まゆさんの映画レビュー・感想・評価

まゆ

まゆ

参考にさせてください。

映画(1361)
ドラマ(13)

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

最高でしたよ。曲をもっと聞かせてー!の焦らし焦らしからの…。ラジオからたまたま流れてきたボヘミアンラプソディを初めて聞いた時の衝撃は今でも覚えています。お恥ずかしながらそれ以外の和訳歌詞をほぼ知らず、>>続きを読む

キューティ・ブロンド2/ハッピーMAX(2003年製作の映画)

-

突然こういう系が見たくなり鑑賞。1はもうきっと10年以上前に見ているんでしょうね。30過ぎたおばちゃんには予想通り厳しいものがありましたが。笑 まあ可愛いからなんでもありですね。人類が皆こんなに陽気な>>続きを読む

婚約者の友人(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ピエールニネくんに悶える映画でした。バイオリンまで弾いちゃって…ちょっと挙動不審なところがまたたまらない。笑 そして知人に少し似ていることに気付く……。ストーリー的には…うーん、何しに来たの?って言い>>続きを読む

アタメ(1989年製作の映画)

-

まさかの結末でしたね。音楽がエンニオモリコーネ…。ヘアヌードの角度がなんだか素敵でした。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.1

おーキラッキラキラッキラでしたー眩しいー。実際いた人の話なんですね全然知りませんでした。ザックエフロンと契約を結ぶ酒場でのミュージカルシーンが良かったです。ザックエフロンいいですね、彼の他のミュージカ>>続きを読む

バッド・マイロ!(2013年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

キャラ写真を見て気になったので見てみました。きったないなーと思いながら顔をしかめながら見ていましたがシワシワのパグみたいなお父さんが出てきた時は笑ってしまいました。声がギズモです…そこは変えてほしかっ>>続きを読む

木靴の樹(1978年製作の映画)

-

自分の知らない暮らしを覗き見することができました。生まれた時から既にすべきことが決まっているってある意味いいなと思いながら見始めたのですが。豚の鳴き声で途中気持ちが沈み込み(自分も肉を食べてるのにすみ>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.1

1人の夜に見る映画ではなかったです。くるぞくるぞくるぞ!系です。ホラーゲームを1人でプレイしている気分でした。猫! 洋物なので尾をひく感じはあまりないな…と思いながらも寝室へ移動するのに、通る全ての部>>続きを読む

夜と霧(1955年製作の映画)

-

見なければならないと思いつつ先延ばし先延ばしにしていたこちら。やっと見ました。髪で作られた絨毯は誰に需要があったのか。

野いちご(1957年製作の映画)

-

U-NEXTで今日までだったので慌てて鑑賞です。自分の末路のようなおじいちゃんが出てきました。友人に対しての考え方も似たような感じで…。孤独の罪。最後は少しホッとしました。3人の懐っこい若者たちに和み>>続きを読む

ウィッカーマン(2006年製作の映画)

3.0

昔ながらのしきたりや人里離れた集落等に魅力を感じる人間なのでこの映画も気になり。オリジナル版を見たかったのですが先にこちらを見てしまいました。ニコラスケイジ、可哀想すぎるけど笑えてしまう…。女性陣を殴>>続きを読む

暮れ逢い(2013年製作の映画)

-

この監督なので見てみました。奥様がすごい、病気の旦那様がいらっしゃるのにやりたい放題ですね。ピアノに愛撫するシーンだけが変態で他は普通の不倫話でした、サラッと見られます。奥様のファッションが素敵。階段>>続きを読む

ツィゴイネルワイゼン(1980年製作の映画)

-

気になっていたやつです。意味わからないんだろうなと思って見ましたがやはりそんな感じの映画でした。時代は好きだと思います。エログロナンセンスの江戸川乱歩を思い出し、丸尾末広漫画で何度か見た眼球舐めをリア>>続きを読む

スコルピオンの恋まじない(2001年製作の映画)

-

ほのぼの。ウディアレン宅のインテリアが可愛かった。シャーリーズセロンお美しい。

レベッカ(1940年製作の映画)

-

母に子供時代、眠る前に何度も聞かされていた映画です。女っていやーねーと思いながら見ていたらあんな展開になるのですね。1940年の映画とは見ていて思いもしなかった、そんなに古い映画だったのですね。

若者のすべて(1960年製作の映画)

-

アランドロン、監督、タイトルからずっと観たかった作品です。アランドロンが聖人役……泣いてばかり…ああ麗しい……。この時25歳なんですね。女をとっかえひっかえするプレイボーイ役を見たくなりました。イタリ>>続きを読む

しあわせの雨傘(2010年製作の映画)

3.3

ドヌーヴ様、お美しい。「そうよ、人生は美しい」って私も言いたいです。笑 ポスターの赤ジャージから現代のお話かと思っていたのですが70年代のお話でした。可愛いですね、この時代のファッション。パンタロン>>続きを読む

小人の饗宴(1970年製作の映画)

-

昨日に続いて破茶滅茶映画でした。こちらも動物が痛めつけられていました…。目の不自由なお二人のメガネと帽子、オーバーオールファッションはシュールで素敵でしたが…。みなさんなぜこれに出ることを承諾したし。

荒野の千鳥足(1971年製作の映画)

-

最近見ていた方がいて、なんだこのタイトルは!?と気になっていた映画です。みんながみんな酒浸り…怖い街。破茶滅茶ですね。こんな思いもつかない映画があるから映画って楽しいです自分は。噂のカンガルーシーン、>>続きを読む

パラダイス 神(2012年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

三部作すべて見終わりました。こちらと一作目の愛は見ていてキツかったです。信仰と洗脳は別物と思いますがこの方は洗脳されてるわけではなくキリストを男として見ていたんですね…淫らな性行為は禁止と言いながら。>>続きを読む

さよならミス・ワイコフ(1978年製作の映画)

-

赤毛パッツン巻き髪のワイコフ先生のファッションが可愛かったです。ラストかぶっていたニット?の…何て言うんでしょうあれ。可愛いですね。「映画より君の人生のほうが大事だ」映画で現実逃避する自分には少しグサ>>続きを読む

黄金のアデーレ 名画の帰還(2015年製作の映画)

-

ドキュメンタリーかと勝手に勘違いしておりました。あの絵にこんな歴史があったとは露知らず。学生時代オーストリアへ旅行へ行き、いたる場所でお土産として見かけるクリムトの接吻商品を見て素敵な絵だなと、それか>>続きを読む

パラダイス 希望(2012年製作の映画)

3.5

愛→希望ときましたがこちらの方が面白かったです。愛は母親、こちらは娘。若いっていいですね、恋の話だけしてれば楽しかったあの頃。しかし水着姿の13歳をつけて行くおじさん、かなり気持ち悪かったです。でもよ>>続きを読む

フェイシズ(1968年製作の映画)

-

お洒落ですなあ。素敵なカットがたくさんありました。ラスト、階段で煙草を二人して吸うシーン、ポスターで欲しいです。音楽も素敵。このシーンで夫婦って…となりました、きっとこの二人は離婚せずズルズルこのまま>>続きを読む

ガープの世界(1982年製作の映画)

-

ロビンウィリアムズなので見ました。口うるさい母親なので結婚のことにもいろいろ口出ししてくるのかな…と思ったら普通に良い祖母だったので意外だった。強い女性で羨ましい、自分もあんな風に生きられればな。奥さ>>続きを読む

0.5ミリ(2014年製作の映画)

-

安藤サクラさん、良いなあ。ナチュラルに美しい。そしてこういう役が本当に似合いますね。老いの孤独や悲しさと。坂田師匠可愛かった。サワちゃんと自分が似たような状態なので人に生産性のない、と言われてしまうよ>>続きを読む

マーズ・アタック!(1996年製作の映画)

-

初見です。こんなに豪華キャストだったとは!おばかで面白かったです。ところどころ笑いながら見ました。犬面人いいですね。生首も。頭の大きい綺麗なお姉ちゃんも。ニコルソンも可愛かった!まさかの弱点も良かった>>続きを読む

噂の二人(1961年製作の映画)

-

オードリーヘプバーンの最後の表情が良いですね。悲しいラストですが…。あの糞生意気な子供!!それだけ演技上手なんですね。笑 アッパレです。

少女ムシェット(1967年製作の映画)

-

見たかったやつです。悔しくても泥投げちゃいけんよ。お母さん、話聞いてあげて。

流されて…(1974年製作の映画)

3.0

なんだか楽しそう。どちらかが不細工でもこんなことになるのでしょうか。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

-

期待していなかったのですが次から次へと色々なことが起こって面白かったです。洗面所のシーンは笑いました。歴代の有名ホラー映画をいくつか思い出し。少年期の冒険と恋は甘酸っぱい。中年編はどなた達が演じるんで>>続きを読む

ソイレント・グリーン(1973年製作の映画)

-

オチを知っていてずっと見たいと思っていた映画です。2022年ってもうあと4年後ですね。あんな安楽死施設いいなあ、羨ましい…死後何をされようとも。笑

犬と私の10の約束(2008年製作の映画)

-

とある事柄で旦那と共に鑑賞。主人公にたまにイライラしながら、でも若いから仕方ないかな。ツッコミたいところもありました。いつか犬を飼うようなことがあればまた見ると良いだろうな。

ナイトビジター(1970年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

あーらら。コートが見つかってバレるかと思ったらまさかのオウムちゃん。見てるこちらが寒かった。

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

-

旦那がこれなら見ると一緒に鑑賞。息が苦しくなる状況は見ていてやはり辛いですね…。水の中も。始終怖かったです。ジョージクルーニーが応答しなかったのは亡くなったためかそれとも本当の男前のためか考えてしまっ>>続きを読む

ランボー(1982年製作の映画)

-

こんな話だったとは。ギズモが真似しているのは見ていましたが本家は初鑑賞でした。ランボー何にも悪くないですよね、保安官が最低です。はじめ、バイクでウィリーしながら逃げるランボーの姿には少し笑ってしまい、>>続きを読む

>|