kasumiさんの映画レビュー・感想・評価

kasumi

kasumi

映画(302)
ドラマ(0)

博士の愛した数式(2005年製作の映画)

-

美しく優しい雰囲気の映画で、原作の雰囲気を壊さず

アクロス・ザ・ユニバース(2007年製作の映画)

-

The Beatlesの楽曲と一緒にキャンパスを彩っていくような映画、他に似たような映画はないように思う、私はすごく好きだった

ラスベガスをぶっつぶせ(2008年製作の映画)

-

Jim sturgessのファンになったきっかけ、ノンフィクションという要素がこの映画をより良くさせている

マイケル・ジャクソン THIS IS IT(2009年製作の映画)

-

この映画公開後、彼のイメージから様々なnegative要素がなくなっていった気がする

ワタシが私を見つけるまで(2016年製作の映画)

-

失恋してから数週間後の友達に勧めたい映画、原題の方が好き

ママレード・ボーイ(2018年製作の映画)

-

原作を踏まえて観てもなかなかのシチュエーション笑笑

フィルス(2013年製作の映画)

-

james mcavoy観賞用にしてもクズすぎて、あれ以外のラストはないのでは?

ブリングリング(2013年製作の映画)

-

監督はEmmaのキャラ変を手伝ったつもりなのかもしれないが…

キック・アス ジャスティス・フォーエバー(2013年製作の映画)

-

グロいのが無理なのになぜか観たくなるのが彼の作品、けどやっぱり2でも1と同じ温度感で作品を世に出すのは無理か…

天使が消えた街(2014年製作の映画)

-

似たような作品が多く、ほとんど記憶に残らない一本に…

さよなら、人類(2014年製作の映画)

-

実験的な映画、私はすごくはまったが、は?ってなる人も多そうだ

人生スイッチ(2014年製作の映画)

-

後半どんどん狂っていくが、なぜかどれも共感してしまう謎の迷作、多分好き嫌いはぱっくり分かれる

ブルックリンの恋人たち(2014年製作の映画)

-

週末にぼーっと、何も求めずに観るくらいが丁度いい映画

ジャッジ 裁かれる判事(2014年製作の映画)

-

法廷もの、というよりはどちらかというとミステリー、サスペンス、もしくは親子のドキュメンタリーに近い

アリスのままで(2014年製作の映画)

-

演技力に圧倒された、言葉という人間の発明品についてよく考えるきっかけに

寄生獣(2014年製作の映画)

-

原作再現率高め、ご飯前に食べる映画ではない

ハイ・ライズ(2015年製作の映画)

-

ありそうでなさそうで絶対ない、後半はchaosすぎて置いてけぼりになった

>|