3438さんの映画レビュー・感想・評価

3438

3438

1996

映画(206)
ドラマ(0)

ペイルライダー(1985年製作の映画)

3.7

登場シーンの、「火遊びはよせ」から最後までイーストウッドが本当にかっこいい

OLの愛汁 ラブジュース(1999年製作の映画)

4.5

ずっと観たかった
タイトルで損してる超良作
よかったところ:ドビュッシー。朝の光の美しさ。「やっぱ怖えし。」の後の表情。「終点が、延びたんだ」。
「好き」「おれも」が切なくて仕方なかった

ソドムの市(1975年製作の映画)

-

大学生の時に観た
犬みたいになるシーンが忘れらんない
これは役者と製作陣がすごいわ

男と女(1966年製作の映画)

5.0

最高やんか。
アヌークエーメが大好きになったわ

間諜最後の日(1936年製作の映画)

3.5

ドタバタスパイコメディ
緊張感やスリルを無視すればなんか色々と笑える面白い映画だった
望遠鏡のカメラワーク、ヒッチコックっぽくてよかったです

ハメット(1982年製作の映画)

2.2

探偵物 なんか惜しい…
私の知ってるヴェンダースっぽくない

アメリ(2001年製作の映画)

3.6

アメリがチョコレート工場のウォンカに見えて仕方なかった

カンヌ映画通り(1981年製作の映画)

4.0

芸術界のスターたちが出てくるシーンがめちゃくちゃかっこいい

永遠の0(2013年製作の映画)

1.0

戦争に対する向き合い方が変わってきたのかな、こういう撮り方もあるのかな。
メロドラマ風で、責任とか理由とか一番大事なことがほとんど描かれない
どういう映画を撮ろうと自由だけど、自分達の国で起きた戦争を
>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

4.0

登場人物いっぱいでたいへん
最後当たり前のように左手でタバコ吸うところがとてもかっこいい

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.5

ウディアレン好きな知り合い曰く、このいかにも情けない男って感じがウディアレンらしい

ミスティック・リバー(2003年製作の映画)

2.8

設定や演出が何かの象徴・暗喩なのはわかるんだけど、それにどういう意味があるのかわからなかった……

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

4.3

音楽も雪も美しい、切ないハッピーエンド
オープニングクレジットから最後までおしゃれすぎる、ほんと見てて飽きない

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

3.0

退役軍人の設定にどれだけ深い意味があったのかよくわからなかった…

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

2.7

Queenだからここまで高評価なんだろうな〜
映画としては未完成だと思います
彼らの曲が好きだから退屈せず観てられたけど、内容は薄いし、編集と演出は悪い意味で外連味があって好きじゃなかったです
ライヴ
>>続きを読む

ダーティハリー(1971年製作の映画)

5.0

ホットドッグもぐもぐしながら発砲するキャラハン刑事かわいい

何がジェーンに起ったか?(1962年製作の映画)

3.5

過去の栄光を忘れられないサイコな妹がスター女優の姉を監禁する話
怖かった〜
でも、最後にアイスクリーム買うジェーンはすっごくかわいかった

荒野のストレンジャー(1972年製作の映画)

5.0

西部劇の皮を被った奥深すぎる映画
言葉よりも音と画面で見せてくる

傍若無人でもイーストウッドはかっこいい
眩しそうな表情させたら右に出る俳優いないな……

荒鷲の要塞(1968年製作の映画)

4.5

主演二人のバディがめっちゃいい
特にゲシュタポを撃つ瞬間の息の合い方がスマートでかっこよかったです
スパイ同士の騙し合いもアクションもレベルが高くて、長いのに最後まで飽きさせない
いやー、でもドイツ人
>>続きを読む

ブラッド・ワーク(2002年製作の映画)

4.0

意外な犯人にビックリ、中盤のやりとりが結構好きだっただけにちょっと悲しい

マンハッタン無宿(1968年製作の映画)

3.0

微妙 深みがなかった
イーストウッドが男ざかりで色気があって、まあそれだけで見れちゃう

サンダーボルト(1974年製作の映画)

5.0

かっこよくて笑えてほろにがいロードムービー
キャラの個性が強い笑
主題歌も良い、paul williams「where do i go from here」

スペース カウボーイ(2000年製作の映画)

3.8

「何しに来た?」
「40年前の約束を果たしに」
このやりとりにもう夢があるよね、青春をもう一度ってかんじ
でも最後、無事帰還とはいえ仲間残してきてあんな明るいムードになるもんなのかなー
若干のB級感を
>>続きを読む

紅の豚(1992年製作の映画)

5.0

ポルコロッソに惚れるジーナとフィオ、どっちも本当にいい女
加藤登紀子の声には不思議な魅力があるなあ
さらっとジタン吸ってるあたり、細部まで渋くてカッコいい

>|