Kaoriさんの映画レビュー・感想・評価

Kaori

Kaori

映画(438)
ドラマ(28)

ここは退屈迎えに来て(2018年製作の映画)

3.3

フジファブリックの歌は染みる
ただ物語はちょっと退屈だったかも
都会と地元を行き来する感じが自分には親しみのない事だからかしら…

キャストとタイトルにはとっても惹かれた
成田くん×ゆきのちゃんがここ
>>続きを読む

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.6

一言でいうと非常に近未来的
脚本書いた想像力…!と思ったけど
こんな時代くるのかも🤔
この作品2013年製作てのがすごい

スカーレット・ヨハンソンが
まじで声だけしか出てこなかったし、
ルーニー・
>>続きを読む

ミニマリズム: 本当に大切なもの(2016年製作の映画)

3.6

消費行動で一時的に欲求が満たされても長期的な幸せにはならないし、持ち物が少なくてもそれら全部が自分のお気に入りだったら幸せ感じられるよね〜っていうとってもシンプルな哲学だった

彼らはミニマリズムを人
>>続きを読む

クルーレス(1995年製作の映画)

3.5

90sアメリカンティーンMAXな映画🇺🇸
ストーリーが面白いというよりも、
この時代のテンションとファッションが面白い

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

3.9

病室のシーン泣いた、、、He knows🥺
アデラインの魅力は永遠だなあ
そしてブレイク・ライブリーがgossip girlから変わらず魅力的すぎる ナイスキャスティング💗

フード・インク(2008年製作の映画)

3.6

消費者と生産者があまりにもかけ離れてて
普段見て見ぬふりをしている現実を教えてくれる
食肉産業、コーン、GMOと話題豊富なので
興味あるものを各々深堀するべきかなあと
現状を知る始まりのドキュメンタリ
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.1

主演のおふたりに感情移入した…しんどい…
観ていてなんだか可哀想だと思ってしまう
ふたりの主張も理解できるし、
途中弁護士が"2人の主張を代理で話す"言い争い
してるところとかもうしんどい…
どちらの
>>続きを読む

365日のシンプルライフ(2013年製作の映画)

3.5

超シンプルライフを始めよう、そしてその過程を映画にしよう!と考えついたペトリさんが普通にすごいと思う
極端な行動チェンジをナチュラルにライフスタイルに組み込んでいく姿にびっくり
多分人間そんなにモノ要
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.7

ボヘミアン・ラプソディと似てる!というのが第一印象だったけど、ミュージカル要素が割と入ってて違う面白さを感じた
エルトン・ジョン全然知らないけど音楽素敵だなあ〜と素直に思う
家庭環境荒れてたり、後にク
>>続きを読む

ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声(2014年製作の映画)

3.7

心が浄化される美しいボーイソプラノボイス…!
ステットの才能に気づいて、育ててくれる人がいてよかったなあ
ボーイソプラノの声は時間に限りがあるからこそ神聖なのね
神様からのギフトって素敵な表現

地球が壊れる前に(2016年製作の映画)

4.1

ようやく観れた!気候変動に関するドキュメンタリー映画!

レオナルド・ディカプリオが国連平和大使の活動として世界中を旅して、気候変動の現状を映像と有識者との対話を通して伝えてくれる
私たちはあまりにも
>>続きを読む

あの頃ペニー・レインと(2000年製作の映画)

4.1

ツアーを一緒にまわるウィリアムを通してこの物語が一体どんな方向に向かっていくんだろう!とワクワクドキドキ

15歳?16歳?なんてほんと大人の世界に入るには早すぎる…!ていうお母さんの気持ちもめっちゃ
>>続きを読む

メリーに首ったけ(1998年製作の映画)

3.5

キャメロン・ディアスの代表作として名前だけは知っていて、どんな話なのかな〜と思ってたけど、タイトルの通りただただsomething about Maryという感じ
ほんとキャメロン・ディアスのために作
>>続きを読む

世界中がアイ・ラヴ・ユー(1996年製作の映画)

3.3

今まで観てきたウディ・アレン監督作品は大好きだったけどこれはちょっとハマらない…
彼の独特なロマンチックな世界観がミュージカルと合うかと思ったらそうでもない、この映画がミュージカルである必要性が分から
>>続きを読む

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

3.7

色彩豊かで映像がおしゃれ
エリザベスと誰かの会話がメインの作品だからこそ、背景としての店内の様子だったり、人物を引きたたせるためのカメラのぼかした様な撮り方だったりがとっても効いてる!

ていう映像美
>>続きを読む

サッドティー(2013年製作の映画)

3.6

ほんとその辺にいそうな登場人物(語彙力)描くのが上手すぎる今泉監督…
柏木共感できなさすぎてイラついた途中から笑ってしまった(笑)レビュー観てても似たような感想多くて安心した(笑)

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.1

成長していくジョジョの姿に目頭が熱くなった😢

物事の考え方とか周りの環境にめちゃめちゃ影響されるんだなあ…しかもジョジョとか10歳の子供だし、若ければ若いほど簡単にマインドコントロールされてしまうの
>>続きを読む

キューティ・ブロンド2/ハッピーMAX(2003年製作の映画)

3.7

前作同様ぶっ飛んでる設定に今だとちょっとアウトだなっていう表現は散見されるけどフィクションとしてハッピーなストーリー
まさか動物実験について扱ってるなんて思わなかったので感激した🥺
個人的に動物実験大
>>続きを読む

キューティ・ブロンド(2001年製作の映画)

3.9

ポジティブでまっすぐなエルが大好きだ〜〜〜〜〜💗💗💗
2002年の映画ということもあって、ブロンドやロースクール生やゲイに対してのステレオタイプが強い作品ではあるものの、自分を信じることの大切さを伝え
>>続きを読む

バンクシー・ダズ・ニューヨーク(2014年製作の映画)

3.6

バンクシーの作品はメッセージ性が強くて
反資本主義的なものが多いものの
結局高値で購入されたりこういう映画ができたり
資本主義の中に組み込まれてくのが皮肉😌
バンクシーの作品いつか生で見てみたい!

シンプル・シモン(2010年製作の映画)

3.8

アスペルガー症候群の主人公が見える世界は
他の人とちょっと変わってるけれど
たまあに不思議な化学反応を起こすのね!

映画終盤までこれがどんな物語なのか
よくわからん!と思って観てたけど
方程式では解
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.9

最果タヒさんの世界観がこんなにも映画に投影されていて個人的には好きでした

詩的なセリフが出てきたり、死にどこかこだわりというか囚われているところとか、なんだかすごくタヒさんぽい

原作読んだことがな
>>続きを読む

神様メール(2015年製作の映画)

3.5

欧米で流行ったのは理解できるけれどキリスト教がなかなか浸透していない日本人が観て彼らと同じくらいの理解で楽しめるかはちょっと難しいかなあと🥺世界観もなかなか入り込めなかった🥺

恋と嘘(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

普通に面白かったけど、ラスト15分くらいから意外な方向に流れてエンディングが好みではなかった…笑

司馬くん海外行って治るのかと思ったけど死ぬんかーーいて
んでもって蒼佑またアタック始まるんかーーいみ
>>続きを読む

ラスト5イヤーズ(2014年製作の映画)

3.5

ミュージカル好きだしアナケンドリックも好きだけどなんだかハマらなかった…

男女の時間軸を逆に描く、っていうのが新鮮で面白いはずなのに、普通に混乱した笑
もう少し分かりやすい時間の変化、年号の表記とか
>>続きを読む

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)

3.8

このストーリーを書く想像力が凄い
しかもそれが主人公カルヴィンと結びついてる
作品中のカルヴィンとルビーを演じるふたりは
実際に恋人同士らしくて
まるでフィクションとリアルが混ざった感じ

自分の手で
>>続きを読む

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

3.7

1960年代のミュージカル映画
こんなに最初っから最後まで歌ってるとは思わなかった!凄い
映画だけど1幕、2幕、3幕っていう構成をとっているのもクラシカルで素敵

1950-1960年代のフランスの街
>>続きを読む

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

4.1

母子の愛の物語でありながら、なかなか強烈😌
母ダイアンと息子スティーブ、友人のカイラ
誰も悪い人じゃないはずなのになんでこうなる!
とやるせなくなってしまうシーン多々…

そして映画のフレーム?画面?
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

3.6

モードとエベレットのおふたり、なんだかんだありつつもお互いが大切な存在なのが伝わってくる
主演2人の演技が上手すぎてリアル
本物を知らないけれどとってもリアル
そして、モードの絵がとても可愛い♡

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

3.8

千早、太一、新の3人の関係性好きだなあ!
そして個人戦でみせる瑞沢高校の団結力、グッとくる
これで終わりかと思ったら結び編があるのね、みなきゃ

あと途中で吹部が演奏するシーンになぜか泣きそうになった
>>続きを読む

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

3.9

原作途中で断念しちゃってたけど、
映画はコンパクトに面白いとこがまとまってて見応えあった!!!
競技かるた熱いな〜〜青春!後編も楽しみ!

メットガラ ドレスをまとった美術館(2016年製作の映画)

4.0

好き!かっこいい!考えることも沢山!好き!

アナ・ウィンターってプラダを着た悪魔の編集長のモデルとなった方なのね…知らなかった!冷徹とも言われているけれどファッションにかけるプロ意識がすごく高くてめ
>>続きを読む

真夜中モラトリアム(2017年製作の映画)

3.3

時折流れる音楽がよい!
5人の雰囲気とか話す感じがなんかリアル!ただ終わり方は好みではなかった🥺松元ちゃんはみんなにとってどういう存在だったんだろう?

公衆電話(2018年製作の映画)

3.4

プレゼントのcmか何かに使えそうなショートムービー🎦

>|