yasuさんの映画レビュー・感想・評価

yasu

yasu

映画(126)
ドラマ(0)
  • 126Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

のみとり侍(2018年製作の映画)

3.3

日本の時代劇でコメディだと、なんとなく同じ空気になるな~と感じます。細かい設定がしっかりわからないままでしたが、コメディなのでストレスなく見れました。斎藤工が蚤取りやらないキャスティングが謎です。

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

3.1

原作未読です。物語の設定は面白そうで興味がひかれたので観賞。東北の温泉地がロケ地になっていて嬉しくなりました。ただ、主演の櫻井さんがイメージにマッチしていない感じがしたこと、特段活躍もせずに終わってし>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.9

原作未読です。ストーリーも知らないで見たので楽しめました。どちらかというと、適役の健君のほうに感情移入してしまいがちでした。それだけ影のあるヒーロー像がハマっていたかなと。細かいツッコミはせずにエンタ>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.7

「ダンケルク」を観ていたので、なんとか話についていけた感じ。チャーチルの半生というよりは、ダンケルク前夜の短期間にスポットを当てている。なんといってもゲイリーオールドマンの演技に尽きる。細かい部分まで>>続きを読む

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

3.9

タイトルから大病を乗り越える話と勘違いしそうですが、異文化間の恋愛モノ。コメディが主体なので気楽に見ることができます。これが実話を基にしていると思うと人生って面白い。異なる文化・背景を持つ人たちが愛す>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.6

事前の勝手なイメージで、政府の機密を手に入れるハラハラものかと思っていたのでやや肩透かしをされたました。権力に逆らって政府機密を報道するかどうかというジレンマと女性経営者という当時の男女格差を描いてい>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.8

主人公である母親の過激とも言える行動が町中に、そしてそこに生きる人たちに様々な影響を与える―。単に母親と警察の争いの話かと思っていましたが違いました。話の構成が面白い。主要人物が皆、熱く強い感情を持っ>>続きを読む

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

2.3

空海が唐の国で大活躍!というのを期待して見にいくとはしごを外されます。原作を読んでいないので、映画だけ見ると主人公を空海にした理由が謎。中国の歴史を知らないとついていけず、謎解きで得られるはずの爽快感>>続きを読む

不能犯(2018年製作の映画)

2.7

「不能犯」に立ち向かう設定はとても良いと思い、原作がどんなものか気になりました。しかし、物語としては結末や敵役の背景の描写もなく中途半端感しかありません。映画ではなくドラマだったらと思わずにはいられま>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.4

ミステリーな感じの触れ込みだったので、どんな謎が隠されているのか期待しながら見ました。見終わってみると、謎自体にはそれほど衝撃は受けなかったかなと。それよりも長澤まさみのイライラした演技、高橋一生のイ>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.9

アメリカのロビー活動を舞台にしたサスペンス。自分の生活全てを仕事にかけ、あらゆる手段を講じて勝ちをもぎとる主人公の姿に惹かれない人はいないのではないでしょうか。主人公の仕掛けた壮大な計画や強い主人公の>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.8

原作は未読ですが、小説がベースになっているからか、作品の空気がどのシーンも同じ空気を持っていて良かったと思います。見せ方も邦画だからこそできる表現の仕方で面白かった。ヨシカの毒性や二のうざったさはそれ>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.7

ホロコーストの存在を裁判で争ったことがあったということにまず驚く。内容は法廷モノだが、主人公の女性教授の活躍シーンはなく、男性中心の弁護士チームの活躍がほとんど。裁判の相手である否定論者も裁判後半は一>>続きを読む

密偵(2016年製作の映画)

3.1

メインキャストに有名どころが起用されており期待して見ました。こういう時代背景の描写には接する機会がなかったので新鮮な感じがしました。密偵というタイトルでスパイものを連想しますが、基本的には日本軍の支配>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.4

エルトン・ジョンが出演したり、頭撃たれても大丈夫だったりと前作よりもぶっ飛び感が増した続編。前作を見ておかないと流れが掴みにくい。人によっては、あまりのご都合主義的展開に納得できないかも。個人的には、>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

設定とキャラが良ければ予算が無くても良いものができることを表したような作品。冴えない男と天才少女を主役がチャーミングに演じていてとても好感が持てる。ストーリーは壮大なものではないが、深く考えさせられる>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.8

山崎監督らしくCGも多様した作品。ストーリーとしては中盤の盛り上がりに比べ、後半ややパンチに欠けた感が。魔物たちがリアルな感じなのは人によって好みがわかれるかも。とはいえ、中盤では泣けるシーンもありま>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.2

原作や別映画は見てませんが、三谷幸喜のテレビドラマを見ていたのでストーリーは概ね理解できました。逆を言うと、推理モノということで初見の人がどれだけ推理できるかというと…。事件以降は必要な情報のシーンし>>続きを読む

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

3.4

原作未読です。ところどころ感動できるシーンがありましたが、それは原作の持つ魅力に依存しているのかなと。海外でロケしました感、コスプレ感、主人公がいまいち活躍しないストーリーと、違和感が勝ってしまうとこ>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

3.7

これまでの作品も見ていますが、やはり大泉&松田のコンビはしっくりきますね。ススキノの裏社会での探偵稼業ということで、毎回ストーリーは似たような感じになるのはやむを得ないところなのかなと。なんか探偵さん>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.8

何の変哲もない日常の中にある些細な出来事を描くだけで作品となってしまうことに驚き。詩、妻との愛、そして犬。随所にクスっと笑ったり、ほっこりするシーンがちりばめられています。気合い入れなくても見れる作品>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.5

卓球を題材にした割には卓球のウンチクは無かったかなと。ストーリーは、終盤へ向けての流れが弱かったように思います。キャスト的には皆さんの評価が高いように、蒼井優がいい味出してました。全体的にもう一息な印>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.5

実話を描いた作品ということですが、こんなことがあったって思うとただただ驚くばかり。トムクルーズが主役だったということもあり、悪いことをやっている人物を描いているにも関わらず、嫌悪感を感じずにサラッと見>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.3

この作品の肝は、凄いアクションを女優さんがバンバンやっていくところに尽きると思います。話の内容はそれほど凝っているわけでもないし、無くてもいいのではというくだりもある。とはいえ、美人が男たちを倒してい>>続きを読む

関ヶ原(2017年製作の映画)

3.3

原田監督らしい重厚な作品。役所広司、平岳大らの演技が光っていました。石田三成の人間像を中心に描かれ、ドキュメンタリー要素も。とはいえ、登場人物が多いこと、昔の言葉による難解さなど、見る人を選ぶ作品では>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.7

原作未読です。亜人という設定を活かすため、アクションが中心の作品。人間ドラマは形だけ入れている感じ。SATを一人で壊滅できる敵を経験値不足の主人公が大した訓練もしないで渡り合うのは不自然さが否めません>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.7

知恵や機転を効かせて大脱出!という作品ではありません。戦争の描写ですが、撤退の様子ということもあり新鮮。効果音や音楽の使い方が良く、ハラハラします。撤退戦を描いているため、個々の登場人物への特化はそれ>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.5

法廷サスペンスとはっきり断言できないのは、人物の描き方が丁寧で、人間ドラマ的な要素を感じるからでしょうか。謎がスッキリ解ける感覚を期待するとはしご外されると思います。斉藤由貴さんの演技がはまり役。主人>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.8

詩集の映画化。詩的・芸術的な作品は、えてして意味不明なものになりがちですが、この作品は大丈夫な分類だと思います。導入部はかっこいい印象。主演の女優さんが新人ということで、先入観なく見れたのが良かったか>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

3.5

原作が原作だけに過度の期待をしなかっただけに採点は甘め。キャスト的には伊勢谷さんが似合い過ぎ。ジョジョの良さは、バトルを思いがけない方法で乗り切るとこだと思うんですが、それをしっかり表現しようとしてい>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.3

原作未読です。窪田正孝主演ということで観賞。演技の幅広さは言うまでもなく、さすがという感じ。ただ、それ以外はキャストも含めイマイチ感が。主人公の心の葛藤をメインにしている割に余計なシーンがあったり、過>>続きを読む

忍びの国(2017年製作の映画)

3.4

原作は未読ですが、和田竜さんの作品は好きです。主人公らしからぬ主人公というのが、和田作品らしさを醸し出しています。とはいえ一番惹かれるのは伊勢谷さんの演技。主人公夫婦を食ってしまってます。そのため主役>>続きを読む

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

3.9

原作未読です。福士君の大阪弁に違和感を感じる人もいるのかな。ストーリーにはツッコミどころもあるかもしれませんが、ミステリー的な要素もあり好感が持てました。パワハラ上司役の吉田さんや、主人公の両親役など>>続きを読む

追憶(2017年製作の映画)

2.4

殺人事件と主人公たちの過去が絡むサスペンスを軸にした人間ドラマ。ただ、サスペンスのオチがあっけなく、火サス的な雰囲気で、映画でやる意味は?と思ってしまった。結果論だが、人間ドラマの面で押せばこのキャス>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.8

韓国映画作品のリメイク。元の作品を見たことがあるためストーリーはほぼ分かっていましたが、それでも楽しめました。リメイクによって破綻してしまうケースはありますが、今作はうまくまとめていたと思います。ただ>>続きを読む

花戦さ(2017年製作の映画)

3.5

野村萬斎がいるからできる映画という感じがしました。やっぱり野村萬斎は時代劇が合います。ストーリーの本筋のところはちょっと消化不良な感じがしますが、生け花の美しさと京の庶民のやりとりの楽しさに惹かれます>>続きを読む

>|