seiji

seiji

洋画・邦画・ジャンル等、こだわりなく
気になった映画を観ています。
2015.11.08〜

捨てがたき人々(2012年製作の映画)

3.1

”生きるとは…” がテーマなんだろうけど、内容が薄っぺらい。
過去に何があったのかは知らないけど、主人公のおっさんが幼稚で全然共感できなかった。
ただ大森南朋の演技と美輪さんのスタイルは素晴らしかった
>>続きを読む

ヤングガン(1988年製作の映画)

4.3

おもしろかったー。
実在した伝説のアウトロー”ビリー・ザ・キッド”を題材とした豪華キャストの青春西部劇。
ラスト 100人対5人、敵に囲まれ絶体絶命のキッド達だったが……。
いゃ〜かっこいい、かっこよ
>>続きを読む

男たちの挽歌(1986年製作の映画)

3.3

約30年前、日本がバブル全盛だったころの香港極道映画。
服装もストーリーも演技もダサかっこいい。シリアスな内容なのにどこかコミカル。でもラストはちょっとウルウル。

復讐の絆 Revenge: A Love Story(2010年製作の映画)

3.3

憎しみ、復讐の連鎖。
グロいシーン多めで、えげつない内容。ちょっとVシネマっぽい。
妊婦さんは観ないほうがいいかも。

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

3.9

素晴らしきB級(風)変態カーアクションムービー。
映像、車、音楽、そしてカートラッセルとおネーチャン達、みんないい味出してた。映画館で観たかったな〜。
でもガールズトークはもうちょい短めでお願いします
>>続きを読む

ケンとカズ(2015年製作の映画)

3.4

とにかく地味。派手なアクションや演出もなければ濡れ場も無い。それに、なんとなく予想がついてしまうストーリー。でもだからこその、このリアル感。まるで鋭利な刃物のような映画。
ケンとカズ。
うん、まさにケ
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.1

難しかったけど、上質の映画体験ができた。SFというより1人の女性の愛と勇気の物語って感じ。
その道の先に断崖絶壁があるとわかっていたら、自分はあえて進む勇気ないかも……。
情けね〜 笑 。

淵に立つ(2016年製作の映画)

3.9

八坂(浅野忠信)の静かな狂気、最高にゾクゾクした。
終始嫌な雰囲気が漂う後味の悪い不快な映画(褒め言葉)。
大人達に翻弄された蛍と孝司が不憫でならない。

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.2

SEXで感染する”それ=恐怖”。
その恐怖も徒歩でやって来る。
アイデアがおもしろい。
ヤリたい気満々なのにモタモタ焦れったいポールが笑えた。
青春ホラーって感じ。

ヒルズ・ハブ・アイズ(2006年製作の映画)

3.2

キャンピングカーで旅行中の家族が砂漠で体験する惨劇。襲う側にも悲しい過去が……。
中盤の容赦無い展開にワクワク感が膨らんだが、結末はわりと普通だった。

最後まで行く(2014年製作の映画)

3.6

自分が犯した轢き逃げ死亡事故を隠蔽しようと奔走する刑事。その死体をめぐりさらに別の事件が絡み……。
テンポよく最後まで飽きずに観れる。
あんなラストあっていいの?
羨ましすぎる 笑 。

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

4.1

予想以上におもしろかった。
倦怠期の夫婦を中心としたストーリー。 ”ブルーバレンタイン” と対極にある映画という印象。どちらの作品にもライアン・ゴズリングが出てるので、役どころを見比べるのも面白いかも
>>続きを読む

ミスティック・リバー(2003年製作の映画)

3.9

少年時代の誘拐事件によって、背負うべき過去を持ってしまった幼馴染の3人の男達。
大人になり立場も生活環境もバラバラで疎遠になっていた3人が、うち1人の娘の殺人事件をキッカケに、被害者、容疑者、刑事とい
>>続きを読む

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

3.9

まるでジェットコースターの最初の登り坂のような緩やかな序盤(ちょっと長い)笑。
そしてやってくる激しいアップダウンと急旋回のドロドログチャグチャワールドへ……。
読めない展開、いゃ〜面白い!
おもしろ
>>続きを読む

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

3.6

とにかく蒼井優に圧倒された。
オダギリジョーも良かった。ほかの登場人物のキャラ設定もハッキリしてて観易かった。
決して明るいテーマではないけど、函館三部作の中では1番爽やかだった。
ぶっ壊れた女、ぶっ
>>続きを読む

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

4.0

倦怠期の夫婦の危機を、2人の結婚前の出会いやエピソード等を絡めながら描く。凄く切なくリアル。
女の人が、もう生理的に無理!ってなったら本当に無理らしいから、しょうがないのかな〜。
でも、いいところも悪
>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

4.1

すっ…すげぇ…。車の雨が降ってます。車と潜水艦が戦ってます。凄すぎて笑っちゃいます。
こういうのは細かい事は気にせず観るべし。ワイスピ通ではないけど十二分に楽しめた。

真夜中のカーボーイ(1969年製作の映画)

3.7

大都会で一旗揚げようと意気揚々と
ニューヨークへやって来たテキサス出身の田舎者と、大都会の最底辺で生きる足の不自由な男との出会いと友情の物語。
切なくちょっと痛々しい2人の生活。
ちゃんとしろよ! と
>>続きを読む

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

3.7

3時間物だけど長さは感じなかった。
色んな要素がありすぎて……もちろんいい意味で 笑 。
七海と真白、不器用でピュアすぎる2人の友情、というか純愛、そしてウェディングドレスで戯れる2人が美しく印象的だ
>>続きを読む

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

3.7

頑固でクセのあるジジイ(本当はいい人)と、いじめられっ子の小学生とくれば、なんとなく想像がつく。
まさに想像通りの優しくちょっぴりほろ苦い感動のストーリー。
安定安心のほっこり映画。

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.7

キングコング……
男前かよっ! 笑
格闘センスも素晴らしい。

俊敏な大トカゲ、キモすぎます。

LIFE!(2013年製作の映画)

3.9

ストーリー、音楽、映像、
全て良かった。
何かに迷ったり躊躇したり、ちょっと元気が出ない時観るといいかも。
とても前向きになれる映画。

ロスト・ハイウェイ(1997年製作の映画)

3.6

音楽がカッコイイ。カメラワークが素晴らしい。でも難しぃ〜。
EDの旦那さんが勝手な事やってる奥さんを殺しちゃう話がベースなんだろうけど、夢と現実と幻想が入り乱れて理解不能。
でも飽きる事なく最後まで観
>>続きを読む

ローン・サバイバー(2013年製作の映画)

3.9

壮絶。実話という事もあり、緊張感溢れる引き締まった映画。
固い絆で結ばれた隊員達、そして命を賭して信念を貫く村人達に涙。
オープニングの訓練シーン、大好物です。

エンド・オブ・ウォッチ(2012年製作の映画)

3.5

LAの犯罪多発地区で活躍する警官コンビの日常を描く。やがて腕利きの2人にも危険が迫り………。
前半の警察24時的な内容から予想外の結末へ。
日本じゃありえない世界。

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.3

堅気になっていた殺し屋が、ある出来事をきっかけに裏社会に壮絶な復讐を仕掛ける。キアヌリーブスがとにかく殺しまくります。ガンアクションが凄まじい。でもストーリーはちょっと薄っぺらいかな〜。

死霊館 エンフィールド事件(2016年製作の映画)

3.7

心霊現象に苦しむ家族を救う為、心霊研究家夫妻が悪魔に戦いを挑む。怖いというより、音でビックリする感じ。心霊現象よりも、家族や夫婦の絆の方が印象に残った。実話らしいけど、事の真偽はともかく エンドロール>>続きを読む

パーフェクト・センス(2011年製作の映画)

3.4

人間の嗅覚や味覚、聴覚などの五感を次々と奪っていく謎の感染症が世界に蔓延、人類が滅亡へと進む過程を1組の男女の恋愛模様を絡めながら描いていく。テーマの割には時間も短く進展も早く観やすかった。
当たり前
>>続きを読む

新しき世界(2013年製作の映画)

4.0

よくある潜入捜査物なんだけど……。
いや〜面白かった。特に中盤以降は釘付けだった。一筋縄ではいかない展開にハラハラドキドキ、怖ぇ〜って感じ。意外な結末もある意味怖い。

メカニック(2011年製作の映画)

3.4

殺し屋の話。内容も時間も引き締まってて いい映画。ストーリーも単純で気楽に観れる作品。

善き人のためのソナタ(2006年製作の映画)

3.8

旧東ドイツが舞台。自由な生き方や表現を求めようとする芸術家とその恋人、そしてそれらの監視を命じられた1人の国家局員の心情や葛藤を描いた作品。
共産主義体制、監視社会の息苦しさ、怖さが、ひしひしと伝わっ
>>続きを読む

人魚伝説(1984年製作の映画)

2.8

民放の2時間ドラマのエログロ版って感じ。
B級感満載。噴水のように血が噴き出てます 笑 。

真夜中のゆりかご(2014年製作の映画)

3.8

”育児は育自”
とはよく言ったものだ。
子供が与えてくれるパワーって物凄いものがある。
ラストシーンがそれを物語っている。

ザ・タウン(2010年製作の映画)

3.5

銀行強盗団の話。友情や葛藤、恋愛等、色んな要素があって飽きさせない。もちろんアクションも。静かなラストもいい感じ。
ただなんとなく、全体的に こぢんまりしちゃってるのが ちょっと残念。

さらば、わが愛 覇王別姫(1993年製作の映画)

3.4

日中戦争から文化大革命へと激動の中国にあって、京劇の世界に身を投じた2人の男の幼少から晩年までを、そして男と女、男と男との片思いや愛憎を描いた作品。
いや〜正直長くて挫折しそうになった 笑。面白かった
>>続きを読む

デッドプール(2016年製作の映画)

3.2

ちょっとノリが自分には合わなかったけど、それなりに笑えた。

>|