マンネンさんの映画レビュー・感想・評価

マンネン

マンネン

映画(64)
ドラマ(1)
  • 64Marks
  • 15Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

丹下左膳餘話 百萬兩の壺(1935年製作の映画)

4.2

一般的な評価通り名作だと思う。
殺陣が少ないので落語の人情噺感が強い。
殺陣もっと見たかったなぁ。

友罪(2017年製作の映画)

3.7

世の中にはこういう境遇の人も少なからず居るんだろうなぁ…

KT(2002年製作の映画)

2.0

見たけど、、
も少し各立場の背景を説明してほしい。
事前学習が必要。

暗号名 黒猫を追え!(1987年製作の映画)

3.5

国防なんてスパイ組織にかかったら簡単に破られちゃうという事を痛感。
主役の柴俊夫、いい役者だったんだね。
お蔵入りになってるのが残念な作品。

わるいやつら(1980年製作の映画)

3.5

犯人が大胆な割には浅はか。
このアンバランスさが面白いところ。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

2.5

ニクソン大統領時代のベトナム戦争に関するトップシークレットをワシントンポストが入手して記事にした実話もの。その後のウォーターゲート事件に繋がる。キーパーソンの人間性の描写が荒い気がするが、アメリカ人が>>続きを読む

噂の二人(1961年製作の映画)

4.0

ストーリーは実話に基づいているということだが、かなり無理があって辛い。作りこみが甘い。
それでもヘップバーンとマクレーンの美しさと演技力は十分一見の価値あり。

ドリアン・グレイの肖像(1945年製作の映画)

2.5

「7年目の浮気」で何度も名前が登場するドリアングレイってどんな話なのか興味があったので、見てみた。
怪奇映画としては物足りないが、見ておいてよかったかな。

泥棒貴族(1966年製作の映画)

4.5

とにかくシャーリーマクレーンが美人。ストーリーを追うよりも彼女を応援してしまう。

成吉斯汗の仮面(1932年製作の映画)

3.0

戦前の怪奇ものが見たくなって選んだ。人質を捕まえて手術台のようなものに縛り付ける拷問シーンは昔の仮面ライダーを思い起こさせる。
このころの映画は終わり方が本当に唐突。余韻を楽しませるという考え方は無い
>>続きを読む

モルグ街の殺人(1932年製作の映画)

3.0

1932年の作品だ。シャーロックホームズの「這う男」もそうだが、当時は猿の血を人間に注射すると人間が猿化するという話がある程度真実味を持っていた時代なんだろう。科学的な情報が浸透していなかった時代背景>>続きを読む

救命艇(1944年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

究極の船上の臨場感の伝わり方は良かったのだが、最後の突然の終わり方は何だろうか?フィルムが途中で切れてしまったのだろうかと思わせるエンディング。

>|