MudbloodPrinceさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

MudbloodPrince

MudbloodPrince

映画(580)
ドラマ(46)

I LOVE YOU(2013年製作の映画)

3.7

やっぱり2作目、3作目が映画だった。普通に見えても、そこにはいろいろある。

3作目に流れるピアノの歌がなんていう名前なのか知りたい。

フィッシャー・キング(1991年製作の映画)

3.9

Omnia vincit Amor.

ヘレンケラーは引退したんだよ。

リアルだけなのが映画じゃない。

暗殺の森(1970年製作の映画)

3.3

いや、全然分かんねえよ。とってもイタリア映画って感じだけどさ

ドキ死(2018年製作の映画)

3.7

これぐらいの短さがちょうどいい。歌がうまくて面白い。

チャイナタウン(1974年製作の映画)

3.6

一回だけじゃ凄さが分かんない。

いつかもう一回観よう。

Plastic Love Story プラスチック・ラブ・ストーリー(2013年製作の映画)

3.8

誰かを救えるほど、みんな幸せじゃないんだよ。

演技とか台詞うんぬんよりも、映像が音に乗ってて最近の作品よりもこの頃の中川龍太郎の空気感が好き

男と女(1966年製作の映画)

3.7

狂おしいほどの愛に 今こそ生きる

ダーラーラー ダバダバダ ダバダバダ

これが、芸術よりも愛ある人生を選ぶ国、フランスの映画。

真昼の暗黒(1956年製作の映画)

3.5

スーパーマン犯罪集団は笑えた。

が、現代と比べるからなのだろうが、判決にしても複数犯説にしてももう少し脚色がないと?だった。

黒い画集 あるサラリーマンの証言(1960年製作の映画)

3.4

このポンコツ課長に対する同情の念は毛頭ないし、杉山さんの方の真犯人はどこいったんでしょうか。

人情紙風船(1937年製作の映画)

3.7

結末が、渋い、渋すぎる。。。

でも、脚本がいいから面白い。

静かな雨(2020年製作の映画)

3.5

僕、鯛焼き好きじゃない。鯛焼きなんて見るのもイヤだよ。この前も言ったじゃん。

楽しみにしてた映画が、鯛焼きガールが不意打ちキッスだなんて。以前までの空気感を感じ取れないのはどうして。

ミツバチのささやき(1973年製作の映画)

3.4

これが、不滅の映画、、、

いかに説明的な物語に毒されてるのかだけは理解できた。

レッド・ドラゴン(2002年製作の映画)

3.9

ホラーサスペンスで、このシリーズに勝るものはこれまでもこれからもそう多くはないだろう。

この規模感とアブノーマルさが、アメリカのエンターテインメント。

MIFUNE:THE LAST SAMURAI(2015年製作の映画)

3.6

三船敏郎、彼の存在はやっぱり唯一無二で、モノクロにこそ、その凄みが映える。

黒澤映画をもう一回観なおそう。

愛の新世界(1994年製作の映画)

3.5

この作品を産んだのは、時代か、男と女か、それとも、今を全うするたくましさか。

なぜか飽きなかった。

ハート・オブ・ウーマン(2000年製作の映画)

3.5

You’re dazzling me.

どう考えても最後まとまってないけど、ルックスの力で乗り切るのがアメリカのラブコメ。

カランコエの花(2016年製作の映画)

3.8

悪意のない透き通った個々の粗雑さが、胸を切り裂いて、気付いたのは自分の弱さだった。

垂乳女 Tarachime(2006年製作の映画)

3.6

映画は幸せじゃない人のためにあるっていうのを、こういう映画見ると何故か思う。

(2017年製作の映画)

4.1

映画としてこれは、すごい。

固唾をのんだ。映像を満たす光の膨らみに、世界が生きていた。

光と血(2017年製作の映画)

4.2

やっぱりこれだから、映画はすげえ。

久しぶりに釘付けになった。

それでも、生きていく。思い出しました。

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.6

Damn straight. 出だしがたまらなくいい。


あんまりピンと来なかったけど。

undo(1994年製作の映画)

3.7

なんか、ドクドクした。すげえな空気感。

素晴らしき日曜日(1947年製作の映画)

3.3

嗚呼、暗然たるランデブー。荒涼の時代を覆うジメジメとした雨を、今のアベックは理解できるでしょうか。

泣いた顔が、一番美しい。

東京上空いらっしゃいませ(1990年製作の映画)

3.5

ほとばしる80年代。

色々?だけど、牧瀬里穂がバラをちぎったのは、映画だった。

情婦(1957年製作の映画)

3.7

全てはラスト10分のために。

What a remarkable woman.

四月物語(1998年製作の映画)

3.5

90年代って、なんか近そうでやっぱり遠い。

あんな車道のど真ん中を走って許されるのは、世界で松たか子しかいない。