310ちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

310ちゃん

310ちゃん

映画(182)
ドラマ(0)

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.6

うさぎのピーターとその仲間たちがマクレガーさんちの庭の野菜を求め奮闘するお話。字幕。

最初に思ったのは、とにかくグラフィックがキレイだと感じた。うさぎたちのモフモフ感がかなり出ており、しかもよく見る
>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

3.8

イオンシネマお別れ上映500円。

父の勘違いにより、幼い頃から友達もおらず一人で遊ばなければならない生活を強いられ、また母の死を間近で見てしまうことや、父は母なき後アメリへの関心が薄れてしまうなど心
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.6

冬の間、ホテルを閉鎖するので凍結しないよう暖める仕事をする為、家族3人だけでホテルの住むお話。

まず、こんな仕事がアメリカにはあるのかと驚いた。
家族でホテルについてから少しずつ歯車が狂いだすのだが
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.2

広島県呉市が舞台で、刑事(松坂桃李)目線で物語が進んでいく。
一昔前の警察ということもあり、役所広司演じる刑事は中々見応えがある上に、渋くてカッコいい。
松坂桃李も馬鹿正直で真面目な現代っ子警察官とし
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

3.9

メメントという題名の通り、記憶障害で少し前の出来事を忘れてしまうので、それを思い出すための写真やメモ、刺青を頼りに妻殺しの犯人を探す作品である。
記憶障害という点からあえて結果からスタートして、その原
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

3.8

他人の夢に入り込んで情報を抜き取る、植え付けるという発想が面白かった。
夢は自分の記憶を整理する機能であったり、感情が大きく関わっていることもしっかりと取り入れられており、また何でも創造できるというこ
>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.7

金曜ロードショーで。
事前に2(アップライジング)を観ていたのもあって、こうやって繋がるのか!と逆に関心してしまった。
2で個々の機体があまり活躍していなかったのでこちらはどうかと思ったが、基本的にジ
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

IMAX3D字幕で鑑賞。
単純にIMAXが初めてだったのでそこに引っ張られた部分もあるが、ストーリーも各作品に散りばめられていた伏線を拾いながら進んで行くので、ファンにとってはとても見応えのある作品に
>>続きを読む

オール・チアリーダーズ・ダイ(2013年製作の映画)

2.7

アメリカのアメフト部とチアリーダーたちの関係が密であることとティーン(イケイケグループ)がどんな感じかわかる。
あらすじでも述べているので言うが、喧嘩してチア部が死に、石と儀式によって蘇りアメフト部に
>>続きを読む

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

3.8

1960年代のアメリカを主軸にしたミュージカルで、主に差別に対するメッセージを発している。
当時の服装や髪型なども再現されており、素人なのであまり区別はつかないがダンスも最初は使い分けているよう。
>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

4.0

いきなりABBAの曲が流れその後も頻繁でてくる。また島や海の雰囲気がとても良く歌もノリノリで良い。そして子は親に似るとはこのことか。人生楽しそう。
物語の流れとしては、本当の父親を知りたい娘が母親が昔
>>続きを読む

キック・アス(2010年製作の映画)

3.6

字幕で鑑賞。
オタクの少年がヒーローに憧れて、結果的にヒーローっぽくなる話。
ヒーローと言いつつも実際はただの人間なので、うまくいかない、自分の無力さなどの葛藤はヒーローになりたい人なら誰しもが経験す
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.7

3D吹替で鑑賞。
VR世界の開発者が死亡し、その全権を手に入れるべく3つの鍵を探し出し、イースターエッグを手に入れるお話。

ストーリーの流れはわかりやすく、全く疑問を持つことなく観ることができる。
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.6

前作を知らずに観たが、特に問題なく観ることができた。数名前作から引き続き出ているキャラもいるので、観た方が良いかなという印象はあった。
ストーリーの展開として入隊→侵略→戦闘と3つに分かれるが、30分
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~(2018年製作の映画)

3.4

ぷにぷに拳の使い手として春日部防衛隊が活躍するのだが、蘭ちゃんが素直で可愛い。
まさおの精神的な成長は素晴らしいと思う。

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.0

チェンバレン首相が辞任を迫られるところからスタートし、如何にしてチャーチルが首相になり、ダンケルクのダイナモ作戦が遂行されたかまでを描いている。
とりあえず、事前にいくつかのサイトでチャーチルの沿革や
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.0

吹替で鑑賞。
前回のボードゲームがテレビゲームとなって復活し、選んだキャラで各自のスキルを駆使して生き残れ!
という予告通りの作品で、元の姿、性格とは真逆のキャラ且つ見た目は大人だが中身は子どもなので
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.7

女性が主役のスパイ映画と言えば昨年のアトミック・ブロンドがあったが、今回はアクション要素はほぼ無く、よりリアリティのあるスパイ映画だった。
予告でもあったように心を操るのがスパイの本分であり、実際に観
>>続きを読む

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

4.2

個人的にはかなり刺さった。
まず赤ちゃんが可愛い。ストレスが溜まっていたがかなり癒された。
次に、大人でも笑えるシーンが所々あるのでかなり楽しめた。くだらないシーンも多いので子どもなら尚更楽しいと思う
>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.4

行方不明のパパが残した物をきっかけに卑弥呼とパパに会いに行ってしまうお話。
予告をちゃんと見ていなかったので、急に「Japan」とか「Himiko」とか出てきて正直驚いた。特にHimikoに関しては占
>>続きを読む

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

-

金曜ロードショーで観てたが、エンドロールがクッソ重要そうなのに左下にワイプで映り10秒くらいで終わってしまったのでショックが隠しきれない。
故に評価はちゃんと観てから!
はぁ…

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.2

舞台がメキシコということで、音楽や家、街の様子がとても良く、いい感じに文化の違いを感じる。
私たち日本人におけるお盆が、所謂この作品の「死者の日」と呼ばれるものだろう。やり方は違えど、死者の為に道を作
>>続きを読む

さよならの朝に約束の花をかざろう(2018年製作の映画)

3.6

何百年も生きるイオルフの少女マキアが人間の赤ちゃんを拾い、その子の人生を見るお話。

ストーリーが面白そうだと思い観たが、前半1時間くらいはずっとエリオルとの生活を描いており、よく言えばエリオルの成長
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.4

R−15指定で明らかにモンスターがいるので期待と不安が同時にあったが、かなり良かった。アニメ等のデフォルメされた姿では無い、ガチの姿なので最初は抵抗があったがやはり人間慣れるもので。

冷戦時代のアメ
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の宝島(2018年製作の映画)

3.5

珍しくレイトにドラえもんがあったので鑑賞したが、冒険感がとてもよく出ており、また伏線がいくつかあるもしっかり回収していくので良かった。
シルバーが悪い方向に進んでしまった理由を知ると同情してしまうし、
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.3

アベンジャーズシリーズということで期待していたものの、個人的にはそこまでであった。その大きな原因の一つが吹替だったからであろう。というのも吹替でも字幕(ワカンダ語?)が頻繁に出るのだが、その時は非常に>>続きを読む

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

3.0

昨日、世界ふしぎ発見で空海の情報を見たのに加え、父が「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」を読んでおり、面白かったぞと言うもんだから観てみた。
しかし、自身が中国の歴史に疎いのもあり理解が及ばないことや、幻術
>>続きを読む

ロシュフォールの恋人たち(1966年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

カフェを軸として、主となる人物たちがそれぞれの理想の人を探し求めるストーリーである。
ちなみにジョゼット(カフェの店員)が一番可愛いと思う。
そして双子姉妹の歌であるが、聴いていて思ったのは韻を踏んで
>>続きを読む

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ちょっとした会話も全て歌い口調の為、鬱陶しい人は厳しいかもしれない。
内容は若い男女の恋愛で、戦争に行ってしまうギイ(20歳)との別れに悲しむジュヌヴィエーヴ(16歳)に焦点が当てられる。
やはり2年
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.7

The 王道ミュージカルで成功、失敗、恋愛、いざこざ等全てがある。だが起承転結がはっきりとしているので非常にわかりやすい。そしてヒュージャックマンの笑顔がすごく良い作品である。
ただ、尺が短く色々と詰
>>続きを読む

劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち(2017年製作の映画)

3.5

テレビのネコ歩きのイメージで観たら、割と日本のコトラ一家の話で少し残念であった。
というのもネコを見つつ、世界の風景、暮らしを見るのがとても好きで、楽しみにしていたので…
もちろん4ヵ国巡ってくれるの
>>続きを読む

ミッドナイト・バス(2017年製作の映画)

3.7

約3時間という長編ではあるが、そこまで気にならないくらいの良さはあった。逆に長かったが故に、最終的に自分が親になったかのような感じがした。ただ、全体的に色々と経験している大人向けの作品であることは間違>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.1

漫画を見ていたので、いじめのシーンに対する嫌悪感がどうなってしまうのか心配であったが、映像になるとまた異なり、ある意味小学生の純粋、素直さ、それがある意味の残酷さを表していた気がする。
恋愛とはまた違
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

昨年の1月に続き、今年も上映したので鑑賞。
戦時中の広島を舞台に女の子すずの人生を描いている。この作品は戦争に焦点を当てているのではなく、生活の様子を良く描いている。それ故、当時の様子、いわゆる生活や
>>続きを読む

マイマイ新子と千年の魔法(2009年製作の映画)

4.0

戦後間もない昭和30年の山口が舞台なこと、方言が聞けること、そして純粋な子どもの姿を見ることができる。
最初に転校してきた貴伊子だが、どの時代でも転校生は大変なんだなと感じる。子どもは残酷である。
>>続きを読む

さざなみ(2015年製作の映画)

3.4

妻視点で常に動くため、夫が何か良くないことをしているのが手に取るようにわかるのも面白い。同時に妻が嫉妬してしまうのもわかる。
ただ、夫の行動もわかる。氷の中に昔愛した女性がいる。彼女はどんな人であった
>>続きを読む

>|