minamiさんの映画レビュー・感想・評価

minami

minami

映画(111)
ドラマ(1)
アニメ(0)

砕け散るところを見せてあげる(2021年製作の映画)

4.5

最近自分が観てた映画とは違う系統で
衝撃でかかったけど、良いシーンも多かったから心の救いだった、、
単なる青春映画でも恋愛映画でもないし、時間があっという間に過ぎていった
展開に心が追いつかなかったな
>>続きを読む

いちごの唄(2019年製作の映画)

4.2

エンディングの余白も素敵だった
銀杏も素敵だし、二人の不思議な関係がしんじくんの存在によって築かれていくのも良かった、、

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.8

美しい、、
映像美だけじゃなく、登場人物の気持ち、何より両親の考え方
全て素敵だった。
気持ちに素直になっても切ないものは切ない、、。

ウエスト・サイド・ストーリー(2021年製作の映画)

4.2

愛がメインのミュージカル映画だと思ってたけどもっと悲しくて、考えさせられる映画だった。

桜のような僕の恋人(2022年製作の映画)

4.6

後半はもうボロ泣きでした。
最初はクスッと笑えてそんなことある?!みたいなシーンもあったけど、後半は相反して涙が溢れました、、。
一緒に過ごせた時間は短くてもそんなの関係ないんだなと思わせてくれる素敵
>>続きを読む

余命10年(2022年製作の映画)

4.7

泣けます。映像も美しいです。
最初は意外にも泣かずにすむかも〜とか思ってたらそんなの覆されます。
小松菜奈と坂口健太郎が泣くたびに勝手に涙がでてきました。

フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊(2021年製作の映画)

4.4

とにかく映像がお洒落なのはもちろん
系統が違う話で飽きず、それぞれ面白かった!
映画館で観れたらどんなに良かったか、、

愛なのに(2021年製作の映画)

4.0

愛の方向がそっちで良かった。愛ならいいんだよ、愛ならそれでって感じ。

ちょっと思い出しただけ(2022年製作の映画)

5.0

やっと観れた、、
とにもかくにも自分の好みのど真ん中すぎて映画館で観れたことが幸せだった
心が満たされる映画
きっと何回も観たくなるんだろうな

コーヒー&シガレッツ(2003年製作の映画)

4.0

休日に部屋真っ暗にして観たい映画
いつもなら甘ったるい飲み物好むのにこの時はブラックコーヒーの気分になったな

静かな雨(2020年製作の映画)

4.2

けっこう軽い気持ちで観れる
太賀の葛藤、、こんな経験してなくても気持ちが分かるし、記憶って儚いんだな〜と

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

4.4

ちょっと思い出しただけの予習に
短編で観やすかった〜
特に1話目と2話目が好みだった!

タイトル、拒絶(2019年製作の映画)

4.0

生き方が下手な人たちがででくる映画
でも生きてるって感じが良かったな〜

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

4.5

終わり方も他と違って好きだったなぁ
ジョゼは虎も魚たちも見れたし、見た時の反応も言葉も可愛かった
ジョゼも恒夫も素敵な人

生きちゃった(2020年製作の映画)

4.3

やっと観れたけど想像より重たい
90分だけど90分のボリュームじゃない
誰も幸せになれない
最後を信じたい

ある夜、彼女は明け方を想う(2022年製作の映画)

4.4

映画観た後に観てみた
個人的に映画より好きだったな〜
でもこれ観たらもっかい映画観てもいいかも
むしろ観たいかも

明け方の若者たち(2021年製作の映画)

4.0

原作を読まないで観れば良かったなと思ってしまった、、
雰囲気最高だった!

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

4.3

本当にアルプススタンドのはしの方だった
アルプススタンドのはしの方で行われる青春
良いね!!!

劇場版 呪術廻戦 0(2021年製作の映画)

-

レビューつけるのが恐れ多いので今回はパスで、、お伝えできるのは最高すぎたということだけです

街の上で(2019年製作の映画)

4.6

ずっと平坦な映画だよって聞いてたから
観てなかったけど
なんとなく観てみたら平坦なのは確かだけど
笑えるところも多くて、荒川青がなんかリアルでとても素敵な映画だった
たぶんまた観る

町田くんの世界(2019年製作の映画)

4.5

とっても良かった!!!
町田くんの世界に浸っていたい、、
登場人物がみんな素敵で、青春とファンタジーの融合!現実味がないところもあるけどそんなシーンがあってもいいよね
登場人物になりたい、、

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

4.0

最後はどっちなんだろう
みんな素直に生きれたら、それはそれでどうなんだろうと考えた映画
石橋静河ちゃんが最高な映画

“隠れビッチ”やってました。(2019年製作の映画)

4.4

楽しくて、可愛くて、切なくて、暴力的で、でもやっぱり可愛い映画だったな〜

恋する寄生虫(2021年製作の映画)

4.1

音楽と映像美が素敵だった。
小松菜奈の登場シーンがかっこよすぎて完全にやられた。

>|