2)
  • List view
  • Grid view

火花(2017年製作の映画)

3.7

漫才の面白さには、
最初から期待していなかった。
そんな事を期待するのは、
芸人に失礼だと思って居るから。

青春映画として観た。
清々しく感じた。

また、観ると思う。

ビジランテ(2017年製作の映画)

2.2

好きなトコロが全く無かった。
もう二度と観ない。

>|