2秒前さんの映画レビュー・感想・評価

2秒前

2秒前

  • List view
  • Grid view

最後の決闘裁判(2021年製作の映画)

-

確かに近年の非SFリドスコ作品のなかでは出色の出来。美術、衣装、ロケーション全て素晴らしいが三章構成の弊害か編集はややせわしない。戦闘場面は画面グラグラ、ぶつ切りの連続で甲冑チャンバラの醍醐味は最後ま>>続きを読む

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

-

“キワモノ”になるのを恐れるあまり無難につまらないものになっている。もっと大惨事スレスレの失敗作を見たかったのだが。でもまあ途中でこれはこれで良い気がしてきた。どうせパート2は作られないだろうしDUN>>続きを読む

キャッシュトラック(2021年製作の映画)

-

スコット・イーストウッドの正しい使い方を始めてみた。ステイサムの右腕を演じるダレル・デシルバの渋味も素晴らしい。警備部隊の紅一点を務める二アム・アルガーも好演している。そして何よりホルト・マッキャラニ>>続きを読む

ONODA 一万夜を越えて(2021年製作の映画)

-

前半は文句なく面白い。部隊の人数が段々減っていく最初こそは凄惨な撤退戦とサバイバルが主軸かと思ったが、部隊が主要な四人で固まると地名付けのシーンなどで遊戯性さえ醸し出す余裕が出てきて風通しが良い。突発>>続きを読む

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

-

無理矢理過去の因縁を捏造しないとドラマが語れないシリーズになってしまった不幸を背負い込んだ一作。悪役とボンドが顔を合わせるまで2時間もかかる脚本に誰も疑問を挟まなかったのか?ぼんやりとした理由でFOX>>続きを読む

ザ・シャウト/さまよえる幻響(1978年製作の映画)

-

最初の食堂に並べられた遺体の身元を確かめるために順にシーツをめくっていくシーンからもう巧い。というか何もかもカルトと呼ぶには巧すぎる。
人を殺せる叫びという表象不可能なものを表現するにあたっての思い切
>>続きを読む

レミニセンス(2021年製作の映画)

-

困ったな、感動しちゃったよ。本質的にはノワール/探偵モノである話を語るのにこれだけ複雑な設定と金のかかった画面を用意しなきゃならないのは不健康に感じるのだけど、良く言えば古典的だが古臭い物語をとってつ>>続きを読む

オーソン・ウェルズの フェイク(1975年製作の映画)

-

編集の映画。というか映画そのものが編集について思考しているような映画。
ウェルズ自身が最も魅力的被写体であることを、彼自身わかっている。

天晴れウォング(1932年製作の映画)

-

仏陀の正義を手斧によって執行する世襲制の殺し屋“ハチェットマン”(なんちゅう設定や)を演じるロビンソンがなかなか強者感を出していて良い。
チャイナタウン式の葬式で始まる冒頭は『イヤー・オブ・ドラゴン』
>>続きを読む

白い船(1941年製作の映画)

-

ロッセリーニは一作目から男女のすれ違いの映画を作っていたのか。
ドキュメンタリータッチなんて言葉に騙されることなかれ、映画はペンダントの行方を追い続けやがて片割れの運命の相手に気づくというメロメロのメ
>>続きを読む

緋色の街/スカーレット・ストリート(1945年製作の映画)

-

シモンではなくロビンソンになったことで喜劇性は薄れているが善良で小心者の男が落ちていくノワールとしては絶品。なんとも情け無いエプロン姿はロビンソンならでは。
『牝犬』ではさらりと流された会社の金に手を
>>続きを読む

牝犬(1931年製作の映画)

-

刃物を執拗に写しておいて、路上演奏の雑踏からカメラが上がって行くとすでに息絶えたジャニー・マレーズにミシェル・シモンがキスしている。黒猫も良い。建物に入っていったジョルジュ・フラマンが虚脱して出てくる>>続きを読む

モンタナの目撃者(2021年製作の映画)

-

見事なプロフェッショナル活劇。殺し屋や消防士などの仕事人はもちろん、事の始まりが殺し屋コンビが標的の会計士の判断力を見誤ったことであるように、主要登場人物が生き残るための最適手を取り続けるため観ていて>>続きを読む

子連れ狼 地獄へ行くぞ!大五郎(1974年製作の映画)

-

土蜘蛛衆との橋上でのチャンバラやその後の枯れた草原などの撮影は良い。
土蜘蛛三人衆との戦いが隠し刃で刺し殺すだけなのは勿体無いけどスキーチャンバラは意外と悪くない。寧ろ荒唐無稽なアイデアに対して堅実に
>>続きを読む

イット・カムズ・アット・ナイト(2017年製作の映画)

-

酷い。何も始まらずに90分経った。
夢オチもズームもアスペクト比変えも全部ダサい。

ゲームの規則(1939年製作の映画)

-

狩のシーンの素晴らしさ。
皿が割れ、タライは蹴り飛ばされ、銃弾は的を外れるというのも一つの規則。狂騒のドタバタの末に哀愁が漂い始める。
コートの交換によって標的が変わっていく様にゾクゾク。

悪魔の赤ちゃん(1973年製作の映画)

-

警察を総動員しての“赤ちゃん狩り”に誰も疑問を挟まない潔さ。
ジョン・P・ライアンのまだ温もりの残るベビーベッドの感触を確かめる、取り外したことを失念して電球を付けようとする、といったような緊張感を増
>>続きを読む

デッドゾーン(1983年製作の映画)

-

予言にしろ元恋人との情事にしろ内向的な少年との交流にしろ、とにかく過程を省いて結果結果結果で繋いで行くからテンポが良い。上議員議員と握手しに行くのにも特に理由がない。
孤独な男が誰にも理解されずに世界
>>続きを読む

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

-

序盤の暴走バス内でのアクションはなかなか良かったのだけど、そこがピーク。マカオでの工事用足場上でのアクションも『ザ・ファブル2』の方が圧倒的に面白かったが、それでもここまではシチュエーションによってア>>続きを読む

生きてる死骸(1941年製作の映画)

-

ネジの外れた妹たちの人物造形が面白い。その秘密を共有するには最悪の二人に脛に傷持つルイス・ヘイワードが加わりサスペンスとしてぐんと面白くなる。
時代設定と霧と沼地に囲まれた館という舞台は完全に怪奇映画
>>続きを読む

光りの墓(2015年製作の映画)

-

物語の輪郭が掴めそうになると途端にすり抜けてしまうような体験の連続に振り落とされそうになりながらの鑑賞。
ふと王女だという女性たちが現れて病院の秘密を明かしていく展開には笑った。
中盤の夜の街が光に包
>>続きを読む

ブンミおじさんの森(2010年製作の映画)

-

凄まじい。急に魑魅魍魎と食卓を囲み始めた時はビビった。
ナマズとセックスする醜い王女の挿話も意味わかんなくて面白い。
今回も最後にクソダサい曲が流れて満足。シチュエーションも幽体離脱して飯食いに行くと
>>続きを読む

世紀の光(2006年製作の映画)

-

前世、というのはアピチャッポン作品に通底する要素だが、この作品ほどそれが最も顕著に出た作品だろう。なんせ映画自体が途中で生まれ変わってしまうのだから。
豊かな緑に囲まれ、登場人物たちが伏し目がちにはに
>>続きを読む

チャイナ・ゲイト(1957年製作の映画)

-

ジーン・バリーとアンジー・ディキンソンが口論をしている。此度の爆破作戦にはディキンソンの協力が不可欠だが、彼女は自分と子供を捨てた彼を許せないのだ。当の子供は我関せずとばかりにふとバリーの腕時計をいじ>>続きを読む

疑惑の渦巻(1949年製作の映画)

-

ジーン・ティアニーが最初に暗示にかかる所、彼女の顔に影がかかり目が虚になる。そしてゆっくりと劇伴が遠ざかる。
二度目の暗示、手紙に夫への愛を綴っていると時刻を知らせる鐘が鳴り、腕時計で時刻を確認すると
>>続きを読む

オールド(2021年製作の映画)

-

面白い。ただ閉ざされたビーチという舞台を持て余しているようにも。やたらと人物への接写を多用しているし劇伴への依存度も高め。ただとある理由で危険人物認定された男性を遠巻きに見つめるショットや何度もマッチ>>続きを読む

スペース・プレイヤーズ(2021年製作の映画)

-

うんざりするほど楽観的。ギャグはくたびれるほど支離滅裂で矢継ぎ早。役者は軒並み大根。話は取ってつけたかのように薄っぺらく、付き合い切れないほどご都合主義的で、所々は本当に退屈。でも面白いですよ、コレ。>>続きを読む

サーチャーズ 2.0(2007年製作の映画)

-

ここまでムチャクチャやられると降参。
最後の三つ巴クイズ対決なんて馬鹿馬鹿しさの極みなんだけど、感動的だ。

子連れ狼 冥府魔道(1973年製作の映画)

-

これまた凄まじい一本。
今際の際にリレー形式で裏の事情を説明していく五人衆と死会うロケーションや死にっぷりが多種多様で楽しい。特に三人目は人体炎上までサービスしてくれる。
一作開いたことで三隅がどれだ
>>続きを読む

歩道の終わる所(1950年製作の映画)

-

あっさりおっ死んじまって大変という導入は『恐怖のまわり道』を想起させる。悪女では無いが女によって主人公の運命が狂っていくという点でも、外観こそ刑事物だが感触はむしろノワールに近い。
それにしてもこの主
>>続きを読む

ドント・ブリーズ2(2021年製作の映画)

-

盲目の老人の前作からの変わりようと同じくらい”家”のつまらなさが残念。まああの老人の内面と家の内装はほぼイコールなので仕方ないのか。仰々しく映される地下の箱もただの小型シェルターでしかなく拍子抜け。>>続きを読む

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結(2021年製作の映画)

-

スクワッド “極”悪党、集結』イドリス•エルバはいい役者ですね。終盤の彼らの決断が道徳心や正義感によるものではなく、あくまで映画に突き動かされてるように見えるのも、諦念や徒労感が一回りしたかのような彼>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

-

面白いわけでもなくつまらないわけでもなくただ見れてしまう無機質感。『ゼイリブ』、『トゥルーマン・ショー』的要素が物語に何の亀裂も入れることなくダラリと流れて行く。カメオ、小ネタシーンは全て虚無。ジョデ>>続きを読む

>|