nobiさんの映画レビュー・感想・評価

nobi

nobi

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

1.0

ひたすらスクリーンの上右隅を見たり白目向いたりしてた それってつまりアレ

デザート・フラワー(2009年製作の映画)

4.1

慣習って、カビキラーでも死なないカビのようだ
マリリンがとびきりキュートで嬉しい。

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.5

温かそうなとっくりのセーター。
温かそうな紅茶。
温かいは平和。

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.9

淡々と進む感じも、主人公の主人公らしさも、成り上がってく感じも最高。
この映画に嫌悪感を抱く人は、心の清い人

ジェイク・ギレンホールは 目じゃなく口が良いんですよ、超好き👄

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.2

前半のあの疾走感。
イエーーイ!とテンションあがったんだけど、話が進むうちに脚本、設定、人物像の粗が目立ち、んんんー??と入り込めず。

いや、エドガーライトはそんな脚本だからこそいいんじゃないか?
>>続きを読む

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

3.0

何回見ても忘れちゃうんだよなー
色んなことが盛りだくさん過ぎてどれもなんか中途半端なかんじがする。

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

3.9

ノスタルジーでセンチメンタル!
なづなはきっとマボロシ。
初恋のようなものもサイダーみたいにはじけて溶けて消えて、ただドキドキだけ残って、夢か現実かわからなくなる。
こんな記憶誰でもきっと持ってて、確
>>続きを読む

ホステル(2005年製作の映画)

2.7

後味すっきり、ハッピーエンド系スプラッター。

テルマ&ルイーズ(1991年製作の映画)

3.6

だんだんワイルドになってくテルマ!
最後の化粧もしないで、ボロボロのTシャツにジーンズが良かった👖
グランドキャニオン 音楽 ダサいダンス はなまる

アメリカン・ヒストリーX(1998年製作の映画)

4.0

肌の色でなく その人を見れたらいいのに
小さな差別はいつだってどこだって私にだってある

愛すべき馬鹿で純粋で弟が大好きな男の話だった。

ハッスル&フロウ(2005年製作の映画)

3.9

また知らない世界を見た

時々まぬけで、リアルで笑える。
ノラが扇風機を止めるシーン、スキニーに会う直前のD、ガリガリのシェルビーが熱く語るのを側で見るノラのシーンが好きだな。

プリズナーズ(2013年製作の映画)

4.2

犯人探しに重きを置きすぎてなくて、でも芯が通ってて、最初から最後まで文句なし、傑作。重厚。
キリスト教のメッセージや、正義と悪をどうあるべきかどう見せたいかが明確で、2時間半飲み込まれてしまった。みん
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.2

この悩みは 宇宙からみたらちっぽけなんだなー という考えは間違ってて、家族とか子供とか愛とか恋とかそんなんがもしかしたら宇宙なのかなぁって思ったけどやっぱ違うかも むずかしい。

とても良い時間だった
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.8

誰かを好きになるなんて 簡単なようで難しいこと。
どんな事で好きになるかなんて 難しいようで簡単なこと。
あっち側から作ったら、爽快などんでん返し映画なのだろーか。

ムーン・ウォーカーズ(2015年製作の映画)

3.5

深く考えずに、その場しのぎのジョニー達を楽しも。
キューブリック的な視覚とマシューボーン廉価版みたいな笑える銃撃戦といかれた個性的なキャラが見どころ
ぐだぐだ感も、飲みながら見たらちょうど良い!

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

4.0

はじまりと、途中と、最後でこんなに印象が変わるとは。
そして今でもわからないことばかりで、本当のような事がネットで解説されていて、でもそれってほんとにほんと?
湿気った空気と登場人物と韓国の文化が、と
>>続きを読む

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

3.8

話自体はありきたりで どうってことないが、真面目なサイモンペッグ!ベロベロに酔ってないサイモンペッグ!が堪能できる
大満足
少々 おしゃれやろ どやぁ って演出が前に出ちゃってる感否めないけど、や
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.5

20年経ってもあの 🚃 から抜け出せない

なんでこんなに好きなのかわかんない!
理屈じゃないときもある

ガラガラのピカデリーでポップコーンを食べながら最高な時間だった。

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.4

T2鑑賞前に久々見直し

クスリ ダメ ゼッタイ
なんてそんな事どーだっていい!
これがリアルかどうかもどーだっていい。

突き抜けたクズ感最高。
こんなにクズ クズ言われる映画
そうそうないだろ、は
>>続きを読む

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

1.3

サマーウォーズの時も思ったけど、この監督マザコンなの?
母親とか女性に対してこうあるべきという理想が強すぎて

ああいう苦労した女性に萌える監督の悪趣味な映画って感じ。

キング・コング(2005年製作の映画)

3.0

暇つぶしにHuluで見たらめちゃ長い
見終わらない!電車と休憩時間も使って見たよ🦍
終始ジャックブラックに笑わされた
全部良いとこ持ってっちゃうよね。

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

3.3

ロボトミー手術がまだあった1954年
どんよりとグレーが広がる画面
海の真ん中に孤立した島
険しい顔のレオナルドディカプリオ

スコセッシらしい。
長さも笑

不気味です☁︎

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.1

前半のがっかり感。
ミュージカルシーンが少なく見どころがない、残る曲も少なくなんとも退屈。100%乗り切れない設定。オマージュなのはわかるが名シーンが生まれず、ピークはオープニング。

からの一転、後
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

4.3

異常なハングリー精神と執念で狂気じみてる。さいごのさいごに、少しの希望と良心と引き換えにあっちサイドに行ってしまった、もう戻れないよ

彼女と彼女の猫 -Everything Flows-(2016年製作の映画)

1.0

寒すぎて震えた
独りよがりの自慰アニメ。
厨二病もいいとこだ。

秋刀魚の味(1962年製作の映画)

4.5

父と娘、男と女、家族、孤独。
限りなく無駄を削ぎ落として、すべての原点がそこにあった。
まるで箱庭をみてるような、ミニマルな小津の世界はいつも忘れてた事を思い出させてくれる🐟

告白(2010年製作の映画)

3.0

酒鬼薔薇聖斗はこのなかにいますか?
どんな闇をかかえていたのですか?
湊かなえが想像できるようなことですか?
中島哲也には映像化できないですか。

母親の愛は偉大で、強くて、おそろしい。
そして、人
>>続きを読む

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

3.7

あんまり細かい設定は気にせず感じろ!系SFアクション
洋画見たー!って感じ🇺🇸
原作読んでみよっかな

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.2

人生って起承転結なんてもんだいたい無いし、くだらない話の繰り返しってだけなのになんでこんなにカッコイイのか
ウェイターがブシェミだったり、トラボルタのツイストが可愛かったり(優勝してないし)、ボスの首
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

ものすごくやわらかくて、あたたかい映画で、見終わった後ただただぼーっとしてしまった。
簡単にレビューが書けなくって、困っている。

原作読了
好きすぎる

ルーム(2015年製作の映画)

4.0

2人っきりの部屋から、それぞれの世界が広がってく様子が、すんごい。ジャックとママは親子だけれど別の人間。
何も知らなければそれはそれなりに幸せで、だけれど、知ってしまったらもう元には戻れない。

インデペンデンス・デイ:リサージェンス(2016年製作の映画)

2.0

重力で吸い上げてババーン!とか眠りから覚めたじぃちゃん!とか女王デッカーーー!っていうのはちょっと面白かったけど、あとはちーん😑
このあとこうなりそう、とかこの人は生き残りそうとか読めちゃったしセリフ
>>続きを読む