ベイビーさんの映画レビュー・感想・評価

ベイビー

ベイビー

映画(448)
ドラマ(1)

カストラート(1994年製作の映画)

3.6

いつまでも少年のような美声を保つ為、声変わりの前に去勢をさせられた男性歌手を「カストラート」と呼びます。

16世紀半ばから19世紀の終わりにかけ、ただ美しい声を残すことを目的として、非人道的な去勢を
>>続きを読む

わたしたち(2016年製作の映画)

4.3

うっ、なんだこのチクリと刺さる感覚は…

それは冒頭の取り取りジャンケンから始まっています。クラスのドッヂボールのチーム分けで、ジャンケンで勝った方から順番に欲しい人を指名していく中、あの最後まで名前
>>続きを読む

象は静かに座っている(2018年製作の映画)

4.5

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいします。

毎年新年の一本目に何を観ようかと悩むんですが、今年は以前から観たかったこの作品に決めました。

選考理由は、この作品を感動する作
>>続きを読む

他人の顔(1966年製作の映画)

4.2

安部公房原作・脚本。勅使河原宏監督作品。音楽、武満徹。出演仲代達矢、京マチ子。

ずっと昔から観たかった作品。レンタルはもちろん、セルでも探していたのですが全然見つからず(一度中古で、勅使河原宏監督作
>>続きを読む

ホモ・サピエンスの涙(2019年製作の映画)

3.8

"やっぱり愛がなくっちゃね"

こんな映画のコピーに惹きつけられ、何気に今作を観てみたのですが、内容はまるでコロナ禍の煽りで心から疲弊している、今の世の中に生きる人々を描いたような作品でした。

ふと
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.3

やっと観に行きました。

今まで皆さんのレビューを読むのを我慢して、なるべく知識を入れず作品に挑もうとしたのですが、薄っすらと聞こえてくる"難解だ"という噂。その噂どおり、初っ端からストーリーについて
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

4.1

カラー、逆順、通常パート
白黒、正順、サミーパート

二つが繋がるメビウスの輪
それは丁度、"TATTOO:FACT 5"が境目

短い時間の記憶、消えていく記憶を繋げる為に、ポラロイド写真とメモを残
>>続きを読む

異端の鳥(2019年製作の映画)

3.8

約一年前にフォロワーさんのレビューで知り、ずっと気になっていた作品。コロナ禍で上映延期になりつつも、今回ようやく観ることができました。

噂どおりただならぬ作品でした。Filmarksのサムネにも使わ
>>続きを読む

ミステリー・トレイン(1989年製作の映画)

4.2

ロカビリーの聖地として知られるメンフィス。その地はロカビリーの"キング"こと、エルビス・プレスリーの出生地としても有名です。

そのエルビスを軸に、とあるホテルで三組からなる三つの物語が重なります…
>>続きを読む

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

3.5

Netflixで「梨泰院クラス」を視聴→
チョ・イソ役のキム・ダミが気になる→
Netflixでキム・ダミ主演の今作があったので視聴→
結果、キム・ダミ作品をもっと観たくなる…

これが韓流ドラマのマ
>>続きを読む

パリ、テキサス(1984年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

とても素晴らしい作品でした。

この作品は、三つのパートからなる物語なのですが、その構成がとても秀逸で、パートが変わる度に主人公であるトラヴィスの心の変化がとても上手く表現されています。


ここで予
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

3.7

うーん…
作品としてはそれなりに楽しめたのですが
僕にはあまり刺さりませんでした

90年代半ば
家庭環境と友達
思春期が抱える苛立ち

そこにあるリアルが痛々しくてむず痒い。

そう言えば、少し
>>続きを読む

山椒大夫(1954年製作の映画)

4.2

前作の「雨月物語」に引き続き、二年連続でヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞を獲得した今作。

ずっと観たいと思っていたのですが、近くのTSUTAYAに置いてなかったので、いっそのことAmazonでDVD
>>続きを読む

雨月物語(1953年製作の映画)

4.0

はじめての溝口健二監督作品。

黒澤明監督、小津安二郎監督と並ぶ日本映画界の三大巨匠のお一人だと言われたら、それはもう観ずにはいられません。

ああ、やはり画角が美しい。特に琵琶湖を舟で渡る場面は印象
>>続きを読む

椿三十郎(1962年製作の映画)

4.4

久しぶりの鑑賞。
何回観ても面白い!

1961年に公開された「用心棒」が、興業収益が3億円を越える大ヒットとなり、その続編として作成された今作。元々製作予定だった山本周五郎原作の「日日平安」を下敷き
>>続きを読む

浮草(1959年製作の映画)

4.3

ああ、とても素晴らしい…

一体どんな魔法をかけているのかと不思議に思います。題材も地味ですし、映像に派手さもありません。それなのに終始物語に吸い寄せられてしまいます。

やはりレイアウトが美しい。"
>>続きを読む

ドラムライン(2002年製作の映画)

3.1

突然ですが、皆さんは京都橘高校吹奏楽部をご存知でしょうか? とても質の高い演奏と運動量の多いダンスを交えたマーチングが魅力的で、あまりにも人間離れしたパフォーマンスをすることから「オレンジの悪魔」と>>続きを読む

東京物語(1953年製作の映画)

4.1

小津安二郎監督の「秋刀魚の味」で、サンマが一尾も出てこなかったように、この作品の中には東京の名所が一つも出てきません。

戦後から8年。復興にひた走る東京に、尾道から老夫婦が子供らに会いに行くお話。長
>>続きを読む

八月の狂詩曲(ラプソディー)(1991年製作の映画)

4.0

1945年8月9日
75年前の今日、長崎に原爆が落とされました。

今の子供たちにとっては、この出来事もどこか遠い国で起きた話のような、現実から少し掛け離れた感覚で捉えられているのかもしれません。
>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

4.2

今作を観る前に、"ハチドリ"の生態について調べていきました。

ーーーーーーーーーーーー

「ブンブン」 とハチと同様の羽音を立てるため、"ハチドリ"(蜂鳥)と名付けられ、英語では"ハミングバード "
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.8

コッテリ濃厚! スッキリ後味!
後引く旨さで続編もあるんですって?
最高やんけワレ!

ヤクザ映画全盛期、映画館の周りには任侠映画を観終えた輩が、ガニ股スタイルで肩で風を切って歩く多かったとか。それっ
>>続きを読む

ボーダー 二つの世界(2018年製作の映画)

4.2

何の根拠もなく、ファーストカットを観ただけで、この作品の良さを直感しました。

醜女のティーナは水際の税関職員として、日夜クンクンクンクン鼻を効かせております。それは不思議な力。彼女は臭いで人の感情を
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.9

あー面白かった。

ダニー・ボイル監督の真骨頂でもある、物語を駆け抜ける疾走感。たまんないですね。青春映画を観ているようで、ワクワクさせられます。

物語の展開も面白く、恋愛の王道路線を攻めながらも、
>>続きを読む

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

4.5

子供の頃から観ていた作品
何度も何度も繰り返し観てきた作品
でも映画館で観るのは今回初めて
好きな作品を映画館で観れて、最高に良かった

やはり近年の映像に慣れてしまっては、36年前に公開された今作の
>>続きを読む

エレファント・マン(1980年製作の映画)

4.3

"大のデヴィッド・リンチ ファン"

と自分で豪語しておきながら、今作と「砂の惑星」を観たのはずっと昔に各一回ずつのみ。もちろん観たい観たいと思っていたのですが、ずっと今日まで後回にしていました。
>>続きを読む

オズの魔法使(1939年製作の映画)

4.5

ずいぶん昔の記憶。

多分小学校2年生頃だったと思うのですが、夏休みも終わりに近づいているのに、その日の空はあいにく今日のような雨模様。もちろん外には遊びに行けず、ずっと家に閉じ籠っていました。

>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

3.8

いやー、面白かった。

「フォードvsフェラーリ」って言うから、てっきりマット・デイモンとクリスチャン・ベールがそれぞれのチームに分かれて、ライバル同士で闘うお話かと思ってたのですが、かなり胸熱の友情
>>続きを読む

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

穏やかな風に吹かれたような、心がふわりと浮かび上がる、とても素晴らしい作品でした。

孤独をしっかり描いているのに、なぜか主人公たちのに寂しさを感じられません。孤独は個性の表れであり、その個性はいつか
>>続きを読む

ファイナル・カット(2012年製作の映画)

4.4

ホロワーさんから教えていただいた作品。本当に観て良かった!映画好きの方なら観ておいて損はないと思います。

約450作もの名作のカットを繋ぎ合わせて一つの映画にしてしまった作品。「ニュー・シネマ・パラ
>>続きを読む

ミッドサマー ディレクターズカット版(2019年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりの映画館
今作を滑り込みで鑑賞

皆さんのレビューを拝読させていただき、ずーっと観たい観たいと思っていました。それが叶いとても幸せです。

多少の予備知識があり、ある意味想像通りのストーリーだ
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.9

昔に観た時はあまりピンと来なかったのですが、今回改めて観ると、う〜ん。面白い。

Aパート、Bパートからなるミステリー。日付けテロップの演出が効果的でいいですね。エイミーの失踪後、章区切りみたいに日に
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.5

久しぶりの再視聴。
終盤涙が止まりませんでした。

とてつもなく壮大な物語。宇宙を越え、時空を越え、次元を越えてたどり着いたもの… その答えがとても美しくてたまりません。

人口が増え、脆弱になって
>>続きを読む

スターリンの葬送狂騒曲(2017年製作の映画)

3.7

「スターリンの葬送狂騒曲」という邦題に思わず納得。なるほど!確かに皆んな狂っている。

粛清、粛清の独裁者スターリンが急死したため、残りの者たちで椅子取りゲームが行われました。誰がトップの椅子に座るの
>>続きを読む

タイラー・レイク -命の奪還-(2020年製作の映画)

3.9

Netflixさんがまた金にものを言わせて、ド派手なアクション映画作りましたよ。

物語はインドの麻薬王の息子が、バングラデシュ、ダッカの麻薬王に拐われたので、傭兵チームの一員であるタイラー・レイクが
>>続きを読む

サラブレッド(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

長年疎遠だったアマンダとリリー。アマンダは知的ですが感情が欠落していて周囲と馴染めず、一方リリーは清楚でいかにもお嬢様といった感じの女の子。

幼い頃にはよく遊んでいましたが、いつしか疎遠に。リリーが
>>続きを読む

完璧な他人(2018年製作の映画)

3.5

整形医師ソクホと精神科医である妻イェジンの新居に招かれた2組の夫婦、テスとスヒョンの夫婦とジュンモとセギョン夫婦。それに独身男のヨンベも加わり、計7人で新居パーティーが始まりました。ちなみに男たちは皆>>続きを読む

>|