あかさんの映画レビュー・感想・評価

あか

あか

二ツ星の料理人(2015年製作の映画)

-

ポイントとか、示したいことは分かるんだけど、主人公も終始ぶっ飛び過ぎてるし脇役は描写が少なくて人間関係に感情移入しきれなかった
あとインドカレー食べに行って思ったんだけど陽気で明るい人が作ってるごはん
>>続きを読む

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

-

そういうことはみんな考えてきてるってこと
周回遅れなんだから偉そうにしないの

劇的じゃないけれど
それでいい
伊坂の小説の実はの繋がりは大好き

ビビッときた人と道端で出会ったら取ろうとしてる手袋同
>>続きを読む

宇宙でいちばんあかるい屋根(2020年製作の映画)

-

時間は気持ちよくつかえ〜

桃井かおりにおったまげた
星ばあだった、かっけえばあちゃんだ
こんなニュートラルなばあになれたら
お守り小説、西の魔女を思い出す
映画館で観たいな
モネがない土日に果耶ちゃ
>>続きを読む

おいしい家族(2019年製作の映画)

-

エンドロールにはハッピーなきもちになってた!海ー
自分らしくとかジェンダーレスとか愛とか言い過ぎじゃない?ってちょっと辟易しかけたけど そんなのも関係なくどうだっていいよどうにだってなるよ生きてい
>>続きを読む

エイブのキッチンストーリー(2019年製作の映画)

-

チコと仲間たちは好きだった、もっとチコとの時間や料理をフィーチャーしてほしかったなって思っちゃう料理映画ファン。各宗教無知すぎてどの料理が何をミックスしているのか読み取れないのもったいなかった
大人全
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

-

姉妹であることは幸せで大好き
ふしぎなほど少女時代は永遠で
だけどその上で今があることが何より愛しいって思ってたい

心に嘘はつけなくて愛せなかったって言うジョーも、愛されたくて選ぶ相手は愛じゃないっ
>>続きを読む

東京リベンジャーズ(2021年製作の映画)

-

かっこいい!!
原作大ファンで、公開順延もこえて待ってました!
大事な人は大事にできるように強くなりたい、自分のケツは自分で拭く。とおもった卍卍
漫画から出てきたようなキャスト陣。要点は掴んだストーリ
>>続きを読む

100歳の華麗なる冒険(2013年製作の映画)

-

横でネットニュースばっかり見てた父がいつの間にか携帯手放してゲラゲラ笑ってただけでいい感じだし
手が届く好きな人と自分が笑ってれば自分にとっての世界は平和じゃん肩の力抜いていいじゃんって感じた
頭でっ
>>続きを読む

マイ・プレシャス・リスト(2016年製作の映画)

-

心理セラピーとかカウンセラーって日本でもスタンダードになったら絶対いいって洋画に出てくるたび思う
メジャーじゃないならセラピストになっちゃいたいな
ナースになったのだってナースのお仕事がきっかけだし移
>>続きを読む

きみと、波にのれたら(2019年製作の映画)

-

この監督の、海と、音楽と、愛しすぎる会いたい人との物語は1番しっくりくる、好き
さあ今日も大人はふざけているふりをしましょうか、って言ったの、どのドラマだっけ。漫画だっけ。リアルはシリアスだけじゃなく
>>続きを読む

きみの瞳(め)が問いかけている(2020年製作の映画)

-

バイオレンスヒィイってシーン多すぎだったけど運命でディスティニーだわこりゃあ

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

-

もう好き!!!!
二人ともすごい!!!
中身も大好き!!!
秋本さんと先生どちらにも共感することがあって
小賢しさでは勝てないけどそれだって強みだって認めてほしいし、一人で生きるのがこわくて普通にでき
>>続きを読む

愛してるって言っておくね(2020年製作の映画)

-

つら
自殺だけじゃなくて、いろんなタイミングで落としうる命を
まわりの人の続いていく日々に翳を落とさないために
思ってる以上に大切にしなきゃいけないなもおもった
当たり前と思ってることもいっぱい伝える
>>続きを読む

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

-

やっぱり絶対オンライン英会話始めよっと

恋は要らないわ、尊重してほしいだけ
って不倫に走らなかったの自分への誓いの強さで感銘を受けた

私をくいとめて(2020年製作の映画)

5.0

さいしょ私の実写化かと思って見てたけど(洗濯機回しながら天然色聴いてるあたり)(ごはん自分のために作ってるあたり)(ていうか感情も)(ナイスサタデーだったなあとかほんとそう)(ほんとそう)(最初おめで>>続きを読む

佐々木、イン、マイマイン(2020年製作の映画)

5.0

終盤理由がはっきりしないまま延々と涙ダラダラだった
あんなんされたら踊っちゃうきもちわかる
陰の引っ張る力と同じくらい陽だって確実に強いから、その間でバランスをとってられるようにするための策はやはり村
>>続きを読む

おらおらでひとりいぐも(2020年製作の映画)

-

おまえはすごいおまえはすごい
気の遠くなるような時間繋いでここにいるんだ🐘

さみしさでにぎやかなこの部屋

最もしんどくなる少し前あたりにこの映画があれば足がかりになるかも

孤独死しそうになったら
>>続きを読む

浅田家!(2020年製作の映画)

-

黒木華👏👏👏👏👏👏👏👏👏
今が終わりって心掛けてるけど、その観点で写真とか動画ってずるくて強い
明日も明日にいればそれがいつもになるってわけでもないし、でも記憶を強くするものがあるから生きてける
わか
>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

-

最強だ!!!!!!!!
かっけえ!!!!!!!
宮本から君へ
喧嘩シーン耳塞いで歌いながら観たし地獄だけど最強だよ!!!!!!
エンドロールの後味良くてありがたい
なかったことにして進めないのは事実だ
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

-

最高すぎて泣いた
お互いにとって一番で
一緒に過ごすのが最高なこと
明日も一緒にいたいけど
会わなくってもまた明日、の明日の中にいてよってこと
グッドラックだよ

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

-

じゃあ一旦結婚してみるっていうくらいで過ごしてみてはいかがでしょうか
愛がどうなるかなんてわかんないなら
ただこどもに自分の存在にハテナを持たせるのは絶対にいやだけど。
マヌケな声の歌がよかった

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014年製作の映画)

-

頭が変だったんだよねって人ほど機微に深いショックを受けることだってあるよねそれがピンポイントの人との超深い共鳴にもなるから感動するんだろうけど
やっぱかわいくしたら気分だってあがるしこの前私も美容院で
>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

-

ちょっと見よって点けたのに最初っから最後まで夢中で観たすごすぎる
今まで全く絶望してなかったから恋してなかったのかと思ったっていう陳腐な感想文
どんな気だったのよと思う
「まだ死んでない」を深めるほど
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

-

体の特徴は女の子ですが、心はまだどちらかわかりません。自分らしく育って
って本気で思えることが愛でおめでとう(映画の話じゃないけど)
娘がグッド

泣きたい私は猫をかぶる(2020年製作の映画)

-

ペンギンハイウェイに続き私はすっごい好きだ
アニメの湿度の感じとくるくるキラキラするのときゅんって感じがすごい好き〜!猫の国は無条件に懐かしい感じがするし、ちょっと尾道を彷彿とさせる街並みとにおいにも
>>続きを読む

影裏(2020年製作の映画)

-

松田龍平と綾野剛ってだけで大森監督だしすごい待ってた映画
辛いこといっぱい感じたけど、綾野剛がジャスミンに水やってる姿見てジャスミンと霧吹きは買ったし、掴めないしどうしようもない面もきっとあったけど何
>>続きを読む

ワタシが私を見つけるまで(2016年製作の映画)

-

さえりさんの、自分のことは自分でできる上で一緒にいる、のコラム思い出した
あのコラムまじ大好き
でもこの映画によると、独りのプロになりすぎても素敵な人とのチャンスを逃してしまうらしい。むずかしい
まあ
>>続きを読む

億男(2018年製作の映画)

-

親友って最強
親友との間のこと、時間や距離が離れてたって変わらないって最強
この瞬間にどんな顔をしていたんだろう!
は!な!し!が!し!た!い!よ!
(BUMP OF CHICKEN )
川村元気の手
>>続きを読む

紅の豚(1992年製作の映画)

-

ナウシカ、ウルスラ、また大好きな女の子ができた
フィオ

7番房の奇跡(2013年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

かわいすぎる分理不尽が際立った
愛してるぜ天使は泣いたけど
これ美談にしちゃだめだよね???警察ってこんなに腐ってるの?めっちゃ頑張ってる人もいると思うのに、こんな組織が腐ってるって示したまま映画終わ
>>続きを読む

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

-

・母が好き
・あなたのことを好きだと言ってくれる人は、あなたの中に価値を見てるのよ
・愛がないと味気ないもんなんだなあ
・パパラブ

トイレのピエタ(2015年製作の映画)

-

宮沢りえと杉咲花だけでずるい
初めてなんだから責任とってって言うあたりからもう
お父さんが「買うよ」って自分の絵買ってくれた時の満足げな表情
思わぬ感激映画でピエタ

観終わったらtakaと洋次郎がイ
>>続きを読む

>|