さくたろうさんの映画レビュー・感想・評価

さくたろう

さくたろう

映画(314)
ドラマ(1)

叫びとささやき(1972年製作の映画)

4.4

Amazonプライム・ビデオにて鑑賞。
アリ・アスター 監督が『ミッドサマー』を撮る前にスタッフに見せていたという話を聞き、気になったので復習がてらに観てみました。
絵画的で、狂気を感じるレベルで美し
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.1

待ちに待ったアリ・アスター監督の最新作。
事前にインタビューを読んだりしていたので分かってはいたが、確かにコレはホラー映画というよりも“浄化”の映画だったなという印象。なので後味は結構清々しい。
映像
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2011年製作の映画)

3.6

Amazonプライムにて鑑賞。
アジア映画は血生臭いものばかり観ていたので、こんなど直球の青春モノは逆に目新しく感じた。
デートシーンや地震の後の電話のシーンがめちゃくちゃ良い。タイトルにもなってる『
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.2

これはまた凄い映画ですね…。
IMAXで観て大正解でした。

売り文句となっているワンカット編集も勿論凄いけど、それがただの撮影法に収まらず、ちゃんと物語として意味を持っていたり、そもそもどのショット
>>続きを読む

銀河鉄道999(1979年製作の映画)

4.0

Amazonプライムにて鑑賞。
壮大なスケールの世界観や果てしない規模の旅を通して描かれるのが、あくまで主人公鉄郎の青春だという尺度が美しい。

ゴダイゴの名曲が真の意味で理解できるラストの数分、めち
>>続きを読む

欲望の翼(1990年製作の映画)

4.3

みなみ会館にて鑑賞。
『恋する惑星』等のウォン・カーウァイ監督作品が好みだったので、絶対見ておきたかった一本です。

この映画に出てくる登場人物達は皆んな誰かに夢を見て、そして永遠にすれ違い続けていく
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.8

かなり期待値を上げた状態で鑑賞。
あの数の登場人物を捌きながら物語を二転三転とさせ、しかもちゃんとメッセージも込められてる脚本は素直に凄い。その上コミカルで見やすいですしね。
しかし、だからといってテ
>>続きを読む

花とアリス殺人事件(2015年製作の映画)

4.3

Amazonプライムにて鑑賞。
独特のタッチのアニメーションに最初ビックリしたものの、慣れたら「めちゃくちゃ格好良いなコレ…」ってなった。水彩タッチの背景美術も素晴らしい。終電逃してからの絵とか、全部
>>続きを読む

ラストレター(2020年製作の映画)

4.3

何気に初めて見る岩井俊二作品。
結構賛否が割れてるっぽいけど、僕にはめちゃくちゃ刺さりました。

研ぎ澄まされたように美麗な映像と音楽で見せる、初恋に囚われた男の現実の残酷さと追憶の美しさに涙が溢れま
>>続きを読む

劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明(2020年製作の映画)

4.0

TVアニメ版を一気見した後鑑賞。
どんな地獄が観られるかワクワクしながら観に行ったけど、いざ観終わってみるとボンドルドは何だかんだで憎めない奴だなぁ…。という奇妙な感覚になった。
やってる事はエゲツな
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.9

Amazonプライムにて鑑賞。
あまり何も考えずに楽しめて良かったです。よくある復讐モノって感じはするけど、もう大体想像し得る展開部分は早めに済ませて、アクションシーンに時間を割いたのが良かったです。
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.3

とても良い映画でした。
ただ戦争はダメだという考えを押し付けるだけの映画ではなく、一度ゼロに返って少年と共に考える物語。今この映画をやることには何か大きな意味を感じざるを得ない。

少年目線で描かれる
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

面白………ッッッ!!!
扱ってるテーマやメッセージ自体は面白いなんて言葉でまとめて良いものではない気がするし、作品から滲み出る怒りや叫びは凄まじいのだけれど、1つの映画として本当に面白かった…。

>>続きを読む

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

4.0

みなみ会館にて鑑賞。
くるりが好きなので、ずっと前から観たかった作品。

正直、観終わった時はまぁまぁだなって感じでしたが、ジョゼが人魚のようだという話を聞いて何か自分の中で腑に落ち、良い映画だなと感
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.2

京都シネマにて鑑賞。

例え離婚することになっても、そこには確かに愛や共に過ごした時間があり、簡単に割り切れるわけもない。それが伝わってくるからこそ切ないし苦しかったですね。しかし、それでも、人を愛す
>>続きを読む

殺さない彼と死なない彼女(2019年製作の映画)

4.4

出町座にて鑑賞。
かなり出来が良いという噂は以前から聞いていたので全然侮っていたわけではないけれど、それでもしてやられました。大満足です。

台詞、キャラ造形等はとてもデフォルメされた芝居的なものだけ
>>続きを読む

回路(2000年製作の映画)

4.2

Amazonプライムにて鑑賞。
かなり好きな映画でした。

以前から怖い怖いとは聞いてはいたけど、本当にめちゃくちゃ恐くてビックリしました。やはり黒沢清、映像が怖すぎる。構図や光と影、カーテンを筆頭に
>>続きを読む

黒い家(1999年製作の映画)

3.6

Amazonプライムにて鑑賞。
わりと序盤の首吊ってる子供にモザイクがかかってたのが何故か異様に怖かったです。監視カメラ(?)視点の映像やノイズ音などの演出も中々怖くて面白い。
怖いシーンだけじゃなく
>>続きを読む

青い春(2001年製作の映画)

4.0

Amazonプライムにて鑑賞。
松本大洋の原作の人々の人生を少し離れた所から眺めているようなあの雰囲気が上手く表現されてて良かったです。どれだけ劇的な事が起こっていても、少し離れた場所ではそれぞれの人
>>続きを読む

わたしは光をにぎっている(2019年製作の映画)

4.1

京都シネマにて鑑賞。
じんわりとくる良い作品だった。
全体的に台詞は極力少なく大切にされていて、映像や空白で多くを語るまるで詩のような映画だったように感じる。日々の中に差し込む光の暖かさや霧深い海の静
>>続きを読む

プリズナーズ(2013年製作の映画)

4.1

Amazonプライムにて鑑賞。
流石ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。重厚さや緊張感が半端じゃない。
サスペンスものではあるけれど、単純な犯人探しではなく自身の考えや宗教観に囚われる人々『プリズナーズ』を描い
>>続きを読む

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

4.0

Amazonプライムにて鑑賞。
題材に使われてる日本アニメは知らなかったけど、とても楽しめました。
絵面は地味だし、戦闘も泥臭いけど着実で王道な英雄誕生譚。僕はかなり好きです。何もない空虚な男に静かに
>>続きを読む

CLIMAX クライマックス(2018年製作の映画)

4.1

初ギャスパー・ノエ作品。
みなみ会館にて鑑賞。
途中から“酔っ払って一番最悪な時“の感じの映像が無限に流れて、本当に最悪で早く終わって欲しかったけど、観終わって暫く経つとまた観てみたくなる不思議な作品
>>続きを読む

怪怪怪怪物!(2017年製作の映画)

3.9

Amazonプライムにて鑑賞。
Twitterで若干話題になってて気になったので観ました。

最初のイジメ描写等で胸糞悪い感じかぁと思ってたけど、その後展開が二転三転して面白かったです。胸糞悪さ自体は
>>続きを読む

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.8

Amazonプライムにて鑑賞。
ホイテ・ヴァン・ホイテマ撮影監督の撮る映像が好きなので、全編にわたって楽しめた。柔らかい色彩や街の景観が美しい。主人公の思い返す過去の映像も光輝いていて、ジンワリと胸が
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.3

待ちに待った映画。
感想から先に言うと、最高でした。
しかし、なんだか難しい。

内容が難しいのではなく、観終わった後の感情を言語化するのが難しかったです。
というのも、この映画は観る側の置かれている
>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

4.7

最高〜〜!!
映画館ではたまに観終わった後に暫く放心してしまうような凄い作品に出会いますが、この映画もまさしくそれでした。
「それってどうなの?」とか理屈的な目線で観ている自分が中盤あたりでぶっ飛ばさ
>>続きを読む

美少女戦士セーラームーンR(1993年製作の映画)

4.0

Amazonプライム・ビデオにて鑑賞。
幾原邦彦監督作品だし観とくかくらいの気持ちで見始めたけど、めちゃくちゃ面白かった。

正直まったくセーラームーン知らないし、どんな登場人物がいるのかも知らなかっ
>>続きを読む

ペパーミント・キャンディー(1999年製作の映画)

4.5

みなみ会館にて鑑賞。
感動したとか、そんな一言でまとめれない何とも言えない感情の残る映画だった。なぜなら目の前に横たわってるのは彼の人生そのものだから、簡単に言い表わせるわけもない。

彼のような人生
>>続きを読む

オアシス(2002年製作の映画)

4.5

みなみ会館にて鑑賞。
これはまた凄い映画を観た。

観終わって一番にタイトルのことを考えた。広大な乾いた砂漠のような世界の中で出会ったオアシス。まさにその様な二人だったと感じる。

二人の世界は涙が出
>>続きを読む

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

4.2

以前から気になってた作品。
リニューアルしたみなみ会館にて鑑賞。
原作未読なので比較して色々考えたりは出来ないけれど、映画単体で見てもとても良かった。

この映画に出てくる人達がみんなどこか空虚で乾い
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

最高に面白かったです。
LAの街並みも、会話も音楽もどれも楽しくて、上映時間も全然長く感じませんでした。

この映画、とにかく全体的に多幸感があって特にラストの展開は監督の愛であり、優しさなんだなぁっ
>>続きを読む

暁に祈れ(2017年製作の映画)

3.9

気になっていた映画。
タイの刑務所という言葉もルールも分からない所にぶち込まれる怖さ、スポ根的な感じで主人公の自身と向き合っていく後半の展開。結構色々な一面を観れる映画で良かった。
この映画、なんせ囚
>>続きを読む

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

3.7

Amazonプライム・ビデオにて鑑賞。
ホラーというよりもミステリーみたいな印象を受けた。でもよく考えたらホラーにありがちな話を全部煮詰めましたみたいな部分もある気もする。

概ね話も面白かったし、普
>>続きを読む

>|