ストローカーエースさんの映画レビュー・感想・評価

ストローカーエース

ストローカーエース

2015年4月以降に観た映画からレビュー&点数をつけております。
平均が3点。よろしくお願いします。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシア(2015年製作の映画)

3.1

シャアにはそんな秘密があったのかぁ!
ってガンダムファンには常識なのかな?

モビルスーツの前身のモビルワーカーのデザインが良いやぁ〜ね。

尺もちょうどよいので続きも観ます。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル(2015年製作の映画)

3.1

ガンダムの熱烈なファンではないのでシャアとセイラ以外はよくわからないけれど、タミヤのプラモ世代としてはガンタンクの造形は萌える。キャタピラが良いやあねぇ〜

尺もちょうどよいので続きも観ますよ。

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.3

『プロメテウス』がエイリアンらしくない!と言われたかどうかは知りませんが、本作では『エイリアン』で観客の度肝を抜いた『あの場面』や『こんな場面』も用意されております。おまけに『エイリアン2』のような『>>続きを読む

貞子vs伽椰子(2016年製作の映画)

3.5

ゴジラ対××××やウルトラファイトを観て育った私は『対』やら『VS』にとりわけ弱い。

ジャパニーズホラーの二大巨頭である貞子と伽倻子。
遂に貞子と伽倻子が対決する。

本作は貞子ストーリーと伽倻子ス
>>続きを読む

プロメテウス(2012年製作の映画)

3.0

公開当時エイリアンシリーズとは知らずにスルー。

コヴェナントを見る前の予習として観たがエイリアンシリーズだと言われて観てもわからんなあ〜

最後のアレで納得せざるを得ないけど。

人類の創生だとかク
>>続きを読む

スノーピアサー(2013年製作の映画)

2.9

『新感染 ファイナル・エクスプレス』に感染してしまったわたくし。治療のために同じく韓国発のスノーピアサーに乗車しました。

地球温暖化を防ぐために散布した薬剤のために氷河期になってしまった地球。地球を
>>続きを読む

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

2.9

寺島しのぶも田中麗奈も宮藤官九郎も、そして浅野忠信までもが自分の気持ちを喋る喋る。

台詞で吐き出すことでしか表現できない。まるで昭和のドラマを観ているようだ。

脚本・荒井晴彦。御年70歳。
年齢を
>>続きを読む

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)

3.0

お金持の世間知らずのお嬢様が財産目当てのぷれいぼーいに騙されて、やってきましたイングランドの片田舎。

オンボロお屋敷で寒い寒い。
オマケにゴーストまで現れてさあ大変。

お嬢様の運命はいかに!

>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.0

空間を自由自在に駆け回り、観客の思考のギリギリのところで展開する。「インセプション」や「インターステラー」はそんなノーランの演出が観るものを別の世界に連れていく。

さて、本作。
三つの時間軸を絡め空
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.4

エンドロールが始まると同時に勢いよく出口めがけて駆け下りてくるおじさん(お客様)。

前列通路側に座っていた私は首元噛まれるのではないかとびっくりして座席で飛び跳ねてしまいましたよ(/ _ ; )
>>続きを読む

ローリング(2015年製作の映画)

3.0

今の子供たちは膝上まであるズボンをはくのが普通かもしれないけれど、昔の子供たちは正真正銘の半ズボンをはいていたのでズボンの隙間から小便をすることが出来たのである。

ということを思い出させてくれた映画
>>続きを読む

モンティ・パイソン/人生狂騒曲(1983年製作の映画)

1.0

まったく面白くない。

シュールでシニカルな笑いがオマエたちにわかる?と高いところから言われている気分。

おもんないからわかるか!
ゲロと下ネタオンパレードなだけやないか。

構成もはちゃめちゃ。
>>続きを読む

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

3.7

ジャケ見てクールなバディムービーと思っていたらチョイと変わったコメディでいきなりかわされる。

ところが半ばを過ぎるころから猟奇犯罪が起こりシリアスな展開に‥
と思う間も無く再びへんてこりんなアクシ
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.7

マイノリティから見た世界。

X-MENや仮面ライダーのように見た目が人と違っていても正義(マジョリティにとって)のために戦えば仲間や共感を得ることができる。

しかし、もし、あなたの隣人が人喰いであ
>>続きを読む

宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲(2017年製作の映画)

-

仮面ライダーはずっと好きだけど戦隊モノはゴレンジャーから何故か夢中になった記憶なし。
なので本テレビシリーズも観ていない。

本作、まずはアクションシーンで始まりその後にそれらしい9人が登場。これがキ
>>続きを読む

ひゃくはち(2008年製作の映画)

3.3

毎日暑いですね。
でも暑い夏が好きです。

昼間はビールを飲みながら高校野球観戦。
そして夜は「ひゃくはち」を観て気がつけば高校野球三昧。

108(ひゃくはち)は煩悩の数。
硬球の縫い目の数も108
>>続きを読む

劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング(2017年製作の映画)

-

なるほど『トゥルー』エンディングとはそういうことか。

テレビシリーズのどこから本作に繋がるのか。そればかりがまず気になった。

すでに檀黎斗神だし、ライフは残り1つ。さてさて?

『トゥルー』エンデ
>>続きを読む

ブラザー・ミッション ライド・アロング2(2014年製作の映画)

4.0

アイス・キューブとケヴィン・ハートのバディムービー。

ご機嫌な音楽にのってケヴィン・ハートのマシンガントーク炸裂。
お約束のシンプルなストーリーもテンポ良く繰り出される2人の掛け合いを盛り上げるのに
>>続きを読む

デス・レース(2008年製作の映画)

3.2

無実の罪で収監されるステイサム兄貴。
監獄でデスレースに参加することになるがそこにはある陰謀が隠されていた。
果たしてステイサム兄貴はデスレースに勝利することができるのであろうか。

ご存知?『デスレ
>>続きを読む

リピーテッド(2014年製作の映画)

2.4

いきなりニコール・キッドマンの全裸(バックショット)シーン。

朝起きたらそれまでの記憶が全部失われてしまっている記憶障害のキッドマン。つまり毎日皆さんと初対面。それなのにあなたはどれだけの頻度でSE
>>続きを読む

LOU(2017年製作の映画)

-

『カーズ クロスロード』併映短編。

併映短編にハズレ無し。
6分間で描かれるストーリーは世界を救う!かも知れない。

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

3.0

なるほどそうきたか。
見事に裏切られました。
しかしちびっ子たち(観客)が観たいのはこの展開ではないよな、たぶん‥‥

では大きなお友達にとってはどうか。多かれ少なかれ現実的に誰もが直面することで他人
>>続きを読む

ネイビーシールズ:チーム6(2012年製作の映画)

2.5

コードネーム:ジェロニモ。

ラスト30分の突入シーンだけでは尺が足りない!

とりあえず隊員たちの苦悩や葛藤を盛り込んでおこう。
リーダーの嫁さんがメンバーの1人と浮気するシチュエーションなんかよさ
>>続きを読む

SPY/スパイ(2015年製作の映画)

2.9

皆さんの評価が高い本作。
ステイサム兄貴出演ですので期待大!

結果は‥‥‥!!

メリッサ・マッカーシー苦手です。こればかりは克服できず。
苦手ゆえに全く笑えず。

ジュード・ロウとステイサム兄貴の
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

-

いやはや。
点数つけるのに困るアホアホムービー。
無駄な部分を削除してもう少しスリム化してくれたらちゃんと点数つけるんですけど。もちろん無駄な部分はまじめなストーリー(笑)

とにかく堂本剛を除く全て
>>続きを読む

セレステ∞ジェシー(2012年製作の映画)

3.3

セレステ&ジェシー。
この2人、見ていてほんとイライラする。セレステの親友の気持ちが良くわかる。

こんな2人の鬱陶しい掛け合いを92分も見せられる。
もう、ウンザリ‥‥と言いたいところだけれど何故だ
>>続きを読む

レミーのおいしいレストラン(2007年製作の映画)

3.4

もし実写化したなら‥‥『ウィラード』あるいは『ベン』‥‥ギョエ〜〜〜実写化希望せず!

料理好きなネズミ・レミーがダメダメ見習いシェフのリングイネと共にかって五つ星を獲得したレストラン・グストーの人気
>>続きを読む

ウォーリアー(2011年製作の映画)

4.4

I love you, Tommy!!
I love you!!!

魂が叫ぶ。
アドレナリンが体内から湧き上がる。
そして、気がつけば泣いていた。

闘うことでしか愛し合うことが出来ない兄弟、そして
>>続きを読む

ファインド・アウト(2012年製作の映画)

3.1

誘拐された過去がトラウマになり薬が手放せないアマンダちゃん。

今度は同居している妹が誘拐されるが警察はアマンダちゃんの幻覚だと相手にしてくれない。
逆に武器の不法所持で警察に追われるアマンダちゃん。
>>続きを読む

キック・オーバー(2011年製作の映画)

4.0

『ハクソー・リッジ』を観る前の予習。脚本・製作にメル・ギブソン絡んでます。

メキシコ国境を猛スピードで駆け抜ける現金強奪をした2人組。
警察に追われクラッシュ!
着地したのはメキシコエリア。

現ナ
>>続きを読む

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 「第二章 発進篇」(2017年製作の映画)

2.7

宇宙戦艦ヤマトを映画館で観るのは『ヤマトよ永遠に』以来。
37年ぶり!

つまり第一章も見とらんわけです。
時間が合うのが『ジーサンズ』と本作しかなく仕方なしにこちらを選んだわけでございます。

ジー
>>続きを読む

アダルトボーイズ遊遊白書(2013年製作の映画)

2.4

パート1では中年オヤジ5人組が忘れてしまったこと、失ってしまったものを取り戻すお話でありました。

さて、パート2。
ストーリーはな〜んにもありません。

生まれ故郷に帰ってきたアダムサンドラ一家が中
>>続きを読む

アダルトボーイズ青春白書(2010年製作の映画)

3.0

恩師の葬式で30年ぶりに集まった元バスケ部の面々。

それぞれ悩みを抱えながら、失ったもの忘れてしまったものを取り戻すために昔優勝した時に集まった別荘地にそれぞれの家族と共に集まる。

ハングオーバー
>>続きを読む

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア(2014年製作の映画)

3.0

遂に映画クルーがヴァンパイの住処に潜入。
今まで明らかにされていなかったヴァンパイアの全てが明らかにされる!

POV方式のニュージーランド製コメディ。

良く出来てはいるんだけど『絵』がなんか汚いん
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.4

韓国映画『殺人の告白』のリメイク。

『殺人の告白』は土砂降りの雨の中、犯人と刑事との因縁の序章をダークに歌い上げるものの途中からコント仕立てのカーチェイスやあきれた毒蛇暗殺計画などのエピソードが挟ま
>>続きを読む

ビッグ・アイズ(2014年製作の映画)

3.4

ウォルター(クリストフ・ヴァルツ)が妻マーガレット(エイミー・アダムス)の絵を自分が描いたと嘘をついたのは画家になりたかったウォルターのコンプレックス。

妻が絵を描き、ウォルターが絵を売る。お互いの
>>続きを読む

>|