cocconさんの映画レビュー・感想・評価

coccon

coccon

映画(1412)
ドラマ(13)

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

5.0

素晴らしいですね。次から次に何が起こるかわからない見たこともない世界観の連続と映像美。ワクワクします。前作や、これまでの作品も見直したい、漁りたい。好奇心でエルトポやホーリーマウンテンを見た若い頃を思>>続きを読む

音楽(2019年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

楽しみに楽しみに待っていた映画でした。期待を裏切らず、あっという間の時間でした。瑞々しい気持ちになってなぜか泣きそうになりました、年ですね。ステージのあやちゃんも見たかったな♪当たり前ですが音楽って良>>続きを読む

ハイ・フィデリティ(2000年製作の映画)

-

音楽大好き人種を見るのが面白かったです。よく似た知人を思い浮かべながら。店員3人共良いキャラですね。ジャックブラックのラストの歌には少し涙してしまいました。人に曲を送るって、素敵ですよね。

フロム・ダスク・ティル・ドーン(1996年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

知人のおすすめ。面白かったですよ。後半のまさかのあの展開には驚きました。少しガッカリしてしまいましたが。性犯罪者役のタランティーノの変態っぷりが好きでした。死んでほしくなかった。

ノン子36歳 (家事手伝い)(2008年製作の映画)

-

年が近いこともあり気になり見てみました。良かったです。今の自分には他人事ではない映画。「全部ぐちゃぐちゃになっちゃえばいいって思ってたけど、まだやれる。」常にやさぐれてやる気のない感じのノン子が星野源>>続きを読む

テス(1979年製作の映画)

-

ナスターシャ・キンスキー、美しい…。美しすぎるが故のお話でした。「あの時は浮わついていたの」「女はみんなそう言う」ってやりとりに少し笑ってしまった。

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.2

このシーツを被っただけのお化けの容姿に惹かれ。シュールな絵がたくさん出てきます。美しいです。壁をポリポリ…お向かいの幽霊さんとこんにちは。ポルターガイストはこんな風に起きるのかしら、死後こんな風に見ら>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

-

自分好みではなさそうなので期待せず行ったら本当に期待はずれでした。しまったな。前作の再現、関連シーンだけは集中して見ましたが。結局前作が好きなだけでした。

ダメージ(1992年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ルイマル。同性から見ると何となく…な感じの女性に男性達は惹かれるのですね、わかります。欲張りすぎよー解放してあげてーと思いながら見ました。ジュリエットビノシュ、お綺麗ですが髪型があまり好みではなかった>>続きを読む

バルタザールどこへ行く(1964年製作の映画)

-

内容は知らずポスターだけでずっと気になっていた作品です。私には辛かった…。始終、バルちゃん!!と言いながら見てしまった。何なんだこれは…見ていられないです。オープニングの悲しいロバの鳴き声から嫌な予感>>続きを読む

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ミュージカルとは知りませんでした。黒髪人魚が好みで目の保養。イケメンくんはいたってマトモだから仕方ないよな…と思いながら見てました。ラストは悲しい、もらい泣き。美しいシーンでしたね。一つの疑問。人魚の>>続きを読む

海辺の生と死(2017年製作の映画)

-

満島ひかりちゃん目当てです。好きな2人です。確かにひかりちゃんはオタマジャクシのよう。コロコロ無邪気に笑うひかりちゃんは本当に可愛い。今作は色っぽさも見られました。が、私は子供のようなひかりちゃんが好>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.0

楽しみにしてました。前作の子供時代の方が自分には面白かったです。長さを感じてしまった。3つの扉、自分ならどれを開くかな…真ん中かな。

ゴーストワールド(2001年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

十何年かぶりにフォロワーさんのレビューを見てそんな話だった?と気になり再鑑賞。昔はレンフロ見たさに見ただけで良さを理解できていなかったようです。30過ぎて痛いことを書くけれども、これは今の自分でした。>>続きを読む

オズの魔法使(1939年製作の映画)

-

ターシャテューダーのドキュメンタリー映画を観たら、絵本のような世界を見たくなり何十年かぶりにこちらを鑑賞。本当に夢のある可愛い可愛い映画ですね。赤いルビーの靴、黄色いレンガの道。水色のエプロンスカート>>続きを読む

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

-

昔まだ彼女の事を知らない頃、表紙に惹かれて「ターシャの庭」を図書館で借りたことがあります。絵本の世界に生きている方ですね。こんなおばあちゃんがいたら…と思わずにいられませんでした。お孫さんたちが羨まし>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

良かったです。白塗りメイクを始めてからは特にワックワクしました。ラストのアップも良かった。個人的にハーレイクインとの出会いも見たかったな…続編やってくれないかな、ホアキンさんのままで。バットマンは悪役>>続きを読む

四月物語(1998年製作の映画)

-

昨日の夜、リップヴァンウィンクル〜を見直したので岩井俊二繋がりで。黒木華ちゃんの旦那さん役の方が出てました。自分も今年の春に遠方に越してきたのでわかる気持ちもありむず痒い。塞いでいたはずなのに先輩に気>>続きを読む

双生児 GEMINI(1999年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

一時期乱歩を読み漁っていた時期があり。なるほど鉄男の監督なのですね。双生児初登場のシーンまでは独特の雰囲気が怖くて怯えていました(とても惹き込まれる世界観でした)が、姿を見た瞬間笑ってしまいました。眉>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

-

いやー面白かったです。ニヤニヤしながら見てしまいました。映画館ではたまにしか映画を見ないのですが久々の当たりでした。アトラクションのようですね。満足。

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

-

ボブ!!
青いリードよりピンクの方が個人的に好みでした。側にいてくれる動物の存在って大きいですね、癒されました。

泳ぐひと(1968年製作の映画)

-

皆さんのレビューを読み、海パン一丁で家路に着くと言い出す男の話に興味を持ち前知識を入れずに母と鑑賞。もう少しクスリと笑える感じなのかな?と思っていましたがなんとも哀れな悲しい男の話でありました…。雨に>>続きを読む

トルソ(2009年製作の映画)

-

ずっと見たかった作品です。渡辺真起子さんと安藤サクラちゃん!愛のむきだしの一年後の作品。お姉ちゃんに甘ったれな妹役のサクラちゃんがとても可愛い。井浦新は一瞬で残念でした。渡辺真起子さんの役柄は今の私の>>続きを読む

テイク・ディス・ワルツ(2011年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

アホなことを書きますが結婚5年目、子なし、旦那とは兄弟のように仲が良い、今の自分と全く同じ状況の…(苦笑)気になって見てみましたよ。結果軽はずみなことはやめようと思い知らされました。しかし、まさかの3>>続きを読む

シンデレラ(2015年製作の映画)

-

シンデレラ可愛かった。継母も悲しい人生ですね。娘たちが王子のところに嫁に行けないっていうのはちょっと違うと思いましたが。笑 先日ウイザードで本物のネズミの演技を観たところだったので明らかにCGのネズミ>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

-

elleはフランス語で「彼女」という意味なのですね。まさしくそんな映画でしたね。すごい女性でした。始まりから苦手な血の描写で心配でしたがそこだけなのでよかった。嫁にボロクソ言われて殴られる息子の哀れな>>続きを読む

インテリア(1978年製作の映画)

-

家族とは。父母とそれに振り回される三姉妹。三姉妹それぞれに色々な思いがあって。お姉ちゃんの旦那さんにカマかけちゃう妹にはコラコラと思いましたが。まあ可愛いのでね。笑 すごく静かな映画でした。が、退屈せ>>続きを読む

ウイラード(1971年製作の映画)

-

観たかったやつです。肩乗りハツカネズミ可愛い…。ソクラテスちゃん…。怒っているベンちゃんも可愛かったです。笑

トリュフォーの思春期(1976年製作の映画)

-

見ているだけで幸せ気分映画でした。絵本のよう。まずカラフルな色合いが可愛いらしい。色々な子供達のエピソードがあり楽しめます、悲しい話もありますが…。赤ちゃんとマンションのお話にはハラハラ、映画館でのダ>>続きを読む

恋人たち(1958年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

見たかった作品です。「幸せ。一生が幸せであったみたい」というセリフが良かったです。しかし、気持ちはわかるけれども自宅で行為?子供を捨ててまで?と冷めた気持ちで観てしまいました…。

アイアンマン2(2010年製作の映画)

-

旦那の付き添いで。スカーレットヨハンソンが可愛くてデレデレしてしまった。

小さな唇(1978年製作の映画)

-

ずっと見たかったやつです、やっと観れました。美少女物続きです。この前見たロリータは13歳設定、こちらは12歳。役者さんが10歳だったようなので年相応に見えてしまいいけない感が…しかしいい脱ぎっぷりで。>>続きを読む

ロリータ(1997年製作の映画)

3.5

小悪魔美少女!でも初恋の君の方がタイプでした。夢中になったのはあの人だけ、なんて言われたらたまらないですね…。音楽がエンニオモリコーネ、切ないわけですね。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

-

斬新。ですが、何だこれは?!って感じでした。ラストも笑ってしまいました。ジャンル、やはりコメディなのですね。

バスケット・ケース2(1990年製作の映画)

-

何だこれは。笑 被り物感丸出しの怪物たち…。正直見るのが辛かったです。

アイアンマン(2008年製作の映画)

-

旦那に誘われ。あまりロボットものが好きじゃないんだな自分は。

>|