さいとうDさんの映画レビュー・感想・評価

さいとうD

さいとうD

大学生

横浜川崎新宿日本橋

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.7

少なくとも「ティムバートン史上最も奇妙」ではないっす
少なくとも自分は分かりやすくて楽しめたと思う


サムLのオジキは木村拓哉みたいだな。何やってもサムL感が残る。
あれ、マザーファッカー言ってた?

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.8

ワンダーウーマンの、というかガル・ガドットのエロさに最大評価あげたい

初登場キャラが半分を占める割にどミーハーな俺にも大した違和感なく見られたので大満足。そこさえ超えればドンパチは楽しいに決まっとる
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.9


プラダを着た悪魔と同じ棚に置きたい、そんな感じだった

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.5


ど思春期青春ストーリーで、ホラーだと身構える必要なかった。安心安心。
ごく最近ストレンジャーシングス見たから似てるなという感想が先行して新鮮さ無かったな。もともとリメイクなんだけど。
おそらく第2章
>>続きを読む

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

-


タランティーノにしては普通だったんちゃうか。いい意味で。見やすい。
会話劇と独特なビジュアルのキャラクターイメージが強いから、思いのほか楽しみやすい西部劇だった。血しぶきは相変わらずですけども。
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.8


ファンタジー全開な印象となんとなく重苦しい印象はあるけど詳しく覚えてない、
そんなイメージだったマイティソーの前作。

そっから打って変わってバカコメディと化していた!
もはやガーディアンズオブギャ
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.6

ペットより対象年齢が高そう。ストーリーでは勝ってる。けどキャラはその分ペットの方が可愛くてウケそう。まぁシングの動物はあくまで動物の姿をした人間だし、そりゃそうか。
うーん、どっこいどっこい、

>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.7


MIPだったら1作目に近い、裏切り者探しのサスペンス要素が強いスパイムービー。単純なドンパチではなかった。
肉弾戦がかつてなくリアル。そりゃ他の映画では一撃で大男倒せる方がおかしかったわな。

続編
>>続きを読む

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア(2014年製作の映画)

-

相当疲れていても見れる

ほっこりしました


マイティ・ソーの監督これか

楽しそう。

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.0

映像美と音響はまぁーすごい

前作よりも感情移入しやすい。
主人公がレプリなことが前提且つひねくれ者ではないしね。

何が本当に人間なのか分からないけどみんな人間らしい、というか生き物らしい。でもそれ
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.7

ちょーどよく見たかったバディものコメディだった。敵味方含めバカ度が高いのは特徴だったけどそこまで目新しさもないかなー。でもこのジャンルは好きなやつ。

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常(2014年製作の映画)

3.8


気軽に見れるわりに感慨深い読後感ある、実にローリスクハイリターンでめっちゃ良い。

大学落ちて何となーく高卒で林業始めるってお話。
染谷演じる主人公、マジでいそう。

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.4


先週何見たっけ?あーヒトラー見たわ。ってくらいの印象だった 笑

「あの時もそうだった。最初はみんな笑ってたんだ。」
現代にヒトラーが復活してまた再びドイツを扇動しはじめるっていう怖い設定だけど、実
>>続きを読む

キッズ・オールライト(2010年製作の映画)

3.9


レズ夫婦の子供が精子提供をしてくれた父親?に面会したがったことから色々トラブっちゃう家族ドラマ


家族という箱は狭苦しいけど物凄く頑丈で安心感もあるんだねぇ。
ポールが出ている時は外のシーンや、窓
>>続きを読む

きっと、星のせいじゃない。(2014年製作の映画)

3.7


あのベイビードライバーのベイビーのもう1つの代表作だそうで。
ベイビードライバーのイメージが先行してるから運転が下手くそな設定には笑ったわ

いやー、こりゃティーンエイジャーに人気出るわけですわね。
>>続きを読む

アーティスト(2011年製作の映画)

3.7


落ちぶれた無声映画のスターと新進気鋭のトーキーの人気女優のロマンス、をモノクロ無声映画で描く。あえて一部無声映画出なくなるけど、その部分がうめぇや。


愛されてることに甘えない手間愛してくれる人に
>>続きを読む

スーパーサイズ・ミー(2004年製作の映画)

3.6

一ヶ月マクドナルド生活をするとどうなるのか、監督が体を張って検証したドキュメンタリー。
早い段階でもうやめろやって思う。
けど、それでも食べたくなるマクドナルド。
すでに中毒です。

監督の体調をひた
>>続きを読む

バタフライ・エフェクト(2004年製作の映画)

3.7


面白かった。そして切なくていい話だった。その選択をするのは大好きよ。
ただ、『メメント』、『ミスターノーバディ』を見たあとだとトリックを楽しもうとすると物足りなさがあったな。


あと映画も本も自分
>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

3.3

ほのぼのと温かい物語で好きではあるし、とにかくオシャレ。センスがすごい。なのは分かるけど別にそこまで好きではねぇな。幻想に浸りすぎているような…
アメリの出生のとこ、ちゃんと見た上で何やってんだコイツ
>>続きを読む

デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」(2017年製作の映画)

2.4


3あたりまでの興奮を返せという感じ
段々ご都合主義の荒い脚本が目立つようになってきた気がする。進化に説得力がない。
それからデジモンファンでなくアニメファンに媚びようとしてるのが明らか。
いまさら新
>>続きを読む

トップガン(1986年製作の映画)

3.2

この曲トップガンだったんか!
誰もが知ってるオープニング。

シチュエーションは大好きなんですけどね。こんな漢!っていう人生送りたいとも思うし、教官との恋なんて憧れないわけないですもん。
でも、まぁ
>>続きを読む

ボーン・コレクター(1999年製作の映画)

3.0


午後ローで。

うーーん。
今ひとつ緊張感とラストの盛り上がりに欠けたな。三つ目までの人の殺し方は面白かったけど、最後が地味って…

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.9


タイトルバック最高。オープニングから笑えるのにオシャレ。ダサカッコ良い。

スイス・アーミー・ナイフっていう十得ナイフがあるのねー、十得男か

展開が全く読めない。いつ終わるかも分からない。着地点の
>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.5


軽やかに歌って踊るメリル・ストリープは初めて見たけど違和感がねぇから凄いわぁ。なんでもできんなぁ。

とにかく綺麗な景色、衣装や小道具
グリーンバックなんていらんよな。てかやっばりできるもんならこっ
>>続きを読む

ズーランダー(2001年製作の映画)

3.1


バイト行く前の暇な時間でケータイいじりながら見れそうな映画探して見たけど、そんなシチュエーションで丁度いい映画だった。
「バカ」って言葉で片付くかな。いや、モチロンいい意味で。
ミラ様はあんな感じで
>>続きを読む

エイリアン2(1986年製作の映画)

3.5


メシ食いながら見てたから大丈夫かなーと思ってたけど全然ゴア描写ないやん、楽しく見られた。
どうやらシリーズの中では娯楽色の強い作品らしいね。
まぁ最後のロボバトルとかターゲット層が俺寄りで楽しかった
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

3.9


こういったサスペンスはオレ馬鹿だから最初っから騙されるつもりで見るけど、気持ちよく騙されたなぁ

だんだんと時間が巻き戻っていく構成に慣れるまでがちょっとだったけど後半は面白くてしゃあない

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

4.0


初見のつもりだったけど、これ見たことあるなと思いながらも目が離せず最後まで鑑賞。

今回はロシアでのミッション中にアメリカ政府にIMFごと捨てられちゃう「ゴーストプロトコル」が発令されてさぁ大変って
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.8

アジア初ゾンビムービーで大ヒットって珍しいなと思ったらアイアムアヒーローもあったな。
あっちはエンターテイメントだけどこっちは完全にヒューマンドラマ。見てないけど良くそう言われてるウォーキング・デッド
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

3.9

唯一ハッキリ覚えてるMIシリーズの作品。
それだけあってやっぱ超面白いな。ミッションインポッシッブルの良いとこだけ集めて出来た極上スパイムービーでしょ。1ほどややこしくなくのめり込めるサスペンスだし、
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.2


究極の映像体験ってこれじゃね?
と言わんばかりに戦場をリアルに感じられた。登場人部の名前すら語られないことも。だって戦場でいちいち友情ごっこする余裕なんてないし、たまたま隣にいたやつに命を預けなきゃ
>>続きを読む

探偵はBARにいる(2011年製作の映画)

3.5


好きだわー
カッコつけるけど感情的でハードにボイルド仕切れてない感じ、なんて王道な主人公なんでしょうか

ミッション:インポッシブル2(2000年製作の映画)

3.3


オープニングでトムが断崖絶壁でロッククライミングしてるんだけど、これノースタントと聞いて震えた。

スパイムービーではなかったけど、相変わらずテンポ早くておもしれぇなぁ
何にも考えたくないときにいい
>>続きを読む

あさひなぐ(2017年製作の映画)

3.0



アイドル映画は8割のコメディに最後無理やりメッセージくっ付けたみたいな紋切り型のイメージだったけど、王道青春ストーリーでもいけるんだなと。
尺の問題か人物の掘り下げはあんまり深くしてないけど、その
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.8


ずっと観たかったやつが最寄りでやってたから見た
ボブが激かわいい

俺もペット的な支えが欲しいとも思うけど、
でも動物飼うってどうしても別れを考えてしまうから辛いね

>|