ラユムさんの映画レビュー・感想・評価

ラユム

ラユム

映画(238)
ドラマ(0)

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.2

思ってたよりとっても良かった。エドのシーンも少しかと予想してたけどかなり多かった。お嬢様お姫様じゃないリリージェームズは私は初めてかも。まさかの夢落ちかと最後までドキドキ。
今まであったものがなくなっ
>>続きを読む

フィフティ・シェイズ・フリード(2018年製作の映画)

4.0

三部作の完結篇でしょうか。初作から見ると個人的にはクリスチャンの人間的成長が著しい。

あの若さであの財力。家や別荘、身につけてるもの全てにやっぱりうっとりしますw

ブレス しあわせの呼吸(2017年製作の映画)

4.5

なんて素敵な実話。決して諦めないダイアナ。ダイアナとロビンをサポートする友人たち。そして素晴らしい発明家。映画にしたジョナサン。実生活は映画ほど順調ではなかったと思うけど涙腺崩壊。
スペイン旅行だって
>>続きを読む

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

3.8

怖かったw たまにはパニック映画もいいかも。ヘイリー親子のその後も見たかったけど余計なことは描かれてないワニに徹した脚本が潔い。シュガーの無事を強く祈ったのは私だけではないはず。

マイアミ舞台の某警
>>続きを読む

真実(2019年製作の映画)

3.3

私にはよくわからなかった。
ファビエンヌは母である前に、人間である前に常に女優。かなり自分勝手なキャラだけどあまりイライラしなかった私が不思議。

おばあちゃんは魔女伝説を信じてる孫が可愛い。他の子供
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

3.5

3人?14人と言うべき?w、どのようにして全員集合するのか見る前は疑問だったけどそういうことでしたか。あのドクター集団は何だったの?もしかして次はあの集団で作品ができる?

監督、今回もカメオありがと
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.4

始めのユニバーサルが相変わらずネタバレw 前作との繋がり... 考えないで見た方が楽しめるでしょうw ツリーがさらにたくましくなってる。

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.8

私には2が退屈だったけど今回は良かった。深く考えずにアクション堪能できるのもたまにはいいと思う。次作、様々スピンオフもあるようなので楽しみ。

個人的には日本を扱わなくてもいいと思うw

ジョンの背中
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.5

父親不在からくる己の存在の不確か、己を受け入れてもらえない悲しみ。孤独がどんどん増していくばかり。

ゴッサムが相変わらず混沌としている。ウェイン夫妻の暗殺の流れとか今回が公式?ドラマやら映画もあるし
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

お父さん捜索宇宙アドベンチャーだと思ったらブラピ演じるロイの心理描写映画だった。静謐感漂う作品。

ロイは2度も父に捨てられて喪失感満載でこれから立ち直れるのか?
全て排除して集中する?

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.8

ホラーだとカマえて見に行ったらコメディホラーみたいな感じ。ツリーがどんどんたくましくなる。あのマスク、街角で普通にすれ違いそうw

ピア まちをつなぐもの(2019年製作の映画)

3.3

水野真紀さんお久しぶり。最近私自身が感じてる医者のエゴというか連携能力の低さが見事に描かれてる。地域連携医療素晴らしい。ぜひ全国に広がってほしい。

任侠学園(2019年製作の映画)

3.5

深く考えず普通に見れる。たまにはこんな作品もいい。西田敏行さんの存在感がすごい。小声で話してても圧倒されるw

ヘルボーイ(2019年製作の映画)

3.3

コミック原作?ミラがとても綺麗。展開がちょっと早かったのと作品の良さがイマイチ引き出されてなかったように感じる。ドロドロババが気持ち悪いw

ターミネーター4(2009年製作の映画)

3.0

監督がMcGでびっくり。最後の戦闘シーンは2を彷彿させるけどオマージュ?それともたまたま同じになった?3で世俗を離れたジョンがいきなりかっこよくなってるw 大筋は守って製作してるんだろうけどジョンとカ>>続きを読む

アナベル 死霊博物館(2019年製作の映画)

3.5

今回はフィクション? 夫妻があれだけ苦労してたのになんかあっさりであっけない感がある。子供だから興味心を制御できず、志村後ろっ!的なシーンが満載で楽しめた。マケンナ嬢大きくなりました。

死霊のシスター(2018年製作の映画)

1.8

死霊館のシスターと間違えた。話が繋がらなくてスピンオフなのかと思って調べて勘違いしてることが発覚。死霊館シリーズへの便乗?

宅配ピザ料金はしっかり支払いましょう。

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.8

初めての三谷作品。途中役者さんたちが三谷さんの分身と感じるほど一挙一動が三谷化してたw 中井さんのコメディ個人的に好きだから楽しめた。

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

3.5

死霊館に話が繋がる。それがわかると怖いというより爽快。悪魔の執念に脱帽。

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.5

アナベル誕生話。夫婦の気持ちはわかるけどその気持ちが元凶の元。これまでのいろんなところに話が繋がって面白い。

死霊館 エンフィールド事件(2016年製作の映画)

3.5

こちらも実話。取り憑かれた少女は今は元気に暮らしてるのかな。

エンドロールが凝ってた。ちょっと前のポケモンショック系?

アナベル 死霊館の人形(2014年製作の映画)

3.5

アナベルは寡黙。どこ行っても追いかけてくるアナベル。

死霊館(2013年製作の映画)

3.9

アメホラロアノーク彷彿。田舎にぽつんとある一軒家とか魔女伝説とつながることが多いのかな。実話ということで見てても背筋がゾクゾクしてくる。環境はいいけど購入はやめたほうが良さそうw

ターミネーター3(2003年製作の映画)

3.5

サラがいない理由にびっくり。新型が美しく強すぎる。クレアデインズが出てたのは知らなかったから驚き。若いw 未来を知って迷走してしまうジョンは気の毒だけどもう少し強いジョンが見たかったw

僕のワンダフル・ジャーニー(2019年製作の映画)

4.0

ワンちゃんたちの表情豊かなこと。ビッグ犬の表情が哀愁溢れ過ぎて思わず笑いが溢れる。家庭環境に恵まれないCJが気の毒だけどモリーやトレントの優しさに胸熱。個人的にはイーサンとワンコのイチャイチャライフが>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

4.5

洋画ホラーはなんともない私だけどこれはとっても怖かった。オチは読めるけどUSが何者なのかわからないのがとにかく不気味でじわじわくる怖さ。あまりに怖いから電気つけて寝ようと思うけど消えた時が怖いよねw

フリーソロ(2018年製作の映画)

4.0

見るか迷ったけどこちらの評価が高いので決断。見て良かった。自身曰くシャイで人付き合いが不器用アレックス。そんな彼の周りには彼を尊重する人が不思議と集まる。彼の人徳かな。彼女サンニちゃんがアレックスの空>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

-

公開20周年記念4DX鑑賞。アクションがすごいからシートがかなり揺れるし見終えた時はかなりの銃弾を受けた感じw 公開当時劇場で見たけど途中眠くなってちっとも理解できず今回はリベンジ。4DXで見れてよか>>続きを読む

台風家族(2019年製作の映画)

3.5

吾郎ちゃんでハッとしてシンゴちゃんでウルウルしてツヨシくんはどうなる?三作品三様の家族見れました。タイトル台風家族、とってもぴったり。小鉄の奥さん美代子さんとってもステキな人。小鉄を見捨てることもせず>>続きを読む

ターミネーター2(1991年製作の映画)

4.0

ジョンとターミネーターの関係が微笑ましい。改めて見るとあんな人こんな人が出ててみなさんお若い。がリンダハミルトンは前作はあどけない普通の若い女性だったけど今作では力強い大人の女性な印象を受けた。ロバー>>続きを読む

ターミネーター(1984年製作の映画)

4.0

今見ても充分面白かった。最初に見たのはだいぶ前で自分も大人になった今改めて見るとカイルのサラに対する眼差しが始めからウルウルラブラブw

キャメロン氏は近未来のサイボーグと人間とか多いけど好きなのか
>>続きを読む

命みじかし、恋せよ乙女(2019年製作の映画)

3.5

行間読んで察する系。監督は日本の妖怪、お祭りや風習に興味があってインスパイアされたのかな。見てるうちにいろんな疑問が湧いて出てくるけど明確にされるもの、そうじゃないものが混在。そういうのが嫌いじゃない>>続きを読む

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

田舎に引っ越した少年の日常で終わるので特に見せ場があるわけではない。監督の体験をもとに制作?タイトルは可愛らしいけど実際は残酷な神が支配するという某書籍タイトルがぴったり。少年はこの後卒業までどう神と>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.0

実際の事件とフィクションをうまく絡めてる。最後のシーンは度肝ぬかれる。けどなんかすっきりする。クリフを信頼してるリック、落ち目のリックを見放すことなく一歩下がってる付いていくクリフの人間関係のバランス>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

4.0

才能があるために有名になり過ぎてプライベートもなければオフもない。心身ともに疲弊するのは目に見えてる。愛されたい人から愛されず上記から孤独がどんどん増してくる。エルトンに詳しくない私はどこまで史実なの>>続きを読む

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~(2019年製作の映画)

3.8

舞台挨拶上映だったので観客多数で応援上映でもないのにみんなで笑い合いながらの鑑賞。コメディ色強い作品は笑いをこらえるよりみんなで声出して笑った方が楽しく見れる。サウナのシーンは笑いすぎて涙が出ました。>>続きを読む

>|