mihoさんの映画レビュー・感想・評価

miho

miho

映画(19)
ドラマ(0)

マネーボール(2011年製作の映画)

3.6

鑑賞前にあらすじを見て、
弱小チームをブラピが喝を入れて優勝へ導くというベタなストーリーだと思っていた。
でもそんな単純な話ではなく、マネーボール理論で考え不必要な選手は切ったり他球団とのトレードの試
>>続きを読む

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

3.5

私は岩井俊二作品は好きとそうじゃないのに極端に分かれていて(花とアリス、打ち上げ花火は好き)
この作品はどっちなんだろうと思い鑑賞した。

主人公の黒木華にイライラするものの、
一生懸命に生きる姿、危
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

1.3

なんとか最後まで観た。
これなんの意味のシーン?なんでこうなってるの?というのが多々ありモヤモヤしたし
何もなくだらだらと続き気づいたら終わっていた。
原作にはもっと共感でき、切なさとか葛藤とかあるん
>>続きを読む

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

3.5

長い、本当に長いけど
スコセッシ×デニーロ、更に周りの豪華キャストを見るとこれは見なきゃいけないな、という気持ちになり観賞。
マフィアの裏側だけでなく、
労働組合や実際に起こった事件が絡んでいるので見
>>続きを読む

震える舌(1980年製作の映画)

3.6

震えた。
ホラー映画じゃないのにトラウマ級。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

2.8

暴露ものとしては面白い映画だった。
ハンバーガーチェーン店だとシェイクシャックがダントツ1位。フレッシュネスも好き。

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.6

大きな偏見を抱いた少年が
ちゃんと過程を経て徐々に成長していく姿を優しく、笑いもあり丁寧に描かれていた。気付いたら涙をしていました。
愛しい映画。登場人物みんな素晴らしい。この作品を映画館で観れてよか
>>続きを読む

ピラニア 3D(2010年製作の映画)

2.0

思っていたよりお下品でここまでくると馬鹿馬鹿しくて笑ってしまうね

ラブリーボーン(2009年製作の映画)

2.3

いやいやオチどないなっとんねーん
全てが中途半端なままでした。

シャドー・オブ・ナイト(2018年製作の映画)

3.0

なんかもうここまできたらストーリーとかどうでもよくなる。
血、血、血!!!!潰れるし吹っ飛ぶしでかなり痛くてグロイ。
銃やナイフだけで闘うよりもそこらへんのあるものや、思いもよらぬもので闘うのが好きで
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

天才

天才としか言いようがない。
半地下で暮らす家族、地上で暮らす家族、そして完全に地下で暮らす家族を出てきたときから展開がすごい。
格差社会を描く映画ってシリアスになりがちだけど笑えるシーンもあり
>>続きを読む

グエムル -漢江の怪物-(2006年製作の映画)

3.7

さまざまなレビューを検索しているとなかなかの批評だったので驚いた。

モンスター映画なのでそれを解決すべく政治家、軍隊が出てくるけども
それでも家族に焦点を合わせていて、だらしないソンガンホが奮闘する
>>続きを読む

グッド・タイム(2017年製作の映画)

3.3

センス溢れる映像で、赤やネオンが印象的。
お兄ちゃんが弟思いなこともわかる。
ただ、行き当たりばったりすぎるしいろんなことが詰め込まれているから見ていて少ししんどかった。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.9

途中感情移入して苦しくなるときがいくつかあった。
それほど描写が丁寧ででも美しくて悲しくなる。
映画館で見たらエンドロール後も余韻が続いてすぐに立つことはできなかったと思う。

オクジャ okja(2017年製作の映画)

3.5

いや〜スノーピアサーが自分の中で微妙だったからドキドキしたけどオクジャ良かった、、
テーマだけ見ると暗い映画になりそうだけど少しコミカルに描いている分見やすいし、アクションシーンもあり飽きずに見れた。
>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

3.6

何か大きいことが起きるような映画でもなく、静かで地味な映画だけど
だからこそ人物の表情とか風景とかが際立っていてよかった

スノーピアサー(2013年製作の映画)

3.0

設定はすごく面白そうだけど色々と無理がありそうだな。と予想はしていたもののツッコミ満載すぎる。
でも少し良かったシーンもちょくちょくあったし、ソンガンホは良かったです。