yasuさんの映画レビュー・感想・評価

yasu

yasu

  • 108Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

3.4

原作未読です。ところどころ感動できるシーンがありましたが、それは原作の持つ魅力に依存しているのかなと。海外でロケしました感、コスプレ感、主人公がいまいち活躍しないストーリーと、違和感が勝ってしまうとこ>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

3.7

これまでの作品も見ていますが、やはり大泉&松田のコンビはしっくりきますね。ススキノの裏社会での探偵稼業ということで、毎回ストーリーは似たような感じになるのはやむを得ないところなのかなと。なんか探偵さん>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.8

何の変哲もない日常の中にある些細な出来事を描くだけで作品となってしまうことに驚き。詩、妻との愛、そして犬。随所にクスっと笑ったり、ほっこりするシーンがちりばめられています。気合い入れなくても見れる作品>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.5

卓球を題材にした割には卓球のウンチクは無かったかなと。ストーリーは、終盤へ向けての流れが弱かったように思います。キャスト的には皆さんの評価が高いように、蒼井優がいい味出してました。全体的にもう一息な印>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.5

実話を描いた作品ということですが、こんなことがあったって思うとただただ驚くばかり。トムクルーズが主役だったということもあり、悪いことをやっている人物を描いているにも関わらず、嫌悪感を感じずにサラッと見>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.3

この作品の肝は、凄いアクションを女優さんがバンバンやっていくところに尽きると思います。話の内容はそれほど凝っているわけでもないし、無くてもいいのではというくだりもある。とはいえ、美人が男たちを倒してい>>続きを読む

関ヶ原(2017年製作の映画)

3.3

原田監督らしい重厚な作品。役所広司、平岳大らの演技が光っていました。石田三成の人間像を中心に描かれ、ドキュメンタリー要素も。とはいえ、登場人物が多いこと、昔の言葉による難解さなど、見る人を選ぶ作品では>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.7

原作未読です。亜人という設定を活かすため、アクションが中心の作品。人間ドラマは形だけ入れている感じ。SATを一人で壊滅できる敵を経験値不足の主人公が大した訓練もしないで渡り合うのは不自然さが否めません>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.7

知恵や機転を効かせて大脱出!という作品ではありません。戦争の描写ですが、撤退の様子ということもあり新鮮。効果音や音楽の使い方が良く、ハラハラします。撤退戦を描いているため、個々の登場人物への特化はそれ>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.5

法廷サスペンスとはっきり断言できないのは、人物の描き方が丁寧で、人間ドラマ的な要素を感じるからでしょうか。謎がスッキリ解ける感覚を期待するとはしご外されると思います。斉藤由貴さんの演技がはまり役。主人>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.8

詩集の映画化。詩的・芸術的な作品は、えてして意味不明なものになりがちですが、この作品は大丈夫な分類だと思います。導入部はかっこいい印象。主演の女優さんが新人ということで、先入観なく見れたのが良かったか>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

3.5

原作が原作だけに過度の期待をしなかっただけに採点は甘め。キャスト的には伊勢谷さんが似合い過ぎ。ジョジョの良さは、バトルを思いがけない方法で乗り切るとこだと思うんですが、それをしっかり表現しようとしてい>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.3

原作未読です。窪田正孝主演ということで観賞。演技の幅広さは言うまでもなく、さすがという感じ。ただ、それ以外はキャストも含めイマイチ感が。主人公の心の葛藤をメインにしている割に余計なシーンがあったり、過>>続きを読む

忍びの国(2017年製作の映画)

3.4

原作は未読ですが、和田竜さんの作品は好きです。主人公らしからぬ主人公というのが、和田作品らしさを醸し出しています。とはいえ一番惹かれるのは伊勢谷さんの演技。主人公夫婦を食ってしまってます。そのため主役>>続きを読む

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

3.9

原作未読です。福士君の大阪弁に違和感を感じる人もいるのかな。ストーリーにはツッコミどころもあるかもしれませんが、ミステリー的な要素もあり好感が持てました。パワハラ上司役の吉田さんや、主人公の両親役など>>続きを読む

追憶(2017年製作の映画)

2.4

殺人事件と主人公たちの過去が絡むサスペンスを軸にした人間ドラマ。ただ、サスペンスのオチがあっけなく、火サス的な雰囲気で、映画でやる意味は?と思ってしまった。結果論だが、人間ドラマの面で押せばこのキャス>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.8

韓国映画作品のリメイク。元の作品を見たことがあるためストーリーはほぼ分かっていましたが、それでも楽しめました。リメイクによって破綻してしまうケースはありますが、今作はうまくまとめていたと思います。ただ>>続きを読む

花戦さ(2017年製作の映画)

3.5

野村萬斎がいるからできる映画という感じがしました。やっぱり野村萬斎は時代劇が合います。ストーリーの本筋のところはちょっと消化不良な感じがしますが、生け花の美しさと京の庶民のやりとりの楽しさに惹かれます>>続きを読む

無限の住人(2017年製作の映画)

2.9

原作未読です。キムタクはキムタクにしか見えないのが難点。豪華な俳優陣なのに、物語に関わっていない人が多数…。登場人物の掘り下げができていないので、豪華キャストがアクションをしているだけの作品になってし>>続きを読む

午後8時の訪問者(2016年製作の映画)

2.6

意外な真実とは…という触れ込みにひかれて観賞。どんなどんでん返しがあるのかと期待していたせいか、意外にあっけなく感じました。淡々と進むため、登場人物の心理がわかりにくく感情移入ができませんでした。本筋>>続きを読む

しゃぼん玉(2016年製作の映画)

4.0

派手さはないけれど心に染みる作品。登場人物は少ないですが、いずれも好演。他人同士がいつの間にか家族以上の絆を築いていくというストーリーも好きです。都会にはないものが感じられます。ラストには涙が流れまし>>続きを読む

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

3.9

アニメから入ったので、どうしてもアニメと比較してしまいます。ストーリーをなぞっているような印象を受けますが、それでも原作が魅力的なだけに感動する場面もありました。後半で原作やアニメとの違いをどう出して>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

3.8

トランスジェンダー等によって社会から差別的扱いを受けている彼らが、一つの家族となっていく様は見ていて心が温かくなります。リンコさんの姿が完全に女性にはなりきれていないことがリアルで良かったと思います。>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.1

話題となっていたので観賞。個人的にはそれほど感動しませんでした。ミュージカル映画は熱く感情のこもった作品のほうが好きなので、この作品のように比較的淡々と進む作品だと気持ちが入りづらいかなと。

僕らのごはんは明日で待ってる(2017年製作の映画)

3.8

原作未読です。瀬尾まい子原作の映画化ということで観賞。ヒロインがとてもマッチしていて好感触。作品のトーンが落ちついた感じなので、王道の恋愛映画が苦手な人も見れるのでは。ケンタッキー食べたくなります。

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.6

原作は知りません。カンバーバッチ主演ということで観賞。主人公の傲慢さがシャーロックと重なります。カンバーバッチ好きは見ていいかも。ストーリーの細かい点は気にせず、映像の凄さで楽しむ作品かなと。仲間と協>>続きを読む

キセキ あの日のソビト(2017年製作の映画)

3.4

物語の主役はあくまでジン&ヒデの兄弟で、彼らが困難を乗り越える過程が描かれている。それ以外の背景は必要最低限しか描かれていないため、ヒデがどのようにして才能を培ったのかや、GReeeeNの他のメンバー>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

3.9

原作は未読です。この作品を見るまでキリシタン弾圧は、幕府の圧政の象徴のように理解していましたが、作中では、取り締まる側も描かれていて、偏らない見方ができたというか、とてもリアルさを感じることができまし>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.2

とても良い作品だと思います。ストーリーや設定などがすごく考えられていて、作り手の想いが伝わってくるようです。主人公のお母ちゃんもただ熱いだけじゃなく人間味に溢れていて、単に人の死を描いて泣かせる作品と>>続きを読む

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

2.8

フジテレビっぽい作品でした。ただ、作品としてはあまり面白くなかったかなと。タイムスリップ物は信長協奏曲でやってたじゃんとツッコミ入れたくなります。信長がいい人すぎたり、信長と蘭丸以外の歴史上人物がでて>>続きを読む

弁護人(2013年製作の映画)

3.8

実話に基づいた裁判映画。韓国の裁判映画?と見る前は思ってましたが、良い意味で裏切られました。題材は難しいものですが、コメディ要素もいれつつ、裁判シーンも感情移入しやすい作りとなっていて見やすい作品にな>>続きを読む

バイオハザード:ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.3

バイオハザードシリーズは初見でした。初見者向けの説明があるので、なんとなく話は見える。最初から最後までアクションし通しなので、感動を期待するものではないのかな。シリーズを見ていた人にはスッキリ感がある>>続きを読む

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

3.1

原作未読です。期待値が高かったせいか、採点は低め。熱い男たちの生きざまは客観的には分かるものの、感情が入りこめない感じのまま終わってしまいました。なんとなく躍動感に乏しかったかな。俳優陣は重厚感があっ>>続きを読む

聖の青春(2016年製作の映画)

3.1

主役二人の役作りには脱帽。本物に見える瞬間があるのがすごい。ただ、物語としては淡々と進んでいく感じで、心を揺さぶられるようなシーンがもっと欲しい。事前に村山聖の基礎知識がないと入りこみにくい。

ミュージアム(2016年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

グロテスク感が強く苦手な人にはおすすめできないかも。ただ、とても洋画のスリラーな感じが邦画でも出せるんだ!とびっくりしました。犯人役が妻夫木聡だったのは評価分かれるのかなと。途中までは誰だかわからなか>>続きを読む

天使と悪魔(2009年製作の映画)

3.0

どうしても前作までと比較してしまいます。前作までは、芸術や宗教に潜んだ謎を解き明かすような感じがありましたが、今回普通のハリウッドアクションに後付けでそれらの要素を加えただけという印象。教授のロマンス>>続きを読む

>|