さうすさんの映画レビュー・感想・評価

さうす

さうす

  • List view
  • Grid view

ディナー・イン・アメリカ(2020年製作の映画)

3.0


ぶっ飛び方が素敵
自分を肯定してくれる存在は
人生を変えてくれる

149本目 WOWOWオンデマンド

アイダよ、何処へ?(2020年製作の映画)

3.0


人の命をなんだと思ってるのだろう
どう受け止めていいのか分からない
どれだけ残酷なことが起きても
進んでいく日常は
救いになるのだろうか

148本目 WOWOWオンデマンド

選ばなかったみち(2020年製作の映画)

3.0


どんな姿になっても
父であり、娘なんだと思った。

147本目 WOWOWオンデマンド

僕と頭の中の落書きたち(2020年製作の映画)

3.0


統合失調症になると
どういう症状が現れるのか
初めて知った。
誰かの救いがあったとしても
自分で何とかするしかない
心を開いて伝えた時
少しだけでも、世界は広がる

146本目 Netflix

2つの人生が教えてくれること(2022年製作の映画)

3.0


どっちの人生にも
幸せはあるし悲しみもある
色んな分岐点の中で
結局生きるのは一つの道だけど
どっちが良かったとか
どっちが悪いってこともない
目の前の出来事を受け止めて
進んでいくしかない

14
>>続きを読む

僕の世界の中心は(2016年製作の映画)

3.0


周りに流されなかった
彼の強さが際立っていた。

144本目 WOWOWオンデマンド

教えて? ネコのココロ(2022年製作の映画)

3.0


住んでる国によって
猫の性格も違うことを
初めて知った。
猫をもっと愛そうと思った。

142本目 Netflix

ディア・エヴァン・ハンセン(2021年製作の映画)

3.0


一人の死を通して
色んな出来事が起きて
色んな感情が生まれていく
正しかったとか間違っていたとか
そういうのはどうでもいい
何かしらの意味があったなら
それでいい

141本目 WOWOW

沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~(2020年製作の映画)

3.0


逆らえない時代の流れ
逃れることの出来ない現実
悲惨な状況が多かったけど
人間の優しさが垣間見える瞬間が
印象に残った。

139本目 WOWOWオンデマンド

メインストリーム(2021年製作の映画)

3.0


SNSやYouTubeで
人が商品のように扱われてると
思うことが増えてきたこの頃。
どこまでいってしまうのだろう
中身の価値は人によって違うから
人気といっても知らない人もいる
結局はその界隈だけ
>>続きを読む

キャッシュトラック(2021年製作の映画)

3.0


誰かから見れば英雄であり
誰かから見れば悪党である
どちらでも無ければ
どちらでも有るような人だった。

137本目 WOWOW

パーフェクト・ケア(2020年製作の映画)

3.0


とことんやり込む姿が
颯爽としてて
カッコいいと思ってしまった。

136本目 WOWOW

テーラー 人生の仕立て屋(2020年製作の映画)

3.0


一人一人に合うものを選んでいく
誠実で寛大なところが良かった。

135本目 WOWOW

マイ・ダディ(2021年製作の映画)

3.0


ただ目の前の大事な命を救うために
何でもがむしゃらに動く姿が良かった。

134本目 WOWOWオンデマンド

ブータン 山の教室(2019年製作の映画)

3.0


おもてなしの心と受け入れる心
先生は未来に触れることが出来る
まっさらな気持ちが眩しかった。

133本目 WOWOWオンデマンド

HUSTLE ハッスル(2022年製作の映画)

3.0


真面目に向き合ってきた者には
報われる瞬間が必ず訪れる

132本目 Netflix

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

3.0


人生には
その人に出逢うために
訪れた瞬間の重なりが
いくつもある

131本目 Netflix

彼女が好きなものは(2021年製作の映画)

3.0


ドラマ版が良かったので映画版も。
約二時間の中でも大事な部分は
丁寧に描いてて良かった。

130本目 Netflix

タルサ 俺の天使(2020年製作の映画)

3.0


自分に必要な出逢いが
誰にでも必ずどこかで現れる

129本目 Amazonプライムビデオ

君のためのタイムリープ(2017年製作の映画)

3.0


甘酸っぱい青春から続く未来
主人公とヒロインが良かった。

128本目 Amazonプライムビデオ

天空の結婚式(2018年製作の映画)

3.0


暖かくて優しさが漂う物語

127本目 Amazonプライムビデオ

ソー:ラブ&サンダー(2022年製作の映画)

3.0


ロックでパワフル
愛があればどこまでも動ける
ナタリーがイケメンすぎた。

126本目 映画館

サムジンカンパニー1995(2020年製作の映画)

3.0


仲間が増えれば動くことがある
実話だからこそ響くものがある

125本目 WOWOWオンデマンド

セバーグ/セバーグ 素顔の彼女(2019年製作の映画)

3.0


プライバシーに入り込みすぎる組織
当人だけの問題の本質を理解しないまま
物事が進んでいく気持ち悪さ
人種差別を無くせるかどうかは
差別してる側の意識次第

124本目 Netflix

ソウルメイト/七月と安生(2016年製作の映画)

3.0


守ったり引いたり進んだり
結局大事なものが離れていく
こうなる運命だったとしても
簡単に受け入れられないのが人間

123本目 WOWOWオンデマンド

SEOBOK/ソボク(2021年製作の映画)

3.0


生き続けることも
いつか死ぬことも
それぞれの怖さがある
どう考えるのかは人それぞれだけど
誰かを犠牲にしてまで得られた命は
いつか壊れてしまう

122本目 WOWOWオンデマンド

アイ・アム・アリ(2014年製作の映画)

3.0


アリの笑顔や優しい表情を見たのは
このドキュメンタリーが初めて。
色んなことが起きても
最終的には愛されたまま
これはアリの人柄なんだろうなぁと思った。

121本目 Amazonプライムビデオ

ニューヨーク 親切なロシア料理店(2019年製作の映画)

3.0


子供の強さと大人の未熟さ
貧困問題や家庭内暴力の
厳しさが描かれていた。

120本目 Amazonプライムビデオ

少年の君(2019年製作の映画)

3.0


いじめてた側は
ずっと何をやっても
許されてきたんだろう
誰かが隠して伏せてくれるから
ただの気晴らしみたいに人を扱う
耐えきれない時間が続いても
警察なんてあてにならない
初めに手を出した方が悪い
>>続きを読む

アート・オブ・ラビング(2017年製作の映画)

3.0


性を伝えることの難しさ
人によって捉え方が違う分
理解するのにも時間がかかる
彼女の抱えてる複雑さが
より物語を濃くしていた。

117本目 Netflix

キーパー ある兵士の奇跡(2018年製作の映画)

3.0


過去を背負って生きるのは
一生のことなのだろうか
忘れられないからこそ
忘れてはいけないと縛り付けるのか
バチが当たったと思うのは
少し過剰な部分もあるのかもしれない

116本目 Netflix

前科者(2022年製作の映画)

3.0


父親が暴力をふるわなければ
母親が殺されていなければ
この負の連鎖は起こらなかった
どこにだって起爆剤はある
人が狂い出すのは時間の問題
関係ない人は巻き込んでいないし
やられた分の復讐のためなら
>>続きを読む

レスキュードッグ・ルビー(2022年製作の映画)

3.0


人間であれ動物であれ
信頼していれば信頼される
分かり合うことが出来る

114本目 Netflix

>|