橤さんの映画レビュー・感想・評価

橤

映画(202)
ドラマ(17)
アニメ(0)

エルヴィス(2022年製作の映画)

3.8

恥ずかしながらドーナツ中毒で亡くなったキング・ロックという印象が強かったんですが、やっぱり薬物はそうですが、"愛情中毒"という精神不安があったことは初めて知りました。また、クイーンの某伝記映画でもその>>続きを読む

デッドマン(1995年製作の映画)

3.9

なんとも余韻に浸れる映画だった。
「待っているのは墓場だ」という不吉な旅の始まり。いくつもの墓場に遭遇し、エンディングは果たして謎。墓場だったのか、ノーバディーの言うべく、人間の魂が生まれた場所へ戻っ
>>続きを読む

フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊(2021年製作の映画)

3.9

これだけ濃い4つのストーリーを100分程度で簡潔に纏められているのが凄い。色々と実験的だし、これぞ映画でしょ。サントラの選曲も全て美しい。#2の学生運動、なんか聴いた事ある…「男性・女性」に似てるなぁ>>続きを読む

天才マックスの世界(1998年製作の映画)

3.7

ビル・マーレイファンにはツボな映画だな。中学生の親友がいて、その親友の、、
マックスでも恋愛をすれば、自分の行動も変わり、好みも変わり、性格も変わり、制御出来なくなることを一つ覚えたな。映画監督の才能
>>続きを読む

アナザーラウンド(2020年製作の映画)

3.8

初めてデンマーク映画を観た。
そういえば呑んだくれの国だ、キルケゴールはデンマーク人だったか。
全員教師で、とんでもない実験、成功だったのか、失敗だったのか、論文の詳細な内容を読んでみたかった。 それ
>>続きを読む

ダージリン急行(2007年製作の映画)

4.0

ウェスアンダーソン初期だからか、抑えめの演出ではあるよな。でもインドに憧れのある者からすれば、充分にインド感を楽しんだ。
咳止めシロップでハイになりたいジャックは、極めてインド顔だなw
ビル・マーレイ
>>続きを読む

天才たちの頭の中~世界を面白くする107のヒント~(2019年製作の映画)

4.0

よく出来た取材記録だ、ダライ・ラマ。ホーキングが"希望"(創造性の)について話しているのには感動した。
様々な芸術家達が、創造性は神から授かった才能である、子供の頃からの創造性をいかに維持するか、創造
>>続きを読む

ザ・ビートルズ&インディア/ビートルズとインド(2021年製作の映画)

4.2

これは始まりからエンディングまで、正にジョージが主役の映画だった。

「彼らの音楽は簡単に覚えられるほど、シンプルに感じる、しかしいざ自分で歌ってみようとすると、その複雑さに気づく」というインド人の言
>>続きを読む

ゴンドラ(1987年製作の映画)

1.0

ここまで不服の映画は初めて。
文鳥2匹は本当に生きている文鳥?現実?
なぜ文鳥を狭いケージに2匹入れるの??喧嘩するのは当たり前でしょ……喧嘩してるのに全く気にもとめてないようで、ちょっとちょっと!っ
>>続きを読む

バグダッド・カフェ<ニュー・ディレクターズ・カット版>(1987年製作の映画)

4.0

よく出来た映画だなぁ
最初はカットが「斜め撮り」だったから、ポップな映画かな、と思ってた。ジャスミン(仮)が、初めて部屋に来て空の絵画を眺めてるシーンでは、サイケデリックな映画かも知れない…と思った。
>>続きを読む

ペーパー・ムーン(1973年製作の映画)

3.7

かしこい子役と、詐欺師だけど良心はある男、ありがちな脚本だけど。感動してまう

ロスト・イン・トランスレーション(2003年製作の映画)

4.0

いい…!映画映画してなくて、ドキュメンタリー調でいいですね。確かに日本は変わっていて変テコで奇天烈で、住みにくい国代表です。
エンディングが「風をあつめて」!!!

コーヒー&シガレッツ(2003年製作の映画)

4.5

実に面白かった。所々クスクス笑ってしまう。
ジャームッシュ1、2を争うシネマだった。
やっぱり、ロベルト・ベニーニで始まる感じ、がとても良いね。「ナイト・オン・ザ・プラネット」よりも、コーヒー&シガレ
>>続きを読む

男性・女性(1966年製作の映画)

4.0

ゴダールの中でも、かなり政治思想映画。何故戦争や政治的問題に目を背け、目の前にある恋愛や欲望にしか興味を向けないんだ?という問い。 バッハが好きなポール、凄くいい奴だと思うのに。

フード・インク(2008年製作の映画)

4.1

養豚家、養鶏家、養牛家がタブーとしてきた事実を暴露しているドキュメンタリー。アメリカ(肉産業大国)で、それをやってしまうとは…
私は元々小さい頃から食肉文化に疑問を持っており、また最近で言うと日本の酪
>>続きを読む

ハリー・ポッター20周年記念:リターン・トゥ・ホグワーツ(2022年製作の映画)

4.2

3人が、現実の人物とそこまでキャラクターが重なっていたという事実は知らなかった。
確かにエマは、ハーマイオニーみたいな。賢い視点で語り、場を盛り上げ、2人を引っ張っている存在と見受けられたし、ルパート
>>続きを読む

ヴァージン・スーサイズ(1999年製作の映画)

3.8

オサリバンのalone againの選曲は素敵な男の子たちだと確信した、最初の印象からやっぱりトリップはムリ。

コヤニスカッツィ(1982年製作の映画)

5.0

スローに体験して行くアメリカの歴史。台詞を排除した、物語は鑑賞への集中力を底上げしてくれる。この映画に救われてきた。この映画は究極だ。
爆発から始まる映画は私の中で、必ず面白いジンクスある。

彼女について私が知っている二、三の事柄(1966年製作の映画)

4.1

・過去の語彙の豊かさは失われるわ…
都市が果たしていた"創造的役割"は終わって 情報媒体がそれに代わる

ゴダールは常に社会問題の度直球を題材にして、格言を言い当てる。哲学的に、心理的に、本人の言う様
>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

4.0

ホラー映画だとは思いませんでした…
やっぱりキューブリックだから前半と後半で全く別の映画みたいです。
なんと言っても、この映画の良さは音楽。臨場感増す効果音のセンスの良さに有ります。それがホラー感を際
>>続きを読む

メイド・イン・USA(1967年製作の映画)

4.3

最初に思うのは、あっゴダールの映画だってやっぱり思った。フランスカラーでUSA…パリに拘ってるとずっと感じてたゴダールがUSAって、どんな感じになんだって思った。なるほど女や恋愛についてで無く、ファシ>>続きを読む

アルタード・ステーツ/未知への挑戦(1979年製作の映画)

4.9

映画観てこんなに恐怖を感じたのは初めて…これを正にSF超大作って言うんじゃ…
「君らは会う度おかしくなっていく」
この台詞最高。
幻覚映像が兎に角凄まじくて、体験してるかのような、、ドキドキ止まらんか
>>続きを読む

マーラー(1974年製作の映画)

4.3

tommyに引き続き、ケンラッセルとロバートパウエルのコンビは惹きつけるものが強かった。
本作は中嶋らものドラッグ小説がきっかけですが、言ってた通り「いきなり水辺の小屋が燃えるやつ」だったから、おぉ〜
>>続きを読む

アイズ ワイド シャット(1999年製作の映画)

4.1

ジャンキー乱行パーティー
「彼女はただのジャンキーだったんだ!
すべてフェイクさ!」
やっぱりキューブリックと言えばベートーヴェン。

リリーフランキーのラジオで、「年明けと共に隣のカップル達と始まる
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.6

現代日本の貧困問題について、衛生環境云々もとは犯罪に手を染めないと生きていけない。それでも彼らは家族の絆を求めあたかも自分らは間違っていないと信じている、、けど何が正解なのか、、すごくリアルで汚い演出>>続きを読む

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

4.1

終盤に進むにつれどんどん面白くなっていく映画。好きなサイケ映画に加わりました!ピンクフロイドは最高

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ(2013年製作の映画)

4.4

2013でこんなに良作だったなんて…、、
素晴らしい設定。吸血鬼の長寿は賢く時代に適応した生き方の下。
だが、時代を長く生きてきた者の哀しみとして、人間の死であったり理不尽な体験に悩まされていた。
>>続きを読む

女と男のいる舗道(1962年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

思考の人生…すごい
日常的な無意識の人生を抹殺することだ…
確かに、思考を言葉で正確に具現化することが出来るのならば、全うな人生だ
言葉を見つけるべき、嘘と誤りは大差の無いことか…。

ナナの生き方そ
>>続きを読む

映画:フィッシュマンズ(2021年製作の映画)

4.5

佐藤伸治がどういう人物かがいっそう知れて、フィッシュマンズがかなり苦労してきたバンドだったことが知れましたのでよかったです。でも映画館行くまではなんか観るのが怖くて、凄く悩みました。結果良かったですけ>>続きを読む

カルメンという名の女(1983年製作の映画)

4.0

ゴダールは名言ばかり生み出す
観入るのもいいし作業しながら垂れ流し観れる

パフォーマンス(1970年製作の映画)

3.4

期待してたけど、期待してたサイケテイストとは違った…

さらば青春の光(1979年製作の映画)

3.7

若い… あーこういう人達いたいたって登場人物とこういうこと有りがちってシチュエーションだらけで、青春映画あるある…
モッズの方がロッカーよりタチ悪いよね

>|